無料ブログはココログ

« 神津呂伊利氏の投稿から思い出した、杉山洋先生の一文 | トップページ | 鴨なく声かも »

2010年6月12日 (土)

“ Empire  State  of  Mind ”

ファイル:Empire State Building Dec.2005.jpg

写真;ウィキペディアhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

“ Empire  State  of  Mind ”

  ジェイ・Z & アリシア・キーズ

(歌詞和訳)かささぎのお断り・・
どっかからかっさらってきましたが、どこだったか記憶にござんせん。
えろうすんません。
この訳文をよんで。
むかし読んだサンドバーグのシカゴ詩集を連想。まっすぐつながっている。やっほう。
しかも、前の警備会社で実質しゃちょうだった女ボスの愛車暦指すあじゃじゃトヨタレクサスが出てきているのがうれしい。日本人としては。

Yeah Yeah あのブルックリンを飛び出して
俺は今、トライベッカに住んでいる、デニーロの近所だよ
それでも永遠に、フッドの精神をわすれない
第2のシナトラ、「ここで勝ち上がれば、どこでも成功できる」
Yeah 俺はどこでも愛されている
かつてはハーレムで稼いでた
「元気にしてっか、ドミニカンの仲間たち」
ブロードウェイを上がっていけば、つきあたりにマクドナルドがあった
かつて現ナマを押さえていた場所が、ステイト通りの560番地
シモンズ(ケーキ屋さん)のある場所だ、そこのキッチンで
俺たちは“白いパウダー”を泡立てていた
クリーム色のレキサスに乗って、8丁目をゆっくり下っていった
BK(ブルックリン)出身で、ビッグ(テキサス)な俺ビギーの生まれ故郷、ベッドスタイを飛び出して
いまは「ビルボード」が俺の居場所、幼馴染も連れてきた
いまだにマイタイ(カクテル)が好物のタイ・ガイだ
こいつと一緒にNBAニックスやネッツの試合を観戦するんだ
観戦席はコートサイド、選手から「ハイ・ファイヴ」を受ける
ここまで近くで座ってると、審判が足をひっかけちまう
俺の態度でじゅうぶんあきらかだろう、俺の出身地は・・・

コンクリートのジャングル、ニューヨーク
夢が叶う場所、できないことなんて一つもない場所
だってここはニューヨーク
この街を踏めば、気分もブランニュー
ネオンがインスピレーションを与えてくれる
ニューヨークのために拍手喝采してくれ
ニューヨークへ、ギャングスタのおまえをウェルカム
一躍ホットな男に、仕立ててやるぜ!

ギャングスタのダチと、ブロンクスでヤンキースの試合を観戦してる
ヤンキースの選手以上に、ヤンキースキャップを有名にしてやった
俺の血は「紺色」だ、そこまでヤンキース好き
紺色(ブルー)って言っても、クリップ所属じゃないけどね
それでも俺が行く場所には、ギャングらしき連中がついてるけどね
「人種のるつぼ」へようこそ、ストリートコーナーでは塊を捌いてる
ヒップホップの生誕地、アフリカ・バンバータを感じさせる
イエロー・キャブ、「もぐり」のキャブ、1ドルキャブ(=バス/地下鉄)
異国人たちへ、「もっと集まってこいよ」
800万通りもの物語が紡ぎ出されるこの「裸の街」(ニューヨーク)で
どうやら連中の半分も成功をおさめられなくなっている、なんて哀れ
「スペシャル・エド」の掛言葉のように、「俺は勝ち上がってやった」
ジージーがレブロンとビジネスしてるなら
俺はドウェイン・ウェイトとひとつ、交わそうか
サイコロを3つ、転がしてペット、3カードでこっちの勝ち
毎年、勤労感謝の祝日(レイバー・デイ)パレードが開かれる場所
ボブ・マーリーへ、安らかにお眠りあれ
自由の女神、いつまでも末永く生き続けますように
貿易センター、いつまでも我々のこころに、生き続けますように
「ザ・キング」よ、いつまでも長く生き続けますように
「エンパイア・ステイト」が、俺の出身地、そこは、「エィィィィ」

