無料ブログはココログ

« パラグアイの看護・助産教育(2)            小川正子氏の手記 | トップページ | あすかの武士道 »

2010年6月30日 (水)

農水省の口蹄疫防疫措置実施マニュアル

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 6 月 30 日 口蹄疫防疫措置実施マニュアル

農林水産省消費・安全局長通知(平成22年6月24日)として、口蹄疫防疫措置実施マニュアルが公表されました。

家畜伝染病予防法、特定家畜伝染病防疫指針をさらに具体的にしたものです。

2(1)(2)(3)(4)では、異常患畜の通報時に家畜防疫員の行うべきことが、デジタルカメラや電子メールの活用に至るまで、一挙手一投足、こと細かに記載してあります。

2(5)では、農林水産省内部部局から政務三役への情報提供についての記載がありますが、通常は、こういう内輪のルールまでは記載しないものです。

今回、何らかの反省点があったのかもしれません。

再発防止のために重要な、感染ルート究明のための疫学調査については、5その他(3)に簡単に触れているだけです。

今後の改定に期待したく思います。

4(2)の「発生後直ちに、発生農場から半径1km圏内にある農場については抗原検査及び抗体検査」については、マニュアルがなかった10年前の発生の時には行われた事ですが、今回は実施されませんでしたので、やはりマニュアルにきちんと記載しておかなければなりません。

「口蹄疫防疫措置実施マニュアル」

 防疫措置の基本方針

本病の防疫対策は、本病の早期発見及び早期通報のための監視体制の強化をを図るとともに、発生時においては迅速な殺処分及び埋却等によるまん延防止対策を講じ、その被害を最小限にくい止めることが基本である。

 異常家畜の発見の通報

(1)家畜防疫員は、家畜の所有者、獣医師等から異常家畜を発見した旨の通報を受けた場合は、遅滞なく県畜産主務課(以下、「畜産課」という。)に連絡し、畜産課は既に設置されている場合は国の口蹄疫対策本部(以下、「対策本部」という。)に、設置されていない場合は農林水産省消費・安全局動物衛生課(以下、「動物衛生課」という。)に連絡する。また、当該通報に係る事項をあらかじめ定められた様式の調書に正確に記録し、緊急的な措置について口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針(以下、「防疫指針」という。)に基づき通報者に指導等を行うとともに現地到着予定時刻を連絡する。

(2)家畜防疫員は、原則通報から2時間以内に当該農場に到着する。家畜防疫員は、現地到着後、車両を農場施設の外に置いて、防疫衣を着用し、現地に携行した用具をもって施設内に入る。

(3)家畜防疫員は当該施設に入って直ちに、異常家畜及び同居家畜の鼻腔、口唇、口腔、舌、蹄部、乳頭部等を中心とした臨床検査を徹底する。その際、すべての異常家畜(異常家畜が多数の場合は代表的な数頭)の病変部位をデジタルカメラで鮮明かつ十分に撮影すること。また、防疫指針に基づき、適切に病性鑑定用材料を採取する。

(4)家畜防疫員は、最寄りの家畜保健衛生所から当該写真及び飼養状況や病歴等の疫学情報(不明疾病の現地調査票等)を畜産課及び動物衛生課に電子メールで直ちに送付すること。この場合においても、防疫指針に基づき可及的速やかに動物衛生研究所に病性鑑定用材料を送付し、精密検査を依頼する。

(5)動物衛生課は、送付された写真及び情報に基づき、また動物衛生研究所及び必要に応じ専門家の意見を踏まえ、直ちに病性を判定する。本病である可能性が極めて高く直ちに殺処分する必要があると判定した場合には、直ちに畜産課にその旨を連絡する。なお、動物衛生課は政務三役及び関係部署へ直ちに情報提供する。

