無料ブログはココログ

« 生活科学科農作業中 | トップページ | 神津呂伊利氏の投稿から思い出した、杉山洋先生の一文 »

2010年6月12日 (土)

家畜伝染病予防法(2)第2条            家畜と疫病の種類

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 6 月 12 日 家畜伝染病予防法(2)

法の目的の次には、法で用いられるキーワードについての定義づけがなされます。

家畜伝染病予防法の場合は、規制の対象疾患を曖昧としないため、「家畜伝染病」の定義づけが必要です。

第2条 この法律において「家畜伝染病」とは、次の表の上欄に掲げる伝染性疾病であつてそれぞれ相当下欄に掲げる家畜及び当該伝染性疾病ごとに政令で定めるその他の家畜についてのものをいう。

伝染性疾病の種類      家畜の種類

1.牛疫       牛、めん羊、山羊、豚

2.牛肺疫      牛

3.口蹄疫      牛、めん羊、山羊、豚

4.流行性脳炎    牛、馬、めん羊、山羊、豚

5.狂犬病      牛、馬、めん羊、山羊、豚

6.水胞性口炎    牛、馬、豚

7.リフトバレー熱  牛、めん羊、山羊

8.炭疽       牛、馬、めん羊、山羊、豚

9.出血性敗血症   牛、めん羊、山羊、豚

10.ブルセラ病    牛、めん羊、山羊、豚

11.結核病      牛、山羊

12.ヨーネ病     牛、めん羊、山羊

13.ピロブラズマ病  牛、馬

14.アナプラズマ病  牛

15.伝達性海綿状脳症 牛、めん羊、山羊

16.鼻疽       馬

17.馬伝染性貧血   馬

18.アフリカ馬疫   馬

19.豚コレラ     豚

20.アフリカ豚コレラ 豚

21.豚水胞病     豚

22.家きんコレラ   鶏、あひる、うずら

23.高病原性鳥インフルエンザ 鶏、あひる、うずら

24.ニューカッスル病     鶏、あひる、うずら

25.家きんサルモネラ感染症  鶏、あひる、うずら

26.腐疽病    みつばち

法に基づいて殺処分等の防疫措置が行われるのは、口蹄疫だけではありません。

現場では、これらの病気すべてについて、注意が求められます。

家畜の種類については、さらに政令(家畜伝染病予防法施行令1条)で、水牛、鹿、猪などが追加されています。

なお、この法体系に位置づけられていない動物については、家畜伝染病予防法の対象外ですので、この法に基づく規制はできません。

野生動物については環境省、ペットや人については厚生労働省の管轄です。

コメント

今朝早く地元JA近くまで出かけましたら、駐車場出入り口一帯が消毒薬でまっしろでした。
酪農業をいとなむ短歌仲間も陶芸仲間もおられます。
日常的業務に加えて、緊張を強いられた日々をお過ごしだろうと思います。へたにお伺いするのすら迷うところです。
幹線防御線をこえた飛び火。
決して対岸の火事ではありません。

牛乳の売り上げ、落ちていないだろうか。
心配ですね。
輸出できなくなったぶん、国内にでまわってくるでしょう。

防波堤が破られた今、あらためてワクチン接種の意味について。
ワクチン接種を決断した当時の報道の見出しにもしばしばありましたが、ワクチン接種は「時間かせぎ」です。
手に負えない蔓延スピードをワクチンによって鈍らせ、その間に集中的に打つべき手を打つ、という意味です。
少なくとも内閣の総とっかえで政治空白を作っていいような期間ではなかったはず。
最悪の総理辞任のタイミングでした。

おっしゃるとおりです。
このタイミングでなんでこんな入れ替えやってるんだ。というのが常識的な感想です。

気になっていた、旬刊宮崎新聞社と共産党の関係をきっちりと調べ上げたブログを発見しましたので、お知らせします。(アクセス解析でみつけた。)
そのブログhttp://sono3mino3.iza.ne.jp/blog/entry/1627715/によれば、旬刊(じゅんかん。10日毎に発行)宮崎新聞は二つあるそうです。

>国会図書館で検索すると、旬刊宮崎は創刊1949年のものと、創刊1976年のものの2つ出てくる

(以下、同じところからの引用記事です。)

最近、「インターネット上で『旬刊宮崎』5月15日号で、安愚楽牧場が口蹄疫の感染の隠ぺい工作をしていたと報じる記事があり、その発行元『日本共産党宮崎委員会』となっているがどういうことか?」との問い合わせをわが党に多数いただいております。
「旬刊宮崎」紙と日本共産党宮崎県委員会とは、一切関係はありません。またそのような記事とも無関係であります。
        日本共産党宮崎県委員会
toctype = X-unknown toctype = text text
ということで、
口蹄疫の記事を報道した旬刊宮崎新聞社と、日本共産党は全く関係のないことが確認できましたので、報告いたします。
もし旬刊宮崎は日本共産党が発行したものだと思われている御方がおられましたら、このことを伝えてあげてください。」

引用終わり。

さあて。どっちがほんとうなんだ?