コンクリートのジャングル、ニューヨーク
夢が叶う場所、できないことなんて一つもない場所
だってここはニューヨーク
この街を踏めば、気分もブランニュー
ネオンがインスピレーションを与えてくれる
ニューヨークのために拍手喝采してくれ

イケてるじゃないか、明るいネオン街へ、ようこそ
まばゆい明るさ、目移りしてるガールズたち、グラサンが必要だ
気づかぬうちに限界を越えてしまい、サイドラインへ倒れ込む
またもやこの街の犠牲が増えた、ネオンの光に飲み込まれてゆく
どんどん深みにハマってゆく、「リンゴ」をかじっちゃいけないよ
そして「イヴ」は群衆に巻き込まれてゆく、流行りのオシャレして
『ヴォーグ』雑誌のアナ・ウィンターに目をつけられ
露出が多めのデザイナー服を着せられる、ここが罪な街
あわれな彼女、「グッドなガール」が「バッド」となった
このシティーには、彼女のような人間があふれている
メトロバスに乗った一人の女性、男に口説かれ
今じゃあらゆる男に「乗り回されている」まるで彼女がバス路線かのごとく
こんなシティーへ、「アベマリア」
ヴァージンの女の子にも、神の救いがとどかない場所
「ほんとの人生がスタートするのは、教会を出たあとだ」
この街の学校に引っ越してきた学生卒業して、派手な人生を歩むこととなった
バスケ選手、ラップスター、スポットライトに明け暮れる日々
MDMA(エクスタシー)を感じて、自分を勝者だと勘違いし始める
「眠らない街」、睡眠薬(アンビエン)は如何かな

コンクリートのジャングル、ニューヨーク
夢が叶う場所、できないことなんて一つもない場所
だってここはニューヨーク
この街を踏めば、気分もブランニュー
ネオンがインスピレーションを与えてくれる
ニューヨークのために拍手喝采してくれ

ビッグ・シティーのために、片手を高く、かざしてくれ
街のネオン、大きな夢、すべてが光り輝いている
世界どこをさがしても、こんな街は見つからない
ライターをかざしてくれ、そしてみんなで、こう叫んでくれ

「あたし/おれの生まれは・・・」

コンクリートのジャングル、ニューヨーク
夢が叶う場所、できないことなんて一つもない場所
だってここはニューヨーク
この街を踏めば、気分もブランニュー
ネオンがインスピレーションを与えてくれる
ニューヨークのために拍手喝采してくれ

ここも参考にしてくんろ。
ここ→http://ameblo.jp/tj-m/entry-10437885310.html

動画のオフィシャルサイト↓

http://www.youtube.com/watch?v=0UjsXo9l6I8&feature=player_embedded

かささぎ家の受験生がjay-zのアルバムかってきて、勉強しながらきいてます。
その中で最も印象に刻まれる曲。アリシア、一度きいたら、わすれない。

« 神津呂伊利氏の投稿から思い出した、杉山洋先生の一文 | トップページ | 鴨なく声かも »

コメント

アヴェマリアが出てきてますね。
ジャンヌダルクさんが書かれた小説ザヴァイオリンの主役のバイオリンの名がアベマリアといいます。
エンパイアステイトオブマインドを聞くと、かささぎはなぜか布袋寅康とリップすら医務の「battle funkastic」を思い出す。歌声と演奏との平行線にみえて絡まってくる競演、歌詞の持つ気取らない雑多な現代性にひきだされる、元気出せや的人生の応援歌で、現実をひたすら肯定し鼓舞してくれます。ほていさん&リップすら医務のファン科スティック↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “ Empire  State  of  Mind ”:

« 神津呂伊利氏の投稿から思い出した、杉山洋先生の一文 | トップページ | 鴨なく声かも »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31