無料ブログはココログ

« 『千里同風』  日中対訳句文集          松本杏花著 叶宗敏中国語訳 | トップページ | 国際協力論講義(1) ~情は人のためならず~ »

2010年9月24日 (金)

満月でしたか?

月をみて歩くこころの内と外     恭子

« 『千里同風』  日中対訳句文集          松本杏花著 叶宗敏中国語訳 | トップページ | 国際協力論講義(1) ~情は人のためならず~ »

コメント

こちらに来てくださった方、どうもありがとうございます。
いま読み返して、こころの内と外というのは、どういうことなんだろうなあ。と不審におもいました。
じぶんの作った句ながら、意味不明。
こころにも内と外があるんだろうか。
だけど、月をみあげながら歩くっていうことは、こころの中をみあげながら歩くということで。
うん。やっぱりあるんだろう。心に内と外が。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満月でしたか?:

« 『千里同風』  日中対訳句文集          松本杏花著 叶宗敏中国語訳 | トップページ | 国際協力論講義(1) ~情は人のためならず~ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31