無料ブログはココログ

« 高齢者医療制度改革会議(10)               高齢者の患者負担 | トップページ | 口蹄疫の正しい知識(5)                 ウイルスの生存期間の整理 »

2010年8月 3日 (火)

海の果 裏七句目冬

落日を拾ひに行かむ海の果     檀一雄  雑(夏)
 紅輝よ波間にわが身を照らせ   香川宜子 雑(夏)
榎から衢へ延びる路ありて      姫野恭子 雑
  猫の瞳が街をとらへる       中山宙虫 雑
ヴィオロンの屋根に谺す月の客   竹橋乙四郎 秋
  夜長を子等は思ひのままに    ひよこ    秋


曼珠沙華風の抜けゆく畔ますぐ   ひよこ  秋
   工場群に煙がたたぬ      宙虫    雑
この命とろとろのぼろ恋の坂    ひよこ   恋
    
初めて挑む絶叫マシーン    乙四郎   恋
寄り添ふて違ふ景色の見ゆるごと  八山呆夢  恋
  月もろともに凍る水甕       山下整子 冬

居留守決め催促かはす寒鴉     青翠えめ  冬

裏7冬

1三里木でサンタ乗り込む豊肥線
2どこの子かわからぬ子がいるひなたぼこ
3KBCラジオ乱れる夕時雨
4迷い犬土蔵通りが落葉す
5足焙やけどの痕は丸いまま
6足焙せかして祖母のこごと聞く
7背後霊を一匹飼ふて竈猫
8鋭角にまた鈍角に折れて冬
9積雪に人拓つくり はしゃぐ大将
10ぷちぷちとつぶすぷちぷち大根煮る
11ぶり大根割って割り勘割り切れず
12冬林檎また伸びている鬼の爪
13凩に赤鬼が買う便秘薬
14母子手帳持って青鬼ひつじ田に
15だるまさんがころんだ冬の奥座敷
16雪が好き 雪気(ゆきげ)雪暗(ゆきぐら)雪冠(ゆきかむり)
17払えない言い訳の業(わざ)増す師走
18居留守決め催促かわし寒鴉
19居留守決め催促かわす年の暮れ
20年の暮れ貸した相手に頭下げ
21肝溶けてあんこう鍋はコクを増し
22キムチ鍋囲む家族の掘り炬燵

これだけの句がでました。
▼ことばメモ、
「さんりぎ三里木」熊本の駅名。
足焙=あしあぶり。季語、冬。
ぷちぷち=商品名。
鬼の爪=唐辛子は「鷹の爪」秋。鬼の爪は季語じゃない。
ひつじ田=稲刈り後の刈田から芽を出す稲。秋。

付け句としてよさそうな句をあげます。

1KBCラジオ乱れる夕時雨
2迷い犬土蔵通りが落葉す   これはもどりそうか。
3足焙やけどの痕は丸いまま
4鋭角にまた鈍角に折れて冬
5冬林檎また伸びている鬼の爪
6ぷちぷちとつぶすぷちぷち大根煮る
7凩に赤鬼が買う便秘薬
8居留守決め催促かわし寒鴉
9肝溶けてあんこう鍋はコクを増し

さて、一句だけしかとれないんだよ。
ここ、結構むずかしかったですね。
前を見返りつつ、先をよみつつ、あほみたいに。

中山そらん。どれもいいんだな。
便秘薬の句、赤鬼に同情をおぼえ、ほだされそうになるし。
ぷちぷちの句も、前句の峻厳な拒否の景をやさしく包みつつ、めらんこりぃ。
ブリ大根を分け合いつつ、割り勘がうまくできないとした句も面白い。

せいこ、短歌がよめんの?テーマをきめたら。
題、ひとがたばる。あ、これ前にやったね。
じゃあ、ほととぎす。恋歌。

ほととぎすそのかみ山の旅枕ほのかたらひし空ぞ忘れぬ 

ほととぎすは、らんちゃんと星野にいったとき、ないていた。
でも山深い地にいかねばならんしな。

せいこの句では雪のいろいろをあげてくれたのが残りました。
それと場の句で、冬の角度。上にとった。夏の角度、って題でよめば。
こういう漠然とした感覚的な句、せいこはものすごくうまいんだよなあ。