今回の口蹄疫禍では農林水産省以外の動きがまったく見えません。
野生動物は環境省の所掌だし、と畜は厚生労働省の所掌ですが、小沢大臣や長妻大臣の動きが見えません。
仕事、してますか?
今の官僚たちは指示がないと動けない。

不気味なのは、原口一博。
情報統制の元締めだったのなら、全てが見通せていた。
とすると、時機を見定めているだろう。
最後まで表には出てこぬように処理できるのか。
ここぞというとき、これをかさに挙を起こすカードを掌中に。
総理の椅子も夢ではない。

投稿: きちきちばった | 2010年6月12日 (土) 08時13分

« 生活科学科農作業中 | トップページ | 神津呂伊利氏の投稿から思い出した、杉山洋先生の一文 »

コメント

さいごにつけた「きちきちばった」さんの投稿は、メール投稿を本文にはりつけたものであることをお断りします。
日付の部分が異様に大きいのに、なにものかの作為と悪意をかんじます。かささぎの編集制御を一切うけつけない。

bcf00051******
上のアドレスに句を送りましたがついていますか?

さくらさん。ついてます。
ユニークな表現の句、ありがとございました。
久留米東郵便局へ出してきます。
コンビニみたいに24時間営業の局。
ねむい。

ついに昨日、始末させられました。
ログイン不能。
理由。
ログインページにはこうかかれている。

この Web サイトのセキュリティ証明書には問題があります。


この Web ページで提示されたセキュリティ証明書は、有効期限が切れているかまだ有効ではありません。

セキュリティ証明書の問題によって、詐欺や、お使いのコンピューターからサーバーに送信される情報を盗み取る意図が示唆されている場合があります。
このページを閉じて、この Web サイトの閲覧を続行しないことを推奨します。
ここをクリックしてこの Web ページを閉じる。
このサイトの閲覧を続行する (推奨されません)。

したがって、かささぎの旗はここまで。
やることが卑怯だ。

めでたく”有害サイト”に認定されたということですね。
誰にとって有害だったのか・・・
いずれにせよ、一般の人に広く見られては非情にまずい情報が最近アップされたのでしょう。

この国のネットが情報操作されていることは、次の手段で容易に確認することができます。
たとえば、このブログに災難をもらたしたとある方の名前(原○一○)で検索をしてみてください。
検索上位には、ずらー~っとこの方を褒め称えるリンクが並びます。批判的なのはわずかで、それも早晩消えてゆくでしょう。

こんばんは
わざわいをもたらしたのは
ぼくか そいつか
わかりませんね
でもどっちにしても
かささぎさんはいい迷惑だったかな

正義はない
あるのは握史巣
いずれへか傾こうとするとき
バランスをとろうとする軸だけ

7年もかけて暗黒の宙吊りの道を帰ってきた
はやぶさのその不在
7年ものあいだもんもんと真っ暗な地の下で
耐えてきたせみのその孤独

不在と孤独とは絶妙なバランスを保ち
互いに互いの勇気を称えあう

時のアクシスよ  ぶれるな
ぼくの生まれる前からここにあるspaceと
ぴったりと 同化せよ

こわいもの見たさで足げくかよう旗の家ですが、
↑こういった類稀なる感性の持ち主に遭遇するから、ここへの訪問は辞められません。

>いずれへか傾こうとするとき
バランスをとろうとする軸だけ

>不在と孤独とは絶妙なバランスを保ち
互いに互いの勇気を称えあう


きちきちばったさん。
あなたはすばらしい。
あなたのこのフレーズに出会えただけでも、
ここへ来たかいがあったというものです。
ありがとう。

きちきちばったさん、

詩人ですねー。これからは違う人生が大口を明けて待っていると思います。ご心配は要りません。ただ、連句へお誘いするだけですから。
明るい未来が待っています。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 生活科学科農作業中 | トップページ | 神津呂伊利氏の投稿から思い出した、杉山洋先生の一文 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31