(6)畜産課は当該連絡を受けたら、家畜保健衛生所を通じ農家及び市町村にその旨を連絡する。

(7)対策本部は、直ちに職員を発生農場に派遣し、現場での防疫作業の円滑化について調整を行うとともに、家畜防疫員と共同して必要な疫学情報等の収集を行う。また、対策本部は、畜産課にその旨を通知し協議した上で、獣医師の派遣、防疫資材や投光器の手配などを直ちに行い、24時間以内の殺処分に必要な支援を行う。

(8)写真による判定が困難な場合は防疫指針に従いPCR等の病性鑑定を実施し、その結果に基づき対応する。

(9)家畜防疫員は、病性が決定されるまでの間、異常家畜の所有者に対し、防疫指針に基づき飼養家畜の隔離、関係者以外の農場への立入禁止、農場の応急的な消毒等を指導し、病原体の散逸防止を図る。

 発生確認後の発生農場及び周辺における防疫措置

畜産課は、異常家畜が疑似患畜と決定後、直ちに管轄家畜保健衛生所へ次の措置を指示する。

(1)当該疑似患畜は、当該農場内で疑似患畜と判定後原則として24時間以内に殺処分を終了する。なお、豚の殺処分においては電殺や炭酸ガスによる殺処分など効率の良い方法を検討する。

(2)迅速かつ効率的な殺処分を行うため、積極的に民間獣医師の有効な活用を行う。また、獣医師以外の者であっても獣医師の指導の下で殺処分への活用を図るものとする。

(3)埋却地は当該農場又は当該農場の周辺とし、疑似患畜と判定後72時間以内に埋却を完了する。やむを得ない事情により、これらの埋却地を確保できない場合には、公有地(国、県等)を利用する。この際、埋却地への死亡畜の移動に際しては、動物衛生課と協議し、死体等を密閉すること等による十分な病原体の拡散防止措置を講じる。

(4)殺処分及び埋却作業を行うに当たっては、

 発生農場及び近隣農場の外周部をビニールシートで遮蔽すること等により、病原体の散逸を防止する。

 消毒薬、殺鼠剤、殺虫剤等を的確かつ迅速に使用し、昆虫、小動物等による病原体の拡散防止を徹底する。

 農場周辺の通行の制限を実施し、道路への消毒薬の散布(散水車の活用を含む。)などにより、周辺の消毒を徹底する。

 あらかじめ発生農場内に炭酸ソーダ等の消毒薬を散布すること等により、粉じんの飛散を防止するとともに、防疫指針第2の3の(8)(防疫従事者の入退場時及び退場後の留意点)に従い、発生農場からの病原体の散逸防止に努める。

 移動制限区域内で講じる防疫措置

(1)家畜防疫員は、移動制限区域内にある農場のリストアップを行うとともに、発生農場から半径3km圏内にある農場に対して電話による聴き取り等により、これらの農場における異常畜の有無を速やかに確認する。リストアップされた全ての農場に対し、農場の出入り口に踏み込み消毒槽を設置するとともに、農場内に入る車両及び機材等についてはその入退場時に消毒するように指導する。

(2)畜産課は国と協力して、発生後直ちに、発生農場から半径1km圏内にある農場については抗原検査及び抗体検査を、移動制限区域内にある大型肉用牛肥育農場及び大型養豚農場については臨床検査をそれぞれ実施し、口蹄疫ウイルスの浸潤状況を調査する。

(3)畜産課は、複数の畜舎を有する農場に対して、畜舎間の家畜の移動の禁止を徹底する。

 その他

(1)道路等における消毒ポイントについては、本病の発生確認直後から、車両等による病原体の拡散防止が徹底できるよう、路線等を確認の上、畜産関係車両や防疫作業車両が消毒されるよう設置を工夫すること。特に、畜産関係車両や防疫作業車両については、農場出入りの度に運転手及び車両内部を含め厳重な消毒を徹底するとともに、併せて一般車両の消毒も実施すること。

