無料ブログはココログ

« 梅雨の川 | トップページ | 口蹄疫の終息に向けて                安心はどうやって手にいれる? »

2010年7月16日 (金)

黄昏の雲

黄昏の雲

« 梅雨の川 | トップページ | 口蹄疫の終息に向けて                安心はどうやって手にいれる? »

コメント

私もこの日夕景を撮りました。
エル・ドラドへの入り口みたいできれいでしたね。
道案内のような真っ直ぐな雲が、中心へ向かっていました

ところで「かっちょ」>>田川でモズの事とありました。

携帯ではオレンジ色の夕日が撮れないのです。色がきえます。右下のほうに赤い夕日があったのですが・・・。

不思議な空でしたよね、滑走路みたいな四角い空がありました。
げげげを見ているせいか、一反木綿のことを思い出してしまいました。

▼筑後の文化的遺産「かっちょ」のまとめ。
ろいりさんは、ひよどり、か、もず。という。
うちのチチは、つぐみじゃないか。という。
せいこさんちできいたら、島原のてぃーさんが、
こっちではくわっちょに近い発音でひよどりをいうようだ、とのこと。
その広川のせいこさんだけど、かっちょはかっちょだろうが。とご主人とお父上がいわれ、母上にいたっては、かささぎじゃないの。とせっしょうなおことば。笑
で、えめさんは田川でたがめ。じゃなかったもず。
多数決ではひよどりかもずになりそうです。
みんなよく正体をしらないで、「かっちょんごつはたらく」ということばを日常的につかっていた、ということになりますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏の雲:

« 梅雨の川 | トップページ | 口蹄疫の終息に向けて                安心はどうやって手にいれる? »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31