無料ブログはココログ

« 「海の果」ナオ3雑 | トップページ | 土砂降りの出勤 »

2010年8月11日 (水)

被爆者の手当について(健康管理手当)

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 8 月 11 日 被爆者の手当について(健康管理手当)

<健康管理手当>

被爆者で、次の(1)(11)のうちいずれかの障害を伴う疾病にかかっている場合、健康管理手当として月額33800円が支給されています。

なお、保健手当、医療特別手当、特別手当、原子爆弾小頭症手当との併給はできません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(1) 造血機能障害を伴う疾病(再生不良性貧血、鉄欠乏性貧血など)

(2) 肝臓機能障害を伴う疾病(肝硬変など)

(3) 細胞増殖機能障害を伴う疾病(がんなど)

(4) 内分泌腺機能障害を伴う疾病(糖尿病、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症など)

(5) 脳血管障害を伴う疾病(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞など)

(6) 循環器機能障害を伴う疾病(高血圧性心疾患、慢性虚血性心疾患など)

(7) 腎臓機能障害を伴う疾病(ネフローゼ症候群、慢性腎炎、慢性腎不全、慢性糸球体腎炎など)

(8) 水晶体混濁による視機能障害を伴う疾病(白内障など)

(9) 呼吸器機能障害を伴う疾病(肺気腫、慢性間質性肺炎、肺線維症など)

(10) 運動器機能障害を伴う疾病(変形性関節症、変形性脊椎症など)

(11) 潰瘍による消化器機能障害を伴う疾病(胃潰瘍、十二指腸潰瘍など)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これらは、いずれも放射線の影響があり得るとされている疾病です。

放射線の影響かもしれない疾病にかかっているから健康管理に気を付ける必要があるということで設けられた手当です。

支給要件として「原子爆弾の放射能の影響によるものでないことが明らかなものを除く」となっていますが、「原子爆弾の放射能の影響によるものであることが明らかなもの」に限るものでもないので、事故や薬物副作用など、他の発病原因が明らかなものでない限り、支給要件を満たします。

高齢者のかなりの割合で、(1)(11)のどれかの疾病にかかっていますので、被爆者の健康管理手当支給率はかなり高くなっています

保健医療経営大学『学長のひとりごと』

▼かささぎの独り言

かささぎは情けの薄い鳥だから、率直なところを書きます。
相当な高額ですね。はじめて知りました。
そうだったのか。
ふうむ。

よくわかりませんが医療費も免除されるのでしょうか。
いつかきっちり書いてください。
入市被爆者の件。まだ書いていません、乙四郎先生は。

▼かささぎの連句的ひとりごと

日曜、一周忌法要で佐世保に行ったんですが、去年なくなった従姉は難病指定の膠原病でした。喪主であるご主人のお話を聞いていましたら、それが直接の死因でではなかったということを知りました。私は去年いかにもこうげん病で死んだかのような記事をかいていたことを反省しました。

すこし元気になっていたのでハッスルして車椅子から転落、そのとき足首を複雑骨折し、そのために血液がいちどに頭に還流して意識不明になって亡くなったそうなのです。(その死因の名を聞きましたが難しかったので忘れました)。
それで、ここから連句的です。
『ザ・ヴァイオリン』の著者の香川宜子先生はなんと、この難病の膠原病を医学生時代から専門に研究されていて、著名な師のもとで、ある治療法を編み出された方だったとのこと、それを知ってかささぎはとっても敬虔なきもちです。
こうげん病のことはあまり調べたこともなく、難病らしい。ということしか知らず、従姉が手の指をなくしたり、足をなくしたり、という話を遠くから聞くだけの薄情ないとこでしかなかったのですが、いま、ここで、こんなかたちでつながってたことに驚きます。
きっと香川先生のその治療法のお世話にもなっていたでしょう。
ありがとうございました。深く御礼申し上げます。じゃんぬだるくさん。
それと心ある人なら絶対書かない、宗教的な感慨も一言。

法事は坊さんがいないもので、喪主がとりしきる形のものでした。
それがとっても、よかった。
こころがこもっていた。父の読経に娘が従う式の。
あやうくなきそうになった。
わたしははっきりかかせてもらいますが、創価学会が嫌いです。
理由は書かなくても嫌いな人にはわかってもらえると思います。
ですけど、信者全部が嫌いなわけではない。
このようなまことある人たちのためにも、こないだの事件、宮崎のこうてい疫での学会のよからぬ噂には、きっちりと誠実な対処をしてもらいたいと、心から思います。
(誰もこんなことは書かないだろうから、書きました。)

« 「海の果」ナオ3雑 | トップページ | 土砂降りの出勤 »

コメント

追伸;
東国原知事のブログをさかのぼって読みました。
この方はタレント出身なので、政治家としてのしがらみとは切れたところに立っておられるような気がします。だけど目下もっとも信じられる人です。信じたいんだよ。
知事がお勧めされてた川南町の牛農家のブログもみました。↓
やはりかたちだけの調査だったようです。

>普通の農家さんは、調査には協力的なのに、大規模農場さんの
従業員が会社、弁護士を通してください、じゃないと話せない?
そんなので、牛飼いなんて出来るんでしょうかね?
そんなに話せない事があるのかな?事実を教えて頂けるだけで
いいんですがね!
農家、皆さんが協力して頂かないと原因究明は無理ですからね。(上記ブログより抜粋)

これ読んだだけでも、すべてがわかりますよね。
もし、このような魂のくさったような状態を放置したままで政治が進んでいくのだとしたら、ほんとうに「日本の終わり」です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被爆者の手当について(健康管理手当):

« 「海の果」ナオ3雑 | トップページ | 土砂降りの出勤 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31