(2)移動制限区域内の農場において家畜を飼養する者及びその家族は外出及び帰宅の際、その都度着替え並びに手指及び靴底等の消毒を徹底することとし、作業着及び作業靴での外出を禁止する。農場の従業員についても同様とする。

(3)疫学調査を実施するに当たっては、

 家畜防疫員は、発生の確認から21日前まで遡って実施すること

 農場従業員の行動歴、宅配便等の入退場、農場への訪問者等を調査すること。特に農場への訪問者等については訪問前後の行動歴についても調査すること

(4)移動制限区域内にある共同たい肥舎については、その利用をやめること

(5)病性鑑定について、国は現行のPCR検査に加えて簡易キットの実用化を進める。

(6)疑似患畜の埋却が困難な場合に備え、国は移動式レンダリング車と焼却炉との組合せによる焼却の実用化を進める。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▼かささぎのアクセス解析よりいくつかご紹介

1家畜伝染病  国の責任 第3条http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%AE%B6%E7%95%9C%E4%BC%9D%E6%9F%93%E7%97%85++%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E3%80%80%E7%AC%AC%EF%BC%93%E6%9D%A1&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt&meta=vc%3D

口蹄疫にて殺された数http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB%E3%81%AB%E3%81%A6%E6%AE%BA%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%95%B0&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

ケアプラン 報酬http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4RNWE_jaJP316JP316&q=%e3%82%b1%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%80%80%e5%a0%b1%e9%85%ac

日ユ同祖論http://www.google.com/search?hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&num=50&q=%E6%97%A5%E3%83%A6%E5%90%8C%E7%A5%96%E8%AB%96

口蹄疫ワクチン 効果http://www.google.co.jp/search?hl=ja&client=firefox&hs=gXb&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&q=%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3+%E5%8A%B9%E6%9E%9C&aq=4&aqi=g10&aql=&oq=%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3&gs_rfai=

乙骨三郎http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B9%99%E9%AA%A8%E4%B8%89%E9%83%8E&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

summer wars http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=summer+wars&aq=0s&aqi=g-s1&aql=&oq=%EF%BD%93%EF%BD%95%EF%BD%8D%EF%BD%85%EF%BD%92%EF%BD%97%EF%BD%81%EF%BD%92&gs_rfai=

幻の命http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%E5%B9%BB%E3%81%AE%E5%91%BD&aq=f&aqi=g10&aql=&oq=&gs_rfai=「幻に夢であえたらそれはまぼろしじゃない。ぼくもいつの日か星になる。自由がぼくをみて笑う。

9診療報酬改定 2010 緩和ケアhttp://search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%A8%BA%E7%99%82%E5%A0%B1%E9%85%AC%E6%94%B9%E5%AE%9A+2010+%E7%B7%A9%E5%92%8C%E3%82%B1%E3%82%A2&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

10医療用語 オンコール http://ocnsearch.goo.ne.jp/ocn.jsp?encode=euc&SM=MC&IE=sjis&from=ocntop01&PT=ocntop01&MT=%88%E3%97%C3%97p%8C%EA%81@%83I%83%93%83R%81%5B%83%8B%81@&submit.x=40&submit.y=18

11男の子 盲腸http://www.google.co.jp/imglanding?q=%E7%94%B7%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%80%80%E7%9B%B2%E8%85%B8&imgurl=http://tokowotome.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2008/10/19/sn3d00950001.jpg&imgrefurl=http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/index.html&usg=___0jHL7Vl0abgbqRk5x7bVBQ_B-4=&h=960&w=1280&sz=335&hl=ja&um=1&itbs=1&tbnid=iT17S6niBtxcSM:&tbnh=113&tbnw=150&prev=/images%3Fq%3D%25E7%2594%25B7%25E3%2581%25AE%25E5%25AD%2590%25E3%2580%2580%25E7%259B%25B2%25E8%2585%25B8%26start%3D80%26um%3D1%26hl%3Dja%26lr%3D%26safe%3Doff%26sa%3DN%26rlz%3D1T4ADBF_jaJP310JP311%26ndsp%3D20%26tbs%3Disch:1&start=92&um=1&lr=&safe=off&sa=N&rlz=1T4ADBF_jaJP310JP311&ndsp=20&tbs=isch:1#tbnid=iT17S6niBtxcSM&start=96

