無料ブログはココログ

« 八女農業高校のきれいな畑 | トップページ | key of heaven »

2010年5月19日 (水)

口蹄疫の拡大阻止

保険医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 5 月 19 日 口蹄疫の拡大阻止

宮崎県の口蹄疫に終息の兆しが見られません。

この事態にどう対処したらよいものか、関係者は途方に暮れています。

予算と人員が無制限であればいいのですが、現実は、限られています。

被害が拡大しないように、まだ被害が及んでいない地域では水際対策が強化されています。

しかし、このまま被害が広がれば、水際対策に費やされるエネルギー(予算と人員)は際限なく拡大してゆくことでしょう。

感染症対策は、限りあるエネルギーをどう配分するか、という視点が必要です。

限られた人がウィルスを口から排出している時、全国民にマスクを着用させて感染連鎖を断つより、ウィルスを排出している限られた人にマスクを着用させて感染連鎖を断つほうが少ないエネルギーで、より早く流行を終息させることができます。

これを「感染源対策」といい、感染症対策で最もエネルギーを集中させるべきポイントです

かつて日本人の死因のトップだった結核は、「感染源」を発見して確実に治療することを繰り返すことで短期間で激減させることができました。

SARSも、対策のエネルギーを感染源へ集中することで終息させることができました。

口蹄疫の場合、感染源の発見、殺処分、発生地消毒が感染源対策です。

宮崎県において、感染源の発見は着実に行われています。

本日までに131の感染源が発見されました。

今後も増えてゆくと思われますが、見逃しはないでしょう。

殺処分は、現場の不眠不休の努力により、約半数の感染源に対して行われました。

残り半分の殺処分と消毒が完了し、新たに発見された感染源に対しても着実に実行することができれば、短期間で終息に向かうはずです。

10年前の数十倍とはいえ、感染源が無限に広がっているわけではありません。

殺処分の人員や埋却場所の確保の問題で手間取っているのであれば、超法規的措置であれ何であれ、ここに対策を集中して感染源対策を加速させるべきでしょう。

なお、ワクチンの使用も有効な感染症対策ですが、感染源対策ではありません。

ワクチンを使用すると感染源の発見がしにくくなります。

かつて結核の感染の発見にはツ反検査が有効でしたが、BCG予防接種が普及した後は、感染による陽性反応かワクチンによるものかの区別がつかなくなりました。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』)

コメント

匿名希望のお方、かささぎの旗、臥してお礼を申し上げます。
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-7be2.html)→「
テレビ、新聞嘘だらけ!」さん。
火のないところに煙はたたない。
にしても、創価学会。またですか。
できるなら避けて通りたいんだが。
乙の骨を一つもらったものだから。
しかたない運命なのかもしれない。

今日のまなび、よくわかりました。
抗体をもつ牛は潜在的なキャリアとなる。と。
この『一言の非情さ』。
10年前の口蹄疫の場合の、速やかで見事な処理の一部始終を簡潔にまとめられた記事をよみました。それをよんでいるうち、ぎょ。
抗体をもっても良い牛とはみなされず、なんと殺処分ではないですか。あまりにも無慈悲な。だけど、潜在的なキャリアになるのであれば・・・。
これだけ被害がひろがると、潜在的なキャリアがたくさんいて、検査すらおぼつかない、まかせない。かささぎみたいな素人あたまでもおもいつくことだ。
今政府がやるべきことは、国家非常事態宣言をして、日本中から獣医と検査技師を集め、現地に派遣し、やるべきことを済ませることなんではないでしょうか。そのためにまずやるべきは、隠蔽をやめ真実を白日のもとにさらし、患部をあらわにすることだ。
かささぎ、2チャンネルとか、激震ネットとか、あんまりつながりたくなかった。しんぞうによくない。ういるすもおおいし。このさきがおもいやられる。
最後はぼやきでした。

今日の報道。
読売新聞:宮崎県が口蹄疫発生見逃し
(記事要約)
県家畜保健衛生所に「水牛が発熱している。牛乳の出も悪い」という連絡(3月31日)。
口蹄疫の可能性を疑うことなく、通常の風邪の検査。
口の中がただれた牛が1頭見つかった(4月9日)。
20日に「最初の感染事例」として発表。
最初の水牛についても22日に血液の遺伝子検査を行った結果、ようやく23日に口蹄疫の感染疑いが判明したが、この時点で既に5例の感染(疑い含む)が発覚していた。
口蹄疫の検査結果は通常、1日か2日で判明するため、もし3月末の段階で実施していれば4月初旬には拡散防止対策がとれたとみられる。
口蹄疫に詳しい後藤義孝・宮崎大教授(家畜微生物学)は「県が3月の時点で徹底した消毒などの対策を取っていれば、ここまで感染は広がっていなかった可能性がある」と指摘している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎日新聞:3月には感染 被害1市4町に 初動遅れに不満
(記事前半要約)
口内がただれた牛1頭が見つかった(4月9日)。
県は獣医を派遣したが、症状は軽く、他に症状のある牛もいなかったことから、口蹄疫とは考えにくいとして「経過観察」とされた。
他の牛にも症状が出始めた(16日)。
検査の結果、経過観察していた牛を1例目と確認。
農水省職員は「1例だけで、見抜けなくても仕方なかった」と同情するが、対策がとられないまま10日以上が経過し、初期の封じ込めに失敗した。
別の農場で3月、水牛に風邪のような症状が出た。
農場側は風邪と判断したが、検体を採取して保存。
口蹄疫が問題化した4月になって分析したところ、陽性と判明し、6例目の感染確認例となった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎県の初動に問題なしとはいえないかもしれませんが、宮崎県が「見逃し」たのが決定的な問題だとする読売新聞の報道姿勢には問題があると思います。
宮崎県は、検体を保存したり、しっかり経過を観察したりと、決して「見逃し」の対応ではありません。
2000年の時も、宮崎市の獣医師が口蹄疫を疑ったのは3月12日で農林水産省への通報は21日でしたので、疑ってから初動まで9日間を要しています。
報道機関には、むしろ通報を受けた後の国の対応を検証すべきだと思います。