子供の句はひかえました。表六句目で出ていたからです。
ひよこさん、ごめんなさい。人拓、新語ですね。笑えますね。
生き生きしたガキ大将の句でした。(調べたらほんとに人拓、星野という人がやっているらしい。画家。http://smartass.blog10.fc2.com/?tag=%BF%CD%C2%F3

ぼん、あしあぶり、あんかのことかな。
あしあぶり、という言葉自体、はじめてきいた。
あぶるんだから、くっつけないっちゃろ。アンカとも湯たんぽとも違う。

えめさん、さむい句なのに、どっか笑えますね。
居留守してるとき、カラスが鳴いたの、いいですね。
からすって、そんな間のわるさにぴたっとはまるね。
肝の句も、前句の真芯をとらえて、転じようとしている努力を買う。

どれとっても、いいんだとおもう。
笑めさんがでていませんでしたので、えめさんいただきます。


1曼珠沙華風の抜けゆく畔ますぐ   ひよこ  秋
2  工場群に煙がたたぬ      宙虫    雑
3この命とろとろのぼろ恋の坂    ひよこ   恋
4   
初めて挑む絶叫マシーン    乙四郎   恋
5寄り添ふて違ふ景色の見ゆるごと  八山呆夢  恋
6  月もろともに凍る水甕       山下整子 冬

7居留守決め催促かはす寒鴉     青翠えめ 冬
8                            雑
9                             雑
10                             春
11                             花
12                             春
二の折表
1                              春

こんなかんじです。次は雑の短句。なんでもいいけど、
花がもうすぐでます。花のうちこしになるとこです。
  

※督促と催促の違いをしらべた。
とくそくは法律用語でより公的とのことでした。じゃここは催促ですね。

« 高齢者医療制度改革会議(10)               高齢者の患者負担 | トップページ | 口蹄疫の正しい知識(5)                 ウイルスの生存期間の整理 »

コメント

ジェルをのばして夜の髭剃り

夜の髭剃るジェルをのばして

レジャーシートの中心にいる

く~~っ!いいなあ、これ↑
レジャーシートのまんなかにいる。

ふつふつと闘争心がわいてきました。笑

付句

1、異教徒たちは武器携へて
2、ブラッドラインに暗号ねむる
3、「うちの鯖定は絶品ですから」

こんばんわ
77句>>
結納並び華やぐお宅
贅沢に慣れ水買ふ時代

ストッキングの再利用法

他人の影を四つにたたみ

塩をふりかけイチロー走る

足焙の解説

一人用のコタツだと思ってください。40cm四方ぐらいのやぐらがあって、そのなかに炭団を入れた壷をおきます。やぐらを敷布団に置き、上には掛け布団をかけます。
たぶん福井の寒い冬に備えるためのものだと思います。
婆ちゃん子で、冷え性だったため、よく婆ちゃんと寝ていました。火傷のあとは本当にあります。
本当の足焙りは違うかもしれませんが、私はこの小さなやぐらコタツのこととして詠みました。

ダウンタウンでジャグラーとなる

4、さみしき音のカップラーメン
5、穂村弘の黒ぶちめがね

あらら、ここは名詞止めじゃいかんじゃろ。

6、一筆描きのだるま寝転ぶ

ぎょ。ちょっとのあいだに増えてる。
そらんさん。あなたはもしやおーとまたの一人ではありませんか。haiku automata。ぽんとたたけば、どんどん出る出る、俳句あたまめ。

居留守決め催促かはす寒鴉     青翠えめ 

以前、居留守で(給食費の)集金をかわされたことが何度かあります。腹が立つばかりで、払えないひとの複雑なきもちにまでは思いが及びませんでした。(いまも給食費については、この思いはかわりません。ずるい、払わなかった人。払えなかったんじゃなくて、払わなかったのじゃない。って思っているし、それを許してきたような行政も甘いと思っているんだけどね。)
寒鴉。季語が生きて強い。真っ黒い生命力!えらい、たくましい!この句のどこがすごいか、居留守をしている方が主体だからだ。これまで似たような句はありましたが、被害にあうほうばかりだったように思う。しかしこれはちがう。生きるためにはなんだってすると宣言しているような、あるいは敗戦直後の闇市の民のような生命力があります。わんだふぉ。
次の付け句は、やはりこれでしょうか。

