無料ブログはココログ

« 中島内蔵助翁感謝祭は収穫祭でもあります。 | トップページ | 国際協力論講義(22)ゴール8:開発のためのグローバルなパートナーシップの推進 »

2010年10月18日 (月)

寺田村の秋



早暁。六時すぎ。



ざりがにおっちゃん松手入れ中。雲がとてもきれいです。

かわいそかね

富有柿。木にはきのどくなことをしています。



花野。ちいさな白い朝顔みたいな花がはびこってます。
それとずうっと昔からのカンナ、左にはでかい蓼の花も。



賤の家の軒の下なる藁五束。と浦島の花。魔女のかぼちゃも。(笑)
浦島の花は俗称でした。
ほんとうは、百日草、ジニア;http://www.hana300.com/hyakun.html



芋畑となんとなく合っているサンタさんのおうち。(笑)

去年あんなに樹勢のあったイチジク。伐られたけど残った。
だれがおせわをするの?ってはなしなんです。

« 中島内蔵助翁感謝祭は収穫祭でもあります。 | トップページ | 国際協力論講義(22)ゴール8:開発のためのグローバルなパートナーシップの推進 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寺田村の秋:

« 中島内蔵助翁感謝祭は収穫祭でもあります。 | トップページ | 国際協力論講義(22)ゴール8:開発のためのグローバルなパートナーシップの推進 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31