無料ブログはココログ

« 働くくるま 久留米リハビリテーション学院のスクールバス | トップページ | 『ザ・ヴァイオリン』香川宜子著に連句的に第七章をつけた乙四郎 »

2010年7月15日 (木)

口蹄疫対策特別措置法(7)               国による費用負担等の記載

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 7 月 15 日 口蹄疫対策特別措置法(7)

特別措置法第18~21条は国による費用負担等を定めたものです。

平成22年4月以降において発生が確認された口蹄疫に対処するために要する費用について、家畜伝染病予防法の規定による手当金の交付のほか、必要な財政上の措置が講じられます。

このほか、特別措置法においては、生産者等の経営と生活の再建等のための措置、地域再生のための支援が明記されています。

第22条 国は、平成22年4月以降において発生が確認された口蹄疫のまん延により経営及び生活が不安定になっている牛、豚等の家畜の生産者、食肉、牛乳又は乳製品、畜産用資材等に係る製造、加工、流通、販売、運送等の事業を行う者等の事業の再建その他の経営の安定及びその生活の安定を図るため、当該者に対し事業の再建等に必要な資金の無利子の貸付け、当該事業に係る施設又は設備の整備等に要する費用の助成その他の必要な措置を講ずるものとする。

第23条 国及び地方公共団体は、前条に定める措置のほか、平成22年4月以降において発生が確認された口蹄疫のまん延が地域経済に重大な影響を及ぼしている状況にかんがみ、地域経済の再建及びその活性化を図るため、地域の実情に応じたきめ細かな措置を積極的に実施することができるよう、これらの措置に必要な費用に充てるための基金の設置その他の必要な措置を講ずるものとする。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▼かささぎの独り言

きのうの宮崎の地元紙の口蹄疫関連ニュース。(一番新しいのです)
著作権。一部引用はどうかゆるしてくださんせ。

【宮崎日日新聞記事より】

2010年07月14日
写真。前段後段省略。部分だけの紹介をお許しください。(かささぎ)
 
 会談は、冒頭以外は非公開で実施。会談後に会見した知事は「(高鍋町の)農家は6頭が殺処分されたら自分も死ぬと言っている。彼は本気。命に手を掛けるような行政判断はしたくない。また、6頭は目視では感染しておらず、半径14キロ以内にも家畜はいない。まん延の危険性はゼロと言ってもいい」と殺処分しない意向を示した。一方、国による処分に対しては「国家防疫の観点から山田農相が判断するのであれば致し方ない」と述べた。

 さらに知事は、種雄牛を処分しなければ児湯地区の移動制限区域を解除せず、解除に必要な抗体、PCR(遺伝子)検査を行わない姿勢を国が示していることに関し、家畜伝染病予防法や防疫指針を根拠に「獣医師らの目視など、県ができる範囲での検査で安全性が確認されれば、県独自に解除する」との考えを明らかにした。

 次ぺージ記事。
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?catid=410&blogid=51&page=2

  •  東国原知事の一連の不満には山田農相の言動以外にも要因がある。口蹄疫対策特別措置法で費用の国負担が「全部または一部」と明記された点だ。12日には「よく国会で通しますよね。どういう見識してんだろう」と怒りの矛先は国会にも向けられた

     口蹄疫対策で県は多額の基金を取り崩しており、国から12月にも交付される特別交付税(特交)での穴埋めを見込んでいる。しかし、特交の総枠は約1200億円。他県で大規模災害が発生した場合などは、それに充てる必要もあり、県が当て込む147億円が全額手当てされるか不透明だ。「県の財政がつぶれる」と東国原知事はこぼす。

     山田農相は13日の会見で「違法な状態を、知事はあえてやっているということにしかならない」とあらためて批判。東国原知事は「実態に合わない」と家畜伝染病予防法や特措法の不備を指摘し、柔軟な対応を求める姿勢を崩さない。児湯地域の移動・搬出制限解除予定が16日に迫る中、両者が歩み寄る気配はない。

(色抜きで示した東国原知事の発言、解説がいります。よくニュアンスがわかりません。)

« 働くくるま 久留米リハビリテーション学院のスクールバス | トップページ | 『ザ・ヴァイオリン』香川宜子著に連句的に第七章をつけた乙四郎 »

コメント

『宮崎県に口蹄疫隠しの疑い…検査拒否し殺処分』という見出しの報道がありました。
ワクチン接種牛の殺処分中に、口蹄疫が疑われる症状の牛がいたのに検査もせずに殺処分していたと。
う~ん、宮崎県、立場がないぞ。
宮崎県は、検査結果が出るまで殺処分を中断すべきだった・・・あれ?

「典型的な口蹄疫の症状で、獣医師らで家畜防疫員に検査するよう何度も迫ったが、聞き入れられなかった」(農家)
「解除を遅らせたくないための“感染隠し”と受け止められかねない。検査すべきだった」(農林水産省)
「軽微な症状でも、まず検査するのが防疫の鉄則」(農林水産省)

あのぉ・・・ワクチン接種してるので、検査しても陽性に出るんですけどぉ・・・
そんなに検査が必要だったら、種牛の検査をしてくださいよぉ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 働くくるま 久留米リハビリテーション学院のスクールバス | トップページ | 『ザ・ヴァイオリン』香川宜子著に連句的に第七章をつけた乙四郎 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31