無料ブログはココログ

« 歌仙『元山(がんざん)』おもて5,6句目 | トップページ | 国際協力論講義(24) 有償資金協力の(2)円借款の審査・決定プロセス »

2010年10月19日 (火)

がんざん、おもて6句目

元山の太根の間に犬眠る       竹橋乙四郎
  有明坑をのぼる夕月        山下整子
秋うらら応援団に加はりて      姫野恭子
  森の風入れ磨くキッチン      中山宙虫
音のない絵から生まるる海の音    八山呆夢
  角打ちの枡年を忘れる      青翠えめ

えめさんが出してくださった元句は、

「忘年会は角打ちの店」  でした。

ここで又、店とキッチンが居所でさしあう。でしょうがっ!!
角打ちの店で検索かけたら、博多にたくさんあって。
たのしそうにのんでいるおっちゃんたちの姿が。
それで、「中山安兵衛角打ちの枡」というお店があるみたいなので、そっから失敬してきました。やすべえさん、ありがと。
問題は、年忘。年忘れでは季語登録があるけど、年を忘れる。はどうかな。
でも、端句だし、わずかにハを内包しているのは、こっちのカタチだろう。
はっていうのは、序破急のハですけど。

乙四郎の問い、秋の発句で始まったのに季節が夏に戻ってもいいのか。
いいです。季節が戻ったらだめというのは、並んだ句の中の季節です。
オモテは6句ありますが、秋と春は3句以上5句まで続けることができるけど、季節と季節のあいだには雑をはさむ決まりがあり、おもてには普通、二つの季節が入ります。ということは計算しますと、たいがいバランス上からいっても、春や秋は三句でおわり、二つ雑をはさんで、夏か冬の句がどちらか折端にきておもてがおわる。

次の裏の立て句は、歳末じゃなく新年がいいと思います。
俳句のような句をおねがいします。これはらんさんにお願いしますので。
そのつぎの雑をたからさんにお願いしましょう。
(さっき、メールでもう一度たのんますっていったら、ほんとに歯医者さんでうんうんいってる最中でした。ごめんごめんね、たからさん!またお願いしますね。)

« 歌仙『元山(がんざん)』おもて5,6句目 | トップページ | 国際協力論講義(24) 有償資金協力の(2)円借款の審査・決定プロセス »

コメント

らんさんからさきほど四句とどきました。んが。
なんやこれは。・・恋句に分類される句ですね、ほぼ。初詣今年は二人でくじを引く。みたいな句たち。どうもどうもありがとさん。笑
恋句は裏に入ってすぐ出さない。という暗黙の諒解があります。「まちかねの恋」といって嫌われるのです。どうしましょう。もういちどやってもらう?
どなたかなさいますか。それとも、もう、現場でやりますか。きりよくここでやめようかな。


おもて6句目

年を忘るる角打の酒   えめ

このかたちにかえます。
そのほうが分りやすい自然な感じ。

忘年会できますように。
らんさんが亜の会の残金がある。といってた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんざん、おもて6句目:

« 歌仙『元山(がんざん)』おもて5,6句目 | トップページ | 国際協力論講義(24) 有償資金協力の(2)円借款の審査・決定プロセス »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31