無料ブログはココログ

« 口蹄疫、報道規制みたいなものの隙間をうめる談義 | トップページ | ギフト »

2010年8月26日 (木)

東京島

きのう来たむすめが置いていった本の一冊。

ふうん。こんなもの、よんでいるんだ。

« 口蹄疫、報道規制みたいなものの隙間をうめる談義 | トップページ | ギフト »

コメント

sunおはようございます。
これ今一番話題の本ね。
映画だと木村多江さん・・原作とはイメージが違うと聞きますねmovie
お借りしていた本を今週持参しますbookありがとうございます。

グラマーなヒロイン。そこだけみても木村多江さんはちがいます。透き通ったスジもつセロリのような感じ。。。待ち時間に3頁よんだ。
むすめ。28歳。かささぎと違ってぐらまー。(お姑さんに似たんですね。)
今悩んでいます。結婚はしたいけど仕事は続けねばならず、主婦業も課せられる。それで大丈夫だろうかと。これ、今のおんなのこたちのきもちでもある。専業主婦したくても出来ないと、初めから覚悟しています。逆に男のほうはのんびりしています。

virgo娘さんは「食」のプロ。
まかないが出来る人は兼業できます☆大丈夫よとお伝えください(^_-)-☆
娘達が結婚した時どちらの婿も家事や料理ができました。
娘が仕事で婿が休みの日には夕食が待ってると言ってました。
今はそういう時代ですね。私達の頃とは違います。
イクメンって言葉もある位時代は変化してますねleo

えめさん励ましてくださってありがとさんにござんす。
娘は早出でいつも帰りが早いから、晩御飯自分が作らなきゃいけないのは目に見えている。それがイヤだというのですね。あたしはそのきもちがなんとなくわかります。笑。一日の労働量の問題。
一人なら買ったもので済ませても、二人ならそういうわけにもいかない。すべて愛情でカバーできるほど若くもないし。。。ってわけでしょうね。無理したらパンクするのは見えているからなんですけどね。

leovirgo結婚はいきおいとなりゆき。
なんとかなります。 考えすぎないで。 すべてはゼロから。
一人がラクだけど、「結婚」って枠を作るから重たいのかも。
「同居」って考えはどうかしら・・私はそんな風でしたが。
娘達が中学生の頃「どうしてパパと結婚したと?」と聞かれたので「まあなりゆきよ」と答えたら、
ショックな顔で「え~私達ってなりゆきの果ての子供なの~!」って言われました・笑
普通に冗談だったんだけどね、まあ結局誰でもなりゆきのようなものなんじゃないかと・・え?違うの?
みなさん大恋愛かな(^_-)-☆

えめさん、けっこんはウンとエンともののハズミだと思います。異議なし!

「東京島」を、1月から八王子の図書館に予約してるけど、やっと待ち順番8番目になり、どうやら映画より先に読めるかなというところです。でも新聞評などでは映画の評判が悪い。
ところで「悪党」も映画化されましたが、これ、読んだり映画見た人いませんか?原作では最初にJR久留米駅前の理髪店が出てきて(被害者がそこの娘という設定)、久留米の人は福岡に行く時、JRはあまり使わず安い私鉄を使うなどという、やけにトリビアな記述があります(実は4年前に朝日新聞連載になった時、最初の数回だけ読んだ)。映画に久留米駅も出てくるのだろうか?

ゴールデンタイムに星野村が放映されていましたが、子はサッカーを、親は時代劇を、それぞれ見ていた。なんという郷土愛のないやつらじゃ。と思いましたが、そういうじぶんもみる気力がついにでませんでした。なんにも。・・・夏ばて。
東京島やらみたくありませんが、男ばかりの大奥はみたいな。ちょっこし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/36365677

この記事へのトラックバック一覧です: 東京島:

« 口蹄疫、報道規制みたいなものの隙間をうめる談義 | トップページ | ギフト »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30