無料ブログはココログ

« 初夏の課題句受付中。 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(38)         地域密着型特定施設での生活介護費算定 »

2010年5月 8日 (土)

ムカデと青虫

むかでとあおむし、で変換すると、見出しの字になった。

きのうは患者さんが多くてとても忙しかった。
暑かったので、洗濯物は二時間で乾いた。

新患さんの保険証をみてカルテを作っている途中、治療の機械が終了の合図をするのに飛んでいく、その往復を何度かしていると、横で治療されている先生が「ほら、そこムカデ!さっきからうろうろしてる。ティッシュでつかんで殺して」と指示された。

えっとびっくりしてみるけど、いない。
「一センチほどだから、ほらそのちいさなの。」

黒いごみがカーペットの上を這っていた!

いわれたとおりにしてゴミ箱へすてた。
ただし殺せなかった。

去年大きなムカデにさされたっけなあ。

診療台の上で揉まれていた患者さんが、「一匹いればもう一匹は必ずいるといいますよね」。

午後六時半すぎるとトイレの掃除をしてゴミ箱三つの中身を外の箱に捨てる。
さいごのゴミ箱をひっくりかえしたら、青いガムがくっついて離れない。
しようがないので、指でつまむ。ドッヒャーあおむし!!

お花をたくさん飾っている、そのどれかにくっついてきたらしく。
はなくずが青虫一つつれてくる。
これもつぶすのはやめ、そのまま紙でつまんで外の箱にいれた。
いっておくが、命が大事だからではない。
つぶすのがきもちわるかっただけだ。

(夜の脱出劇をおもう。ムカデと青虫、手に手をくんで。)

« 初夏の課題句受付中。 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(38)         地域密着型特定施設での生活介護費算定 »

コメント

このまえ、裏庭の草を引いてたら、シミンケンを与えて増徴しすぎた「ヘビイチゴ」の叢から、そりゃあデカいムカデが一匹這い出してきた。悲鳴を上げるより先に、手が出た。もちろん、素手ではないわよ。そこまでたくましくはない。手に持っていた、草取り釜でこっぱみじんにしてやったわさ。根性じゃろ?淑女のわたくし。笑

seikoさん、農家の嫁はそんくらいの根性はないといかんです。
あっぱれ!

ひい~おっそろし~
とかげみたいに切っても切っても復元してかいふくして増えるっちゃないとね。
かかわりあいにならんほうがよかよね。むかで。
めがあわんようにしよう。
あわんか。とかげとはちがうね。

今日アクセス、エッと言うほど多い
幻の命になんと200人近く

なぜだなぜだ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムカデと青虫:

« 初夏の課題句受付中。 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(38)         地域密着型特定施設での生活介護費算定 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31