無料ブログはココログ

« この人この歌 4 伊藤久男『建設の歌』 | トップページ | 被爆者の手当について               保健手当、原子爆弾小頭症手当、介護手当 »

2010年8月 9日 (月)

万松楼からみえたプラネタリウム

万松楼からみえたプラネタリウム

« この人この歌 4 伊藤久男『建設の歌』 | トップページ | 被爆者の手当について               保健手当、原子爆弾小頭症手当、介護手当 »

コメント

佐世保まで運転して連れて行ってくれた従兄の由布院の義母はすごい人らしいです。こういう話を車中で話してくれました。
「義母は年金が入るたび、役場に必ずありがとうございましたと、手書きの礼状を出すような人間じゃんね。」と。
すごいです。○○手当をもらって当然という人たちに爪の垢をせんじて飲ませたい。
ところで、今日かささぎのもとへ久留米厚生年金センターみたいなところから年金保険料減額手続きの事務においでいただきました。名前も牛方さんとおっしゃいました。本当にありがとうございました。四分の一にしてくださるそうです。すなおに嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万松楼からみえたプラネタリウム:

« この人この歌 4 伊藤久男『建設の歌』 | トップページ | 被爆者の手当について               保健手当、原子爆弾小頭症手当、介護手当 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31