レジャーシートのまんなかにいる  そらん

レジャーシート、聞こえがいいなあ。
そらんさんも一度はあこがれたんじゃありませんか。ホームレス。
ありがとうございます。せいこさんもえめさんもありがとう!
(さばてい、ってさば定食ですか。ふらっどライン、血統、血脈。)
レジャーシートまでいかなくても、インターネットカフェ難民くらいにはなりたかった。もう少し若ければ。それを人はゆめとよぶ。


1曼珠沙華風の抜けゆく畔ますぐ   
2  工場群に煙がたたぬ      
3この命とろとろのぼろ恋の坂    
4 初めて挑む絶叫マシーン    
5寄り添ふて違ふ景色の見ゆるごと  
6  月もろともに凍る水甕      
7居留守決め催促かはす寒鴉    
8  レジャーシートの中心にゐる
9               雑
10               春
11              花
12              春

つぎも雑。長句です。政治の句、でしょうか。
なんでもいいのです。どんな句でも。
おもいつく限りどうぞ。季語なし。

ところで。ずっと気になっている。
夢庵と号す筑紫広門の墓はどこにあるんだろう。
広門はむすこともどもキリシタンに改宗したのです。
というのも、むすこの結婚相手の有馬の娘はキリシタンだったから、そうしないとだめで。↓やせ仏。

どのくらいの信仰だったのだろうか。と思って。

いつか、かささぎが乙骨太郎乙記事のどこかで見知らぬお方からコメントをいただいた中に、杉田玄白の子孫とおっしゃる方がいました。お医者様でした。その人のブログを読んでいたら、杉田玄白はクリスチャンで、解体新書の表紙絵は明らかな聖書の教義の暗喩にみちたものでした。
なぜ杉田玄白の子孫がかささぎのところへおいでになったのかといいますと、太郎乙の先祖に玄白の妻の姉妹がいたんです。それも双子の姉妹のどちらか。だったと思います。つぎとぬいというのです。おつぎさん、おぬいさん。そういうことを詳しくお知りになりたい方は、『乙骨家の歴史』(永井菊枝著)に詳述されていますのでどうぞ。

いろんなことが一つになりそうになっているのですが。キーワードはキリスト教。
いまは、いとこの会社の倒産から

いま、「ヨブ記」が気になります。
とっても信心深いいつも神様に従順な暮らしをしている義の人なのに、なぜ。

米軍機着陸地点が定まらず

青空が吊橋揺れるたび迫る

渋滞の助手席にあるシュークリーム


1曼珠沙華風の抜けゆく畔ますぐ   
2  工場群に煙がたたぬ      
3この命とろとろのぼろ恋の坂    
4 初めて挑む絶叫マシーン    
5寄り添ふて違ふ景色の見ゆるごと  
6  月もろともに凍る水甕      
7居留守決め催促かはす寒鴉    
8  レジャーシートの中心にゐる
9米軍機着陸地点が定まらず             10 終日けぶるかげろふの峰
11              花
12              春

乙四郎の政治ネタ、不即不離でよく付いています。
それにひねもすけぶるかげろう句をつけました。
そびきものやふりものは天地をつなぐものとして、とても大事とされるので。
ときたところで。

枝折の花句、よしこせんせいにお願いしてみます。
(もう一度でる匂いの花句は、ひよこさんにお頼みしますので、そのこころづもりでお願いいたします。)

がちょ~ん!
そらんさん。産休縁燐寸。すんでのところ。
しゅーくりーむとしゅーぷりーむす。
しゅーくりーむを片手運転しながらくってはいけない。とんでもないことになるから。
今ミルクコーヒーをのんだようなアイスバーにこっていて、それを毎日必ず1本かってたべながら出社。
行儀悪いよね。で、毎月一回は土曜に想夫恋でやきそばめしをくうのだが、そのときは、たべながら、横にガールズトークの恋の相談、若槻千夏ちゃんが回答の、の雑誌とか開いてよみながらかっくらう。
くぅ~ってくらい、ぬけるぜ。やってみ。ひひひ。(まあお下品ね)じゃ。つぎはお花ですので、おまちください。夜にメールで依頼します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海の果 裏七句目冬:

« 高齢者医療制度改革会議(10)               高齢者の患者負担 | トップページ | 口蹄疫の正しい知識(5)                 ウイルスの生存期間の整理 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31