無料ブログはココログ

« アングラ疫禍と官邸敗北              あべしげさんの書評から | トップページ | 山下家の庭 »

2010年6月 4日 (金)

口蹄疫とケーススタディ(7)            ワクチン接種後の発症続く

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 6 月 4 日 口蹄疫とケーススタディ(7)

ワクチン接種後の発症報告が続いています。

6月3日は265例目から269例目の5例が新たに報告されました。

265例目は新富町で、北東1キロの地点に昨日報告された256例目があるくらいで、ほかに東西南北1キロ以上、口蹄疫の発生農家はありません。

5月25日にワクチン接種は済んでいます。

どういう経路でウイルスが侵入してきたのが気になります。

266例目は高鍋町で、近くにワクチン接種後判明の222例目(5月28日)があるほかは、やはり東西南北1キロ以上、口蹄疫の発生農家はありません。

ここも5月25日にワクチン接種が済んでいますが、6月2日夕方、子牛が死亡し、飼養牛に口蹄疫特有の臨床症状が見られました。

267例目、268例目は川南町で、近くに発生農家があります。

267例目は15例目(5月2日判明)、66例目(5月10日判明)も近隣にある中、1か月を守り抜きました。

268例目も47例目(5月8日判明)、107例目(5月16日判明)が近隣です。

269例目は都農町で、243例目、244例目、257例目、262例目とワクチン接種後の発症報告が近隣で相次いでいます。

都農町では広域に汚染が進んでいることが推定されます。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▼昨日のコメントから

宮崎牛の種雄牛の実態は消えてしまいますが、精液や子孫や血統を絶やさず受け継ぐことは可能なのではないでしょうか。
これ以上拡大させて、経営的な被害者を食い止めることはやむを得ません。
政府批判もずれています。自分の家畜は自分で守る。宮崎県は畜産県で家畜の飼育密度が濃い。1軒が伝染病を発症させたら、周囲への被害拡大、病原ウィルス・細菌の完全浄化には時間がかかる。県内・周囲の農家と県で協議することが必要ではないでしょうか。種雄牛の保護が宮崎牛の保護になるか。種は残って生産者が滅びる事もありうる。
自己防衛のため決断が必要かと思います。
和牛を年に1回も食べられない人間の意見ですが、養鶏関係の経験があり、伝染病の怖さは知っているつもりです。特に法定伝染病を甘く見ることは危険かと思います。

コメントありがとうございます。
「これ以上拡大させて、経営的な被害者を食い止めることはやむを得ません。」
これ、おっしゃる意味がよくわかりません。
ワクチンを種雄牛にうつのをためらうな。ということでしょうか。
さまざまな意見が現場でもあるんだとわかりました。知事の意見がぶれるのは仕方のないことだろう。切羽詰った状況で、どの選択をするか、常に政治家は迫られている。判断を誤れば、損失ははかりしれない。底なし沼みたいな連鎖がまっている。

>県内・周囲の農家と県で協議することが必要ではないでしょうか。種雄牛の保護が宮崎牛の保護になるか。種は残って生産者が滅びる事もありうる。
自己防衛のため決断が必要かと思います。
和牛を年に1回も食べられない人間の意見ですが、養鶏関係の経験があり、伝染病の怖さは知っているつもりです。特に法定伝染病を甘く見ることは危険かと思います。

最後の一行が重たい。
たしかに、生かす案は、感情論に流されているような印象をあたえるぶん、甘くみえるのだろう。
が、はたして、そうだろうか。

「和牛たべたい」さんへ。
うちも和牛なんてそんなぜいたくなもの食べません。オーストラリアビーフの安いのをいただきます。で、今日、いきつけの肉やのおねえさん(おばさんか)がみえて、こういう話をきかせてくれました。関係ないのですが、政治のお話なのです。だから、どうか、きいてください。
アパートの二階に母子家庭の家族が住んでて、週末になると離婚したはずの父親がやってくる。偽装離婚だとおもう。母子加算とかいろいろ国からもらった上、こんどのこども手当てで四人分のこどものお手当てがもらえ、ってことはよ。それだけでもつきに十万円を越す大金が転がり込むってことよ。ちょっと、どうおもう?あたしなんて、昼も夜も働かなきゃ食べてゆけないってのに、和牛なんて食べられないってのに、その人たちは手当てが入る日、おすしとかとっているの。肉だって、ぜいたくな肉買っているのはそういう人ばかり。母子家庭とか生活保護で身体障害とか、そういう人たちがぜいたくをしているのって、どうしてこうもいやなんだろうなあっておもうよ。まじめにはたらくのが、いやになってくるから。

こういう話をしなければならない世の中は、つくづくいやだなあとおもいます。
どこか、中国など社会主義国の、つげぐちしゃかい、を連想するからです。監視社会を。

追伸。専門店にくやでの宮崎産、回避状況は、きいてみましたが、いまのところ、さほど影響はないそうです。むしろ、店の駐車場が狭くなった関係での売り上げ落ち込みが一割もあるらしく、そのぶん、パート職員の残業カットとなっているとのこと。そのことが、自分の首を自らしめることになっている。二万円の収入減が無駄な出費を抑えさせ、働く店でものを買わなくなった。そうです。

我々は戦争に負けたのであって、奴隷になったわけではない。
   ↓

http://www.youtube.com/watch?v=RntUs2gjM3g&feature=player_embedded

といった人は、シラスジローでした。
ユーチューブの動画、みました。
世界はいろいろあって、中には日本にたいへん感謝している国もある。
もちろん、その逆も。

« アングラ疫禍と官邸敗北              あべしげさんの書評から | トップページ | 山下家の庭 »

コメント

九州俳句誌をありがとうございます。

あの~・・バックナンバーに入ると固まるのは何故?
10回試しましたが(4月を)全部フリーズ・・

↑すみません。夜になったら入りました。。お騒がせしました。。

えめさん。九州俳句、ってかささぎの旗のカテゴリーでしたか。なーんだ。私もやってみましたが、固まりませんでした。でも、開いてびっくり。なんでこげなんが、こんなとこに?ってのが入ってた。なに考えているんだ、じぶんでもわからん時々。

ほんとに何度やってもしつこく固まるので、、(・・しつこいのは私(^_^;))
色んな事書いてるからなにかの見えない力でブロックされてるのかと色々想像していました(爆)
今日はありがたう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« アングラ疫禍と官邸敗北              あべしげさんの書評から | トップページ | 山下家の庭 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29