無料ブログはココログ

« 月曜日のアクセス解析 | トップページ | 家畜伝染病予防法-飼養衛生管理基準(4) »

2010年6月22日 (火)

家畜伝染病予防法ー飼育衛生管理基準(3)

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 6 月 22 日 家畜伝染病予防法-飼養衛生管理基準(3)

以下の解説の原資料は、農林水産省の飼養衛生管理基準解説に依っています。

五 他の農場等に立ち入った者がみだりに畜舎に立ち入らないようにするとともに、他の農場等に立ち入った車両が農場に出入りする場合には、当該車両の消毒に努めること。

この規定は、人や車両が、他の農場から直接、あるいは、と畜場などを介して農場内に家畜の伝染病の病原体を持ち込む可能性があることから、この伝播経路をしゃ断することを目的としています。

特に、他の農場等(と畜場、食鳥処理場、飼料工場等の畜産関連施設を含みます。)で家畜やその排せつ物等に接触し、あるいは接触したおそれのある者は、畜舎への立入りを認めないことが望ましく、必要があってこれを認める場合は、基準の二に基づき、手指、作業衣、作業靴の消毒等の必要な措置を徹底することにより、家畜の伝染性疾病の病原体の侵入を防ぐ必要があります。

他の農場で家畜の管理をしていた人や他の農場を訪問してきた畜産関係者など、他の農場などに立ち入った人は、特に必要がないかぎり畜舎に立ち入らせないことを「みだりに畜舎に立ち入らない」と規定しています。

他の農場などに立ち入った車両については、消毒などの必要な措置を徹底することが重要です。

この場合の消毒は、タイヤ、泥よけなど病原体が付着している可能性のある部分に対して行う必要があります。

具体的には、車両消毒槽を用いた方法のほか、噴霧器により消毒薬を散布する方法などが考えられますが、家畜の種類、飼養形態、農場の規模、畜舎の構造などのほか、車両の種類や出入りの頻度などに応じて適切な方法で消毒を行います。 

六 畜舎の屋根又は壁面に破損がある場合には、遅滞なく修繕を行うとともに、窓、出入口等の開口部にネットその他の設備を設けることにより、ねずみ、野鳥等の野生動物及びはえ、蚊等の害虫の侵入の防止に努め、必要に応じて駆除すること。

この規定は、家畜の伝染病の中には、ねずみ、野鳥などの野生動物やはえ、蚊などの害虫を介して、その病原体が畜舎内に侵入するものもあることから、この伝播経路をしゃ断することを目的としています。

このためには、畜舎の破損部位を修繕するとともに、開口部にネット等を設けることによりこれらの畜舎内への侵入を防止し、また、ねずみ、はえ、蚊等については、畜舎内に定着している場合など、必要に応じてこれらを駆除することが必要です。

家畜の飼養管理において、野生動物や害虫の畜舎内への侵入を完全に防止することは難しいと考えられますが、これらの侵入を少しでも減らす取組が重要です。

川南町に学ぶ飼養衛生管理

2010 年 6 月 22 日 火曜日

川南町で患畜と疑似患畜の殺処分が完了したのだそうです。

15万8千頭。

川南町でこれから殺処分されるのは、同一農場内で一頭も発症していない、ワクチン接種の1万3千頭。

この2か月間、ウィルスの脅威に常に晒されていた川南町においてさえ、最後まで発症させずに頑張り抜いた農場がたくさんあったことになります。

感染経路がわからない間は、全国どこにおいても飛び火感染が起こり得ますが、全国の農場が基本をしっかり押さえておれば終息できることの証明となります。

全国的に防疫意識が高まっていますので、このまま終息に向かうことも期待できますが、当事者意識が比較的希薄な遠隔地に唐突に飛び火することはあり得ます。

10年前は宮崎県から北海道への飛び火でした。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』)

コメント

>もう使えないかと思うほど突然何も動かなくなった。
>真っ暗になったあとbios画面がでて、

まったく同症状です。

日本の終わりさん。
なんだか兄弟のように思えます。
わたしは今までかかってアクセス解析をやりました。
これで学ぶことはたくさんあります。
どこかに真実をしらべて書いてくださっているかたがいらっしゃるに違いない。
と信じていました。
そして、そのひとは、いらっしゃいました。

このかたです。しんじます。
いろんな記事とつきあわせ、においで感じます。↓

『マスコミも政府もおかしい』

http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3550.html

このブログとであえたことは大きな収穫です。

・・・で、かささぎはどうもわからない。
宮崎の一部の人たち、流通などで直接ことにあたった人たち、また病になった牛や豚を運んだ人たち、は、もちろん、こういうスーパーの商品にする仕事に携わる人たちは、きちんとこうてい疫のはじまりの事実(どこが一番の原因であるか)をご存知なのです。
そのために現在どういう被害が引き起こされているか。
ずうっと元をたどれば、そこへ行き着き、なにもせず放っていた政府の無策に行き当たるのに、どなたも声をあげられません。
わるいことだと知っておられるのに、なぜ。

コメント

ご紹介いただいたブログでも、PC攻撃を受け、一時、PCが全滅したとの記載がありました。
5月22日に具体的なことが書いてあります。

PC攻撃について、ちょっと賢くなりました。
上記ブログに、「F5攻撃」を受けてブログが繋がりにくくなった、との記載が。
F5攻撃についての解説記事引用です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「F5」キーを押すと現在閲覧しているWebページを更新(リロード)する機能があり、これを連打することで、Webサーバに対して短時間に大量の送信要求を送ることができる。複数の人間が時間などを申し合わせて一斉に「F5の連打」を行なうと、サーバや回線、通信機器などが過負荷状態となり、ついにはダウンしてしまう。

そこまで計画的な組織が存在していたとは。

上記のブログのあるじは、何台のパソコンをだめにされても、ネットカフェからでもどこからでも、不屈の闘志で臨むと書かれていました。
どんなときにも、毅然としてあれ日本。
というこのことば、いいですね。
しゃきっとしました。

« 月曜日のアクセス解析 | トップページ | 家畜伝染病予防法-飼養衛生管理基準(4) »

コメント

ご紹介いただいたブログでも、PC攻撃を受け、一時、PCが全滅したとの記載がありました。
5月22日に具体的なことが書いてあります。

PC攻撃について、ちょっと賢くなりました。
上記ブログに、「F5攻撃」を受けてブログが繋がりにくくなった、との記載が。
F5攻撃についての解説記事引用です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「F5」キーを押すと現在閲覧しているWebページを更新(リロード)する機能があり、これを連打することで、Webサーバに対して短時間に大量の送信要求を送ることができる。複数の人間が時間などを申し合わせて一斉に「F5の連打」を行なうと、サーバや回線、通信機器などが過負荷状態となり、ついにはダウンしてしまう。

そこまで計画的な組織が存在していたとは。
上記のブログのあるじは、何台のパソコンをだめにされても、ネットカフェからでもどこからでも、不屈の闘志で臨むと書かれていました。
どんなときにも、毅然としてあれ日本。
というこのことば、いいですね。
しゃきっとしました。
卑屈になるまい。上だけをみていこう。(おいおいそこ、あなぽこ、おちるよ!)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家畜伝染病予防法ー飼育衛生管理基準(3):

« 月曜日のアクセス解析 | トップページ | 家畜伝染病予防法-飼養衛生管理基準(4) »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30