15日、民主党公認で岐阜から出馬予定の現職の後援会事務所開きが岐阜市で行われ、赤松農水相が応援に駆け付けたのだそうです。
こんな時に・・・
あなたの給料は国民の税金です。
返せ!

30万アクセス突破とのこと。
想像を絶するすごい数ですが、
アクセス3回につき1頭の牛・豚の殺処分と換算すると、これまた想像を絶しますね。

火曜日 母様と叔母一人連れ院に来てます
雨降って来ました
今朝はゲゲゲ見ずに鳥越さんの出られるニュースを見た
一応ぼかしながらも報じてた
しかし

10年前との比較の労作がありました。
   ↓

http://anond.hatelabo.jp/20100511231152

投稿: 元官僚 | 2010年5月18日 (火) 11時07分

これも秀逸
   ↓

http://anond.hatelabo.jp/20100510214137

投稿: 元官僚 | 2010年5月18日 (火) 11時11分

昼に院でテレビをつけたら、ちょうど赤松農水相が、わたしはわるくない。といっておられるところだった。(!)
未曾有の非常事態に、そのトップがいうべきことばだろうか。すべて私の不徳のいたすところです。かくなる上は宮崎へ飛んで陣頭指揮をとり、終息まで帰りません。と土下座してわびるのが筋なのに、そうはしないでよくもこんなせりふがいえたものです。(副農水相がそうなさるとか)
発症後一ヶ月、まんべんなくウイルスがいきわたった時点での対策本部立ち上げ。どう責任をとられるのでしょう。あのどろんとした首相の目をみていると、薄気味わるさしかうかばない。鵺みたい。

朝のニュースではイギリスでの例をひいて、イギリスでは過去とても痛い目にあったおかげで、二度目のこうていえき騒動では、首相自ら休みを切り上げて陣頭指揮、そのおかげで早めに終息した。と伝えていた。初動の遅れを指摘して、しかし、政権をきびしく難詰しないで次の話題へささっと移るのです。どうもなにかへん。鳥越俊太郎さんもなにもいわない。ちからがはいっていない。みな、遠い世界のできごとを扱う人たちの手つき、口ぶりでした。

宮崎県の初動に全責任を押し付ける報道姿勢が露骨です。
テレビインタビューで、宮崎県が最初の疑畜を経過観察にして何日も生かしていたからだ、と言い切ったお偉いさんがいて、それを結論みたいにして次のニュースへ。

全国の畜産家の皆さーん、これからは、牛や豚がちょっとでも熱を出したり下痢をしたりしたら、直ちに殺さないと責任がなすりつけられますよー。

« 八女農業高校のきれいな畑 | トップページ | key of heaven »

コメント

新聞・テレビの報道姿勢はともかくとして、「週刊誌」の静けさは何なのでしょう。
どういう裏事情があり得るでしょうか?

たとえば、17日発売の週刊現代
   ↓

今ニュースで ワクチン打って処分 と
これはどういう意味ですか
どうせ殺すなら 打たなくてもと 思えますが

感染源の殺処分に手間がかかっているのでやむを得ず、という判断のようです。
数十万頭に接種しないと狙った効果は出ないでしょうから、殺処分数が結果的に数倍に膨れあがってしまいます。
なお、えびの市周辺は、感染源対策が着々と進んでいますので、もう少し観察すれば終息が確認できそうな気もします。こちらもワクチンでしょうか?報道ではよくわかりませんでした。

御疑問への答え。
殺したほうが確実なのですが、埋却場所がないので殺すに殺せず、しからば殺すまでの時間稼ぎにワクチンでリスクを少しでも低めよう、ということだと思います。

きちきちばったさんの質問。ワクチンをうつ意味。
いつか学長が答えられたように、ウイルスをやわらげる。ってことなんでしょうね。いきりたつ暴れん坊ウイルスが体内にいつ入ってきてもいいように、温和なタイプのウイルスをあらかじめ注入しておき、いざという時に備える。で、こうていえきに罹患したときは、待ち受けていた温和な免疫が、こらこらすこしおとなしくしてなさい。って、なだめすかしてそのおそろしいまでの力を殺ぐ。
・・・そんなかんじかも。だけど、なんでその牛を豚を処分しなきゃいけないんだろ。性格、よいこみたいなのに。20万頭も!前のぶんとあわせたら30万頭を越しますよね。牛塚、豚塚を作って弔わねばなりませぬ。

