無料ブログはココログ

« パラグアイの看護・助産教育への技術協力 | トップページ | パラグアイの看護・助産教育(2)            小川正子氏の手記 »

2010年6月28日 (月)

久留米市国分の『古蔵』

がんのリンパ転移治療中の友ともう一人の幼馴染の三人で、初めての古蔵へ。
この日、ふたりはどちらも同じ医大へ検診に行った帰り。
いつも着物の友でもさすがに検診には洋服だった。
放射線治療で髪の毛がすべて落ちたらしい。
が、かつら着用にまったく気づかないくらいの自然さ。
これで三度目だね。元気になれて、よかったよかった。
わたしたちは、おいしい和洋折衷のランチを楽しみ、近況報告をして別れた。
おしまいに出た焼きおにぎりとお味噌汁がおいしかった。

写真は懐かしいうるし塗りの椀をソーサーにしたコーヒーカップ。
古蔵から出してきました、というかんじであちこち漆が剥げているのもいい。

« パラグアイの看護・助産教育への技術協力 | トップページ | パラグアイの看護・助産教育(2)            小川正子氏の手記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久留米市国分の『古蔵』:

« パラグアイの看護・助産教育への技術協力 | トップページ | パラグアイの看護・助産教育(2)            小川正子氏の手記 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29