12五王http://blog-search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=%E4%BA%94%E7%8E%8B&n=10&so=dd&merge=on&tflg=none&sq=M&b=4

13http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1042708615

これは必読。重要項目を引用します。以下全文引用。

この最後の不同意農家は、この人ではないかと思う。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1141408566
「約3キロ離れた別の農場で口蹄疫に感染した疑いの牛が見つかったため、ワクチン接種の対象となったが、6頭の種牛には症状がみられないという。

飼育牛すべてがワクチン接種の対象になったが、種牛だけは接種を拒否した。

薦田さんは畜産を始めて50年。種牛改良を始めて22年になる。「やっとここまで来た」という思いがあるだけに、殺処分を意味するワクチン接種への無念の思いは強い。薦田さんは「これからという時だった。人生をかけて育ててきた私の魂が、種牛を失えば消えてしまう」と声を落とした。」


ただ今発症していないなら、減圧室で経過観察でもいいんじゃないかと思うのだが。

何かいい案はないですかねえ?

補足
どうもやはり「三共種畜牧場」のようです。

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-8e14.html
http://quick2ch.ddo.jp/1274786002.html

県の種牛が特例になったのだから、民間と言えども、
なにがしか特例があってしかるべきかと思う。引用終わり」
かささぎの旗: 「殺すな!宮崎の宝は日本の宝、口蹄疫ワクチン接種、例外を認めよ」においでくださいました。ありがとうございました。
14三共種畜牧場http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=hts&oq=&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4RNTN_jaJP353JP354&q=%e4%b8%89%e5%85%b1%e7%a8%ae%e7%95%9c%e7%89%a7%e5%a0%b4
15国語虹の足の問題http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E8%99%B9%E3%81%AE%E8%B6%B3%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt
16天文年間百韻http://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-snvaio&p=%E5%A4%A9%E6%96%87%E5%B9%B4%E9%96%93%E7%99%BE%E9%9F%BB&ei=UTF-8
17言葉 ちまちまhttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1R2SUNA_jaJP372&q=%E8%A8%80%E8%91%89%E3%80%80%E3%81%A1%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%81%BE&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=
18ワクチン 摂取 拒否 口蹄疫 三共http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E3%80%80%E6%91%82%E5%8F%96%E3%80%80%E6%8B%92%E5%90%A6%E3%80%80%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB%E3%80%80%E4%B8%89%E5%85%B1&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=
19和牛輸出http://ocnsearch.goo.ne.jp/ocn.jsp?PT=ocntop01&SM=MC&SGT=0&MT=%CF%C2%B5%ED%CD%A2%BD%D0&FR=10&from=pager
20九州種有牛データhttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E7%A8%AE%E6%9C%89%E7%89%9B%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=
21 口蹄疫 ワクチン 清浄国http://www.google.co.jp/search?q=%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB+%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3+%E6%B8%85%E6%B5%84%E5%9B%BD&hl=ja&rlz=1T4RNTN_jaJP359JP359&ei=3LwpTOjABsbBcc7ZsY0D&start=10&sa=N
22重巡洋艦 鈴谷http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%87%8D%E5%B7%A1%E6%B4%8B%E8%89%A6+%E9%88%B4%E8%B0%B7&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&pstart=1&fr=top_ga1_sa&b=101
23障害者歯科医療連携加算http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rls=com.microsoft%3Aja%3A%7Breferrer%3Asource%3F%7D&rlz=1I7TSHJ_ja&q=%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%AD%AF%E7%A7%91%E5%8C%BB%E7%99%82%E9%80%A3%E6%90%BA%E5%8A%A0%E7%AE%97&aq=f&aqi=g5&aql=&oq=&gs_rfai=
24通所介護 介護報酬http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%80%9A%E6%89%80%E4%BB%8B%E8%AD%B7%20%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E5%A0%B1%E9%85%AC&rs=10&ei=UTF-8&fr=slv1-kingof
25社会保障給付費 推移http://www.google.co.jp/search?q=%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E7%B5%A6%E4%BB%98%E8%B2%BB%E3%80%80%E6%8E%A8%E7%A7%BB&hl=ja&ei=d7wpTMbrJIzQceXTmYgD&start=20&sa=N
26塩川慶子http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E5%A1%A9%E5%B7%9D%E6%85%B6%E5%AD%90&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=
27かささぎ おりがみhttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1R2SUNC_jaJP374&q=%E3%81%8B%E3%81%95%E3%81%95%E3%81%8E%E3%80%80%E3%81%8A%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%BF&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=
28診療報酬 加算 メディカルクラーク 平成22http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%A8%BA%E7%99%82%E5%A0%B1%E9%85%AC%E3%80%80%E5%8A%A0%E7%AE%97%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%80%80%E5%B9%B3%E6%88%90%EF%BC%92%EF%BC%92&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=
29第七高等学校造士館 旗http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E7%AC%AC%E4%B8%83%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E9%80%A0%E5%A3%AB%E9%A4%A8%E3%80%80%E6%97%97&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=
30司馬遼太郎が考えたことhttp://www.google.com/search?q=%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E%E3%81%8C%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8&hl=ja&ei=1K0pTMztLcKrcfT58ekC&start=10&sa=N

