無料ブログはココログ

« 久々の高良山十景歌、寂源の蛍 | トップページ | 国際協力論講義(5)~日本 賠償の時代~ »

2010年9月28日 (火)

国際協力論講義(4)~日本 援助を受けていた時代~

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 9 月 28 日 国際協力論講義(4)

国際協力の歴史 ~日本 援助を受けていた時代~

1923  関東大震災

 アメリカからの援助がありました。

「大統領の行政命令により、フィリピンのマニラに寄港中のアメリカ艦隊は救援物資を満載し日本救援のため横浜へ急行、ク-リッジ大統領は政府の陣頭にたって救援活動を指揮、アメリカ赤十字総裁と協議し、市民に500万ドルの募金を要請。その結果予定を大きく上回り、525万ドルに達す。」

 そのほか、五十数か国(中国、タイ、キューバ、クロアチア、セルビア、スロベニア、など)から、義援金、救援物資、救助隊などの援助を受けました。

1946  敗戦
アメリカ、カナダ、中南米の民間人、民間団体から、現在の通貨価値で約1兆円の物資や資金の救援がありました。

 ララ(LARA:Licensed Agencies for Relief of Asia公認アジア救済連盟)物資

1946~1951 戦後復興
アメリカ政府から約18億ドル(現在の通貨価値で約12兆円)の援助がありました。

ガリオア資金:第二次世界大戦後の米政府による占領地救済政府基金(GARIOAGovernment Appropriation for Relief in Occupied Area Fund

エロア資金:占領地経済復興基金(EROAEconomic Rehabilitation in Occupied Areas

1948~1955 戦後復興
アメリカのNGOから、約5000万ドル(現在の通貨価値で約4000億円)の物資の救援がありました。

 ケア(CARE:Cooperative for Assistance and Relief Everywhere)物資

1949~1964  ユニセフ(UNICEF、国連児童基金)から、約65億円(現在の通貨価値で約1300億円)の物資や資金の援助がありました。

1953~1990 世界銀行(国際復興開発銀行)から8億6000万ドル(現在の通貨価値で約6兆円)の援助(融資)を受けました。

この資金は東海道新幹線、日本道路公団(東名高速道路など)、関西電力(黒四ダムなど)、愛知用水、九州電力、中部電力、北陸電力、電源開発、八幡製鉄、川崎製鉄、神戸製鋼、富士製鉄、日本銅管、住友金属、トヨタ自動車、石川島重工、三菱造船、首都高速道路公団、阪神高速道路公団などのインフラ整備に使われました。

比較的近年まで、日本は国際社会の援助を受けていたのです。

このほか、アメリカから、フルブライト留学制度やアメリカン・フィールド・サービス(AFS)留学制度など、人材育成の援助も受けています。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▼かささぎの独り言

敗戦直後はたくさんの援助をうけたのですね。

それどころか、つい最近までインフラ整備で資金援助をうけていたなんて、まったく知りませんでした。1990年までだなんて、ついこないだのことではありませんか。それもバブル景気がおわりかけるころ。意外な気がしますねえ。
あ。それでかささぎ、連句的に連想しました。

みなさん、米穀手帳というのをご存知ですか。
かささぎのうちは農家で常にお米は送ってもらっていたので、米を買うことはほとんどなく知らなかったのですが、知人と話していて、米穀手帳は昭和60年代ころまであったよ、というので、びっくりしてしまいました。
イメージとして米穀手帳といえば、配給のお米、であり、戦時中のものだとばかり思い込んでいましたので。
そこで、ネット検索してみましたところ、おおお!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E7%A9%80%E9%85%8D%E7%B5%A6%E9%80%9A%E5%B8%B3

はじまったのは1942年で、終了したのは、1981年(昭和56年)6月11日ということになっていました。つい近年まで存在したのですね。ふうん。

« 久々の高良山十景歌、寂源の蛍 | トップページ | 国際協力論講義(5)~日本 賠償の時代~ »

コメント

1990年は世界銀行からの借金を返し終わった年です。借りている間は、理屈上は援助を受けていることになります。
しかし、学長がWHOの援助で米国へ研修に行かせてもらったのは1984年だったので、確かにこの頃までは被援助国だったと言えないことはない。

関東大震災の時に日本へ援助の手を差し伸べた国のリストの中に、貧しい「中国」があります。
卑弥呼や磐井の頃から、大陸と日本との仲は緊密だったので、その流れからは自然なことかも。
長い長い両国の歴史のごく最近になって、中国と日本との関係がどんどん冷え込んでゆくのはやりきれないですね。

ユニセフの脱脂粉乳で栄養失調から免れた私たちです。

豚の餌で大きくなった私たちは、元気一杯50代を過ごしています。アメリカ様に足を向けてはなりませぬ!?

はたしてこれからはチャイニーズ化していくのでしょうか。西太后のような女性はまだいるのでしょうか?

こんな事を書くのではなかった。アドルフに告ぐ。明日行けなくなった。まもるさまのお守り。また熱が出た、私の休みに合わせて。しょんなか。


Hしてお金もらえるって最高だな!!!!
ぶっちゃけテキトーにやっても月30万越えとか余裕だし(笑)

もう仕事辞めて、これ一本で食ってくわ!!!!(* ̄ー ̄)v
http://z3k5zq-.vega.topemope.net/


この方も根性ですね。こりんとね。コリント人への手紙をよまれたし。
今朝、掃除機ナショナルのに、パナソニックの替袋をとりつけようとして、うまくいかず。正統派のはぴたりとあいますが、高価なので、幅のある安いので済ませようとしたら。。。。無念なり。
名前がかわるのは、よくない。信用をうしなうもとである。→きょうの格言。

ナショナル時代のほうがなんでも性能やモノがよかったね」と先日会話を。
最近はヒタチ製品がお気に入りかな。

きょう、ここからみえてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際協力論講義(4)~日本 援助を受けていた時代~:

« 久々の高良山十景歌、寂源の蛍 | トップページ | 国際協力論講義(5)~日本 賠償の時代~ »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31