無料ブログはココログ

« 朱儒の言葉 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(34)      介護保険の地域密着型サービスとは »

2010年5月 3日 (月)

乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(33)       要支援1・2の介護保険サービス

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 5 月 3 日 診療報酬と介護報酬(33)

要支援1・2の利用者への介護保険サービスについて解説します。

要支援の認定を受けた人が要介護状態になることを予防するため、現状維持あるいは機能向上のための訓練を行うサービスで、介護予防サービスと総称されます。

介護予防サービスは、市町村の高齢者総合相談窓口(地域包括支援センター)で利用したいサービス内容や回数、費用などを相談(無料)し、利用プランを作成(無料)してもらいます。

サービスの利用には、1割の自己負担と食費などの負担があります。

介護予防訪問介護、介護予防訪問入浴介護、介護予防訪問看護、介護予防訪問リハビリテーション、介護予防居宅療養管理指導、介護予防通所介護、介護予防通所リハビリテーション、介護予防短期入所生活介護、介護予防短期入所療養介護、介護予防特定施設入居者生活介護、介護予防福祉用具貸与、介護予防支援と、要介護者の居宅介護支援メニューのほとんどが介護予防サービスとして提供されます。

要支援者の支給限度基準額は要介護者の数分の1ですが、介護予防サービスの単価は介護サービスより低く設定されていますので、ある程度充実した利用プランを作成することができます。

施設サービスはありませんが、有料老人ホームや在宅介護対応型経費老人ホームに入居して居宅サービスを利用することができます。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』)

« 朱儒の言葉 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(34)      介護保険の地域密着型サービスとは »

コメント

要支援1に該当している父に公的サービスを受けてほしい嫁であります。母がデイサービスに出かけても、父が家にいれば、この嫁どこにも行けないんだわー。泣
頭がしっかりしている父にどういって公的サービスを受けさせるべきか。この嫁、みたび知恵をしぼらなあきまへん。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朱儒の言葉 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(34)      介護保険の地域密着型サービスとは »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29