政府の対策本部がようやく具体的な、大掛かりな対応策を打ち出しました。宮崎県の初動の遅れが取りざたされていますが、省庁への報告は4月23日にはなされています。このかささぎの旗で、元官僚さんや、学長取り巻きさんが国からの緊急指令がでないことについて指摘されたのが、5月連休のころでしたよね、たしか。

危機管理体制の検証を、と題して、慶応大学教授が「農林水産省の対応に関して、官僚が主体的に動きにくくなった影響があるのではと自民党が指摘している部分についても、慎重に検証すべき」というコメントを出しておられました。
わたしはこの検証の行方にも、民主党を支持したひとりとして、注目したいと思います。

一日も早い、口てい疫の終息をこころから祈りつつ。

セイコ。心のこもったあついコメントいつもありがとう。
マスコミはどうしたといま非難しまくってますが、はっと思い至るのは、中にいらっしゃるのは、わたしたちとおなじ心をもった人たちだってことです。
きっと、言うにいえない事情があって、それが阻害して、思うことが書けないんです。テレビでも追えないのです。その人たちのこころへむけて、ものを書こうとおもう。かささぎ慎重になる。パソコン生命がかかってるからです。固まるのはいやです。

かささぎさん
嚇されているのですか
どこかに何かいわれたのですか

だけど負けないでください
ぼくら草葉のかげからおうえんしてますんで
ちなみに
ぼくは『世界の終わり』の大ファンです
虹色の戦争、パーカッションの音が気になるけど
たいへんいい歌ですね
『幻の命』ふるえがくるほどいい
かささぎさんはぼくらとおなじって思うから
とくべつに
むいしきのせかいの住人たちがふえるということの
意味をおしえてあげましょう
それはね
無量寿ってことですよ

もう時間がありません。きちきちばったさん。どうもはじめまして。ってきのうからコメントくださってましたね。どなたでしょう?
わたしも世界の終わりがだいすきです。
ひとめですきになりました。じゃなかった、ラジオでちょこっときいただけで心奪われた。
んでearthかって聞きました。鼓舞される、なごまされる、いやされる。
じゃ、またおいでください。無量寿、むずかしいです↓

報道のどたばたがよくわかるニュース
~~~~~~~~~~~~~~~~~
「怒りに震えている、本当に。あり得るわけがない。(外遊に)行った人が職員含めて10名くらいいるのだから、そういう人たちに聞いても分かるし」(赤松広隆農水相)
赤松大臣の外遊を巡っては、19日夜、民主党の複数の幹部が、長期出張していたことは問題だという考えを示し、この間に大臣がゴルフをしていたと、明らかにしていました。
これについて赤松大臣は20日朝、このように全面的に否定した上、民主党幹部も、20日朝になって、大臣がゴルフをしていたという情報は「伝聞だった」などと発言し、具体的な根拠は無かったことを明らかにしました。
JNNでは、20日朝のニュースで、19日夜の民主党幹部の発言を報じましたが、発言に対する裏付け取材が不十分でした。お詫び致します。(20日11:12)
~~~~~~~~~~~~~~~~~
大臣が外遊する時には、通常、官僚が随行しますので、公務出張として非常識な行程については官僚が制止します。
私も、過去、何十回も公務出張しましたが、お偉いさんを同行団員としてお連れする時、ゴルフをしたいと要望されても、許したことはありません。
ハワイへ日米会議で出張しても、海岸の砂の一粒も、海の水の一滴も触れずじまいで帰国するというのが、公務員バッシングのここ二十数年来、普通のことですので、大臣がおっしゃる通り、「あり得るわけがない。」ことだと直感的に思いました。
ただ、政治家と官僚との力学が変われば、今後は「あり得ること」になるかもしれませんので、何らかのブレーキシステムを設ける必要があるかもしれません。

元官僚さんへ。
政治はよくわかりませんが、それでもお察し申し上げるのは、前政権党のとき経験したこうていえき対策課の官僚たちのつらいお気持ちです。
その方々には今回のこのざまの大本の原因がきっちりとみえているにちがいありません。ところで。
かささぎはさる宗教団体とはネット上でもつながりたくありません。理由はパソコンがフリーズして壊れそうになるからです。

『口蹄疫 週刊ポスト 水牛』の検索用語で、ここへおいでくださったかた、ありがとうございました。
おかげで、この記事とであえました。↓
しかし、報道では報じられない現地での畜産業者には常識の話っていうのが、あるようで、わたしが昨日直接きいた話では、あっと驚く内容でした。ひとつきも前にわかっていて、対策をうってた、っていうのですから。つまり、実際は二月か三月に症状がでていたってことになります。ああ、だれか真実をきっちりかいてくれないかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫の拡大阻止:

« 八女農業高校のきれいな畑 | トップページ | key of heaven »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31