無料ブログはココログ

« 海の果 五句目の月 | トップページ | 久留米市上津の西海岸近く »

2010年7月23日 (金)

口蹄疫の終息宣言までの手順             どうやって『安全宣言』をだす?

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 7 月 23 日 口蹄疫の終息宣言までの手順

[口蹄疫の終息宣言について、東国原知事は「県内に感染した牛、豚はもちろん、ウイルスはいませんと言えるようになってこその終息、安全宣言ではないか」と述べ、全頭検査が必要との認識を示した。](7月21日付け宮崎日日新聞)

宮崎県内全域で牛や豚全頭の目視検査が行われます。

県内全域の全頭ということになると夥しい頭になります。

全頭を抗体検査というわけにはいきませんし、わずかの見逃しを発見するのにサンプリング検査では意味が薄いので、手法としては納得できます。

しかし、全頭の目視検査となると、疑わしい家畜が出てこないはずがありません。

もし、全頭検査で1頭も類似疾患が報告されなかったとしたら、その検査体制は信用できないということになります。

医療過誤報告が一件も上がってこない病院と、医療過誤報告がちゃんと上がってくる病院と、どちらが安心して医療を受けれる病院であるかが自明であるのと同じことです。

ポリオの撲滅宣言の際は、ポリオが疑わしい臨床症例の報告が15歳以下の人口10万人あたり1件以下の地域は臨床診断能力が極めて低い地域であるとみなされ、患者発見の重点地域とされました。統計的に、臨床診断だけではポリオを否定できない類似症状患者の出現頻度は人口10万人に1人以上であるからです。

制限解除に向けた清浄性検査のときには対象地域内の全頭の目視検査にあわせ、サンプリングの抗体検査が行われました。この検査体制で、最後の292例目(宮崎市)が発見されています。

どの段階でどういう検査体制をとるかについては混乱があります。

都城市へ飛び火した際には、半径1キロ以内の11農場を対象にサンプリングして抗体検査と遺伝子検査を行い、97頭の陰性を確認しました。

都城市の終息確認の際は、半径3キロ圏内の96農場の約1700頭の抗体検査と3~10キロ圏内の目視検査が行われ、1検体が陰性でなかったために再検査となりました。

検体数が多くなると、どうしても偽陽性が出現します。

中央の検査機関では、非感染の確認のため、全国から夥しい数の検査依頼がなされているはずですので偽陽性も多かったと思います。

宮崎市へ飛び火した際には、周辺の抗体検査は行われず、目視検査のみでした。

抗体検査を行わなかったことと宮崎市の終息が遅れたこととの因果はわかりません。

しかし、感染経路の解明のためには、飛び火時点において、周辺農場の抗体検査結果を確認しておくべきでした。

抗体検査によって過去の感染の有無がわかります。

成畜では感染しても自然治癒してしまうことも多い病気ですので、発生報告と感染の広がりとは必ずしも一致しません。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▼かささぎの旗のひとりごち

アクセス解析以後、毎日二回、三回と真っ黒画面になります。
ひとこと、文句をもうしあげたい。
「せからしかったい!わかったけん、もうやめてよ!」
ところで。
きのうぐうぜん、きいた。(黙っておくべきか迷った)
でも、この学長の文章をよんで、書きたくなった。
きのう早朝、とある大学病院の若い医師がとびおり。
なくなったそうです。なぜ。
大病院は激務だとはきいてますが。
一切報道はないものと思われます。
自殺の場合は報道も自粛されがち。
けれども、。
医師がなくなるような医療現場であってはならないのです。
口蹄疫問題とは無関係ながら、。

なぜかきたくなったのか。それは学長の文章にあった、

目視でうたがわしいうしがでるのは、当然です。という一言。

それといっしょです。
激務の現場、だれも被害者がでないほうがおかしい。
(とおもうのが自然なのではないでしょうか。)

今朝の新聞をまだよんでいません。

« 海の果 五句目の月 | トップページ | 久留米市上津の西海岸近く »

コメント

朝刊より
宮崎県も「異常なし」
「・・・さらに3~10キロ圏内の農場365戸で飼育している10927頭を目視検査した結果、全頭に異常がないことを確認したという。」

常識的に、1万頭の中には、少しよだれが多い家畜も口内に発赤がある家畜もいるでしょうに。人間だって1万人も診察したら、いますよ。

苦笑。
日本の終わりさん。日本人はどこまでも型をふむのが好きですね。ゆうきていけいってやつですよ。
ところで。まったく関係のない話をします。
たがめ。一匹が目の玉がとびでるほどたかーいんだって。レッドデータブックに記載。
で、ぼくはおもうんだよ。そんなんに登録するな。
希少価値があるなんていうから絶滅は約束される。お金になるってわかったら、とりつくされる。
草の根わけてもね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海の果 五句目の月 | トップページ | 久留米市上津の西海岸近く »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31