無料ブログはココログ

« 深夜のアクセス解析 | トップページ | 『石人・石馬と装飾古墳』 佐田茂 »

2010年7月26日 (月)

高齢者医療制度改革会議(3)               国保運営のあり方

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 7 月 26 日 高齢者医療制度改革会議(3)

中間とりまとめ(案)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2.国保の運営のあり方
(1)財政運営単位
○ 現在、75歳以上の方々が加入している後期高齢者医療制度は、都道府県単位による財政運営が行われている。
○ 新たな仕組みの下では、多くの高齢者が国保に加入することとなるが、単純に市町村国保に戻ることとなれば、多くの高齢者の保険料が増加し、保険料格差も復活する(国保から後期高齢者医療制度への移行により、約7割の世帯で保険料は減少し、格差は5倍から2倍に縮小したが、この逆のことが起きる)。また、市町村国保の財政基盤を考えれば、再び市町村国保が高齢者医療の財政運営を担うことは不適当である。
○ したがって、市町村国保の中の、少なくとも75歳以上の高齢者医療については、都道府県単位の財政運営とすることが不可欠となる。
○ この場合の都道府県単位の財政運営とする高齢者医療の対象年齢は、75歳以上とする場合と、退職年齢・年金受給開始年齢・一般的な高齢者の概念等を考慮して65歳以上とする場合が考えられるが、個々の高齢者の保険料に与える影響や個々の保険者に与える財政影響を含め、引き続き検討する。
○ なお、見直し後における市町村国保の加入者は、65歳未満2500万人、65歳以上75歳未満1100万人、75歳以上1200万人であり、高齢者医療の対象年齢を65歳以上とすれば加入者のほぼ半分、75歳以上とすれば加入者の約4分の1が都道府県単位による財政運営の対象となる。いずれにせよ、65歳又は75歳という年齢区分は、国保の財政運営の安定化を図り、高齢者の負担の増加等を生じさせないようにするための財政運営上の区分にとどまるものである。
○ また、市町村国保の財政基盤を考えると、高齢者のみならず全年齢を対象に、国保の広域化を図ることが不可欠であり、今回の法改正で導入した都道府県が策定する「広域化等支援方針」に基づき、保険料算定方式の統一や保険財政共同安定化事業の拡大など、都道府県単位の財政運営に向けた環境整備を進めた上で、全年齢を対象に都道府県単位化を図る。
○ その移行手順については、平成25年度以降のある時期までと期限を定めて全国一律に都道府県単位化すべきという意見と、合意された都道府県から順次、都道府県単位化すべきという意見があり、引き続き検討する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
現行制度が設計された背景に、高齢者割合が多い市町村国保の財政負担が破綻寸前だったことがあります。
したがって、高齢者を単純に旧制度(市町村国保)に戻すという選択肢はありえません。
国保には戻すけれども、都道府県単位で財政運営する新制度の国保を設けようという案です。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▼かささぎの独り言

ここで、急にあることが気になりだしました。

こうていえき?いいえちがいます。今朝も真っ黒画面からの立ち上げだったけど、もうそれもなれました。(今朝は一秒の誤差、かんの時計あわせ。われながらすごい。)
以前ここにとりあげた、国保の問題です。
福岡県の財政と国保のお財布とのバランスがわるくて、どっちかから足りない分をぶんどる式になって、そのやり方が古風でまずくて、小さな地方の国保連がズルをして議長を買収して味方につけ、有利にはかったということが以前ありましたよね。まだ記憶に新しいです。

さがしました。福岡県の国保。で、ぶろぐ内検索。

でました。二月のことでした。

http://search.nifty.com/websearch/search?select=2&ss=cocowin&cflg=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&q=%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E3%81%AE%E5%9B%BD%E4%BF%9D+site%3Ahttp%3A%2F%2Ftokowotome.cocolog-nifty.com%2Fblog%2F&ck=

このうち、その題もずばりの、

1「福岡県の後期高齢者保険制度をめぐる汚職事件におもうこと」http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-8be9.html

これをよみかえして、とくにコメント欄のやましたせいこの声をよんで、はっとした。

そうだ!わたしは「山本会長」って人が気になっていたんだ。
「公ーみんな」のために犯した犯罪は、どういうさばきがされるのだろう。
まだこの長老のような実力者山本会長は名前がときどき新聞に挙がってる。
ってことは、あの事件はその後どうなったんだろう。
中島さんは今頃どうしておられるだろう。

« 深夜のアクセス解析 | トップページ | 『石人・石馬と装飾古墳』 佐田茂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 深夜のアクセス解析 | トップページ | 『石人・石馬と装飾古墳』 佐田茂 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31