無料ブログはココログ

« 47頭の《種牛》殺処分は仕方なかったのか          「より慎重に長期的な視野での対応を」 | トップページ | 荒木の白口踏切で »

2010年6月 1日 (火)

常盤露草

白い露草?

« 47頭の《種牛》殺処分は仕方なかったのか          「より慎重に長期的な視野での対応を」 | トップページ | 荒木の白口踏切で »

コメント

これが白い露草なのね。
聞いたことがあるのだけど、実際には見たことがないのよ。
これ、かささぎ整骨院の先の竹やぶ?
あの椿の木があるところ?

そうです。いちどおいでください。
いちばん若い竹、つまり今年竹がいちばんのっぽで、だけども、枝のはっぱはみな閉じているから、すぐ、ああ、あんたはまだうまれたてね。とわかります。
下の足元にはこんな可憐な草花が咲いていて、おもわず、みとれてしまいます。ここは、きっと昔、聖域だった場所ではないでしょうか。
白い露草なのかどうか、葉が露草と同じでした。

私も露草だと思った。へー、白いのがあるんだと初めて知りました。いくつになっても新しいものを見たり聞いたりするのは嬉しいですね。

つゆくさのいろいろをしらべました。
ときわつゆくさという、帰化植物でした。

ちょうど、この常磐露草のような形の刺繍で縫い留めるテクを何というかわかりますか?星止め、でもなし。
先日、母にインターネットで調べてくれといわれたばかり。

閂留かなと思いましたがちょっと違うみたい。
確かセーラー服の前空きのところに施してあったものでしょう?

閂留かなと思いましたがちょっと違うみたい。
確かセーラー服の前明きのところに施してあったものでしょう?

かんぬきどめ?
セーラー服?
へえ。そうなの。
セーラー服って水平さんがきるものだったのね。
そういえば、ポパイ。
日本で最初は1921年福岡女学院ってかかれていなかったっけ。福岡ってさ。あたらしものずきだよね。話、ずれましたね。ごめんね。↓

「松葉閂」みたいです。
手掛かりをありがとうございました。

これですね。ほんとにときわつゆくさとおなじ△のかたち。↓
(ぼんにしかわからないだろうとおもってました。期待にこたえてくれてありがと。)

露草のまとめ。
常盤露草は花びらがとがっている。
ふつうの露草は青くて丸い。二枚しか花びらはない。とおもっていたら、三枚目の花びらは白くて小さいのがあるとのこと。
青い露草。↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常盤露草:

« 47頭の《種牛》殺処分は仕方なかったのか          「より慎重に長期的な視野での対応を」 | トップページ | 荒木の白口踏切で »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31