無料ブログはココログ

« 高齢者医療制度改革会議(4)                運営の仕組み | トップページ | 脇起歌仙『海の果』裏二、三句目 »

2010年7月28日 (水)

高齢者医療制度改革会議(5)                 運営主体

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 7 月 28 日 高齢者医療制度改革会議(5)

中間とりまとめ(案)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(3)運営主体
○ 現行の後期高齢者医療広域連合については、①都道府県や市町村と比べ、住民から十分に認知されていない、②広域連合長は住民から直接選ばれていないので、責任が明確でない、③市町村に対する調整機能が十分に働いていない、④市町村からの派遣職員を中心に運営しており、組織としてのノウハウの承継が困難である、といった問題点が指摘されている。
○ このような中、「都道府県単位の運営主体」を具体的にどこにすべきかについては、都道府県が担うべきとする意見が多数であったが、慎重な意見もあり、今回の中間とりまとめにより明らかになる新制度の全体像を踏まえ、また、将来的な財政試算等を明らかにしつつ、引き続き検討する。
(4)財政リスクの軽減
○ 保険料の収納不足や給付の増加といった財政リスクを軽減するため、公費と保険料を財源とする財政安定化基金を設置し、安定的な運営を図ることができる仕組みとする。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
都道府県単位の運営については、現行制度のような「広域連合」が行うのか、都道府県みずからが行うのかについては今後の検討課題とされています。
保険料収入で支出(医療費)が賄えない場合に誰が不足分を支出するか、という現実的な問題がありますので、運営主体の決定は市町村や都道府県の財政当局にとっては重要な関心事です。
どこが運営主体となっても、財政リスクの軽減策は必須でしょう。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』)

付録記事

▼熱中症の予防

2010 年 7 月 21 日 水曜日付

梅雨が明け、気温が急伸しています。
まだ涼しい日も多かった先月でも、熱中症で救急搬送された人が2276人あり、4人が亡くなられています。
6月前半は寒気の影響で全国的に低温でしたが、26日以降、搬送者は毎日100人を超え、28日は299人でした。
65歳以上の高齢者は搬送者全体の43%を占めています。
熱中症の予防法は次の通りです。
・運動前に多くの水分を取る。
・発汗によって失った水分と塩分の補給をこまめに行う。
・睡眠を十分に取る。
・十分に休憩を取りながら作業する。
・体感温度を下げる(日射を防ぐ、通風を確保する、蓄冷剤を利用するなど)
熱中症にかかった場合の応急措置は次の通りです。
・救急車を呼ぶ。
・涼しい場所で休ませる。
・スポーツドリンクなどを飲ませる。(冷たいものを大量に飲ませると胃痙攣がおきることがある)
・霧吹きで全身に水を浴びせて、気化熱によって冷やす。
・うちわなどで体を冷やす。
・冷たい缶ジュースなどを腋の下、股などの動脈が集中する部分にあてて冷やす

« 高齢者医療制度改革会議(4)                運営の仕組み | トップページ | 脇起歌仙『海の果』裏二、三句目 »

コメント

学長!
まさしく、この通りの救急措置をとりました。
真夏に子ども達を預かるイベントをやるということで、以前、予備知識として頭に入れてたことが役にたったのです。

汗をかいているかどうかもちゃんと確認し、救急隊員さんからお尋ねがあったときにはきっちりお答えすることができました。父は意識はあったものの、汗を全くかいていなかった。顔色が真っ青だったため脚を高くして、とにかく服を脱がせてぬれタオルと氷で冷やし、それから救急車を呼びました。
予備知識があると落ち着いて行動できるものなんですね。

セイコブログでそれを知って、ああそうだった。この記事アップしそびれてたままだったことにきづき、追加しました。
体験に裏打ちされていると、とても役立ちます。
汗をかかれていなかった。とは。こわい事ですね。

夏本番、四時過ぎころから患者さんが多くなる傾向、若い子たちの汗のすごさに、度々シーツを変えます。洗濯の量、半端じゃない。でも汗をかくって大事なことなのですね。水分をとらなきゃ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 高齢者医療制度改革会議(4)                運営の仕組み | トップページ | 脇起歌仙『海の果』裏二、三句目 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31