« パラグアイの看護・助産教育(2)            小川正子氏の手記 | トップページ | あすかの武士道 »

コメント

ワクチン投与された牛の処分が99パーセント終了し、非常事態宣言を一部解除して、一部についての移動を認めるというニュースが流れました。
取材に応じる宮崎市長、ほほがこけておられました。この二ヵ月半、こころ安らぐ日は一日たりともなかったことでしょう。
でも、本当に大変なのはこれから。
農業者をどうやって救済するのか。復活させるのか。しんどいのはこれからなのです。同じ九州人として、これからこそを見守りたい、けっして、みやざきのこの悲惨な状況を忘れてはいませんよというメッセージを、これからこそ、発信していくべきだと思います。

アクセス解析、昨日の夜サッカーを背中でみながらやりました。ここまでやらないと、せっかく学長記事を毎日まいにちアップしてる意味がないですから。
すると。今きづいたのですが、ワクチンについてのこのようなブログ記事を発見しました。一部引用しますね。とてもおもしろく、かつ、衝撃的です。
引用先はなまえはりつけ。

>「もういちど引用しよう。
農林水産省のホームページ(http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/syh_siritai.html)
からリンクされている「動物衛生研究所」の「口蹄疫との共生(http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/prion/pf116.htm)」を。

ところが、1920年代に起きた発生では、殺処分対象の動物数が多くなりすぎて、順番が回ってくる前に回復する動物が出始めて、農民は殺処分に疑問を持つようになりました。殺処分するか、それとも口蹄疫と共存するかという議論が起こり、議会での投票の結果、わずかの差で殺処分が勝ったと伝えられています。これが現在まで続いているわけです。


日本人の認識は、1920年代のイギリス農民以下なのか!?

ただし、こう言うと、政治家がだらしないとか、何も知らないとか、そう思う方もいると思う。
彼らは、一般日本人以上に、英米の狭間にいる。そして、多くのことを知っている。むしろ、国民の声を待っているのだろう。国民の声こそが後ろ盾なのだから。

CIAや巨大宗教団体によって牛耳られている現在の日本の大手マスコミは恣意的な情報を流す。
だからこそ、鳩山さんは記者クラブを解体した。

が~ん!
日本人の認識は、1920年代のイギリス農民以下なのか!?

今、最大の関心事(↓)。
法は未感染種牛を殺処分するためにあるのか。
そうだとしたら、未感染種牛を守るための法に改正してほしい。

(参考情報)
中国産稲わらは、九州では博多港と八代港が輸入港です。
4月、何があったのでしょう?
(昨年4月は31トンでした)
     博多港 八代港
1月  69トン 16トン
2月  46トン
3月  17トン 16トン
4月 130トン
5月  15トン 16トン
6月  49トン

「幻の命」検索は、遂に堂々の1位に浮上しましたね。

ほんとだ。

某投資関係ブログから拾ってきました。(要約引用)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2010年5月31日
待ちに待った分配金が、○○○牧場から支給されました。
正確には、子牛売却利益金です。
2006年に投資しましたので、これで4回目の分配金受取です。
利回り4.7%です。
「口蹄疫に関するお知らせ」という説明書類が同封されていました。
内容は・・・・
「5/19口蹄疫対策本部発表の口蹄疫防止措置により、当社におきましては、移動制限区域内の牛(10735頭)について、5/24ワクチン接種が完了いたしました。その後これらの牛については殺処分となります。この処分に関しては、政府発表のとおり、全額補填(評価額、手当金、殺処分奨励金など)されます。よって、弊社における実質的な損失はございませんので、ご安心下さい。」

え~っと、牛1頭あたりの評価基準額が81万円とし、10735頭で87億円ナリ。
6月5日付けの旬刊報道通り、ワクチン接種対象牛をせっせと妊娠させてたとしたら、1頭あたり3万円加算で・・・

10735頭以外に、ワクチン接種対象でない患畜・疑似患畜もあるのかな。
なんやかやで、自分の納める税金のうち(一人あたり)100円を○○○牧場へあげちゃうことになります。
もし噂が本当だとしたら、納税拒否したい。

7月6日に公権力によって殺されるようです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎県、ワクチン拒否の農家に殺処分勧告
6月30日15時52分配信 読売新聞

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、殺処分を前提にしたワクチン接種を拒否し続けている高鍋町の牛農家1戸について、県が口蹄疫対策特別措置法に基づく殺処分を勧告したことがわかった。

 勧告は29日付で特措法の施行以来初めて。処分期限は7月6日。勧告を受けたのは、県内で唯一、民間で種牛を飼育している畜産農家。

世にこのような沙汰がまかりとおっていいものか。

お久しぶりです。

アウトブレイク。。
感染拡大の予防と称して感染力の強いウイルスに対しての行政の対応。
短時間における判断と決断、そして結果・・。全てリアルに行政の危機管理能力がわかったと思います。
短期間に20万を超える命の生殺与奪。今回は偶蹄類、ただこれが自分達への対応も紙一重かと感じるかが重要です。
尊厳死は望めるかな。。?。でも規模によれ何となく対応は想像できるのではないでしょうか。
まだ完全に終息はしていませんが、今後何を生かして学ぶべきかしっかりと事実は知らないといけないでしょうね。
法律が自分の反目に回るときなど。。普通は考えません。
ただ。。。全ては紙一重です。

自分達ができる事。夫々がしっかりと考えねば。

うたまるさん。
お元気でしょうか。こんばんは。
アウトブレイク、ぐうているい、森のいきものにも感染したのであれば、柵がないから策はないですよね。
今後思いもせぬ所から又出る可能性はあります。
30万頭近い牛豚をむげに殺した政府はその詳細な報告書を作成して、真摯に反省する必要がありますが、その際、乱れ飛んでいる情報へのきちんとした回答を用意しなければならないでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農水省の口蹄疫防疫措置実施マニュアル:

« パラグアイの看護・助産教育(2)            小川正子氏の手記 | トップページ | あすかの武士道 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31