無料ブログはココログ

« あかい花 | トップページ | 胡蝶蘭、つぼみつけてる! »

2010年5月28日 (金)

原子炉もあやめも濡れているところ  谷口慎也

原子炉もあやめも濡れているところ   谷口慎也

    九州俳句157号所収

みごとな俳諧である。久々に聞いた快音とどろくヒットである。
反原爆反原発エコロジーなどのキャンペーンとは一切きれたところで、どうよ。とばかりに勃つ。

かささぎは無視しようとしていたが、どうしても看過できぬ。
心の声に従い、一丁きちんと批評し、落とし前をつけたい。

原子炉。
原子力発電は、原子力で蒸気を発生させ、その蒸気の力で発電タービンを回して発電するものである。

あやめ。
いずれがあやめかかきつばた。といわれるくらい、昔から美人の形容詞として使われる植物である。網目模様がある。

原子炉もあやめも濡れているところ。
この「ところ」は切字であり、読みの多層性を強いる。
濡れている場所、か、濡れている進行形、か。
取り合わせの奇抜さで、読み手をあっと言わせる。

それは、深層でこの異質な素材をつなぐものが、エロスだからだ。
あやめも原子炉も旺んな生と性への渇仰に濡れているかのようで。

なんと大胆なことだろう
畏れ多い事ではないだろうか。
禁忌を犯す一歩手前でようやく平衡を保っている人のように。
狂気と紙一重の平常心のように。

被爆国の国民であるわたしたちにとって、原子炉ということばは、そんな重い想いをつきつける、何かである。
原子炉ということばに過激に反応すればするほど、あやめの紫が、たおやかな風情をみせて、匂い立つ。



こうしてこの一句は他の句を尻目に、忘れがたい刻印を残す。
まるで、ことばによって、内部被爆したように。

かささぎ、この谷口慎也なる大牟田のベテラン俳人を、もう俳句は卒業されたのかと思っていたのだが、この一句で、あらためて、その力量を見せ付けられた気がした。
おそれいった。

« あかい花 | トップページ | 胡蝶蘭、つぼみつけてる! »

コメント

すっきりと映像が浮かぶ一句だと思う。
エロスを感じ取るかどうかは別にして。笑

原子炉と言う無機質な物体と、そこに寄り添うように咲くあやめの対比。写生句なのかもしれないし、作者の作為的な取り合わせなのかもしれない。作為的なものなら、この作者の狙いは見事に当ってる。どちらにしても、読み手は、この一句から、日増しに生きにくくなる現代のなかの、断ち切ってはいけないせいしんを感じ取るべきでありましょう。

偶然なんですけど~今度三潴町の婦人会で~佐賀の原子力発電所の見学に行きます。
あやめが咲いているかどうか見てきます。
といっても行くのは7月ですから、あやめは咲いていないと思いますが・・・

こんばんは。せいちゃん、感想ありがとう。
エロスにこだわるかささぎです。笑。
だけど、原爆の句が大きなマイナスの遺産としたら、原子炉はその対極にあるものだと思うから。エネルギーを生み出す装置としての、もう一つの太陽にも匹敵する機械。かささぎは昔反原発運動していた、心情的に。だけど、日々電気をいっぱい使う、この矛盾にきづき、いまはひたすら感謝してる。
今日の新聞開いたら、ちょうど谷口先生の俳句月評が載っていましたね。むかしは反発ばかり感じていたけど、今ならわかる。年をとるって無駄なちからが落ちていく、その途上でありますなあ。
途上。はるふうえい。
half wayって映画を昨日みたんですが、原子炉は常にはるふうえい。いきつくところがない。進行形でありつづける。ハーフウェイ、道半ば。思春期の、高校生から大学生になる途上の男女のさわやかな出発を描く。(先輩役でちょっと出る大沢たかお、出色!)と・・・関係ないっすか。
いや、関係ある。

ぼん。原子力発電所、みたことないです。
いいなあ。私も行ってみたいよ。報告、写真つきでやってね。待ってます。

第5回「いのちと献血俳句コンテスト」作品募集
(募集中 9月30日24:00まで)
献血普及の推進、および主に若年層に対する献血への理解促進を目的としています。
いのちの尊さ、愛、友情、助け合い、感動などについて思うこと、感じたことを俳句で表現してください。必ずしも「献血」という言葉を使う必要はありません。
有季定型とし、季節(春・夏・秋・冬・新年)を明記してください。
選者は黛まどかさん( http://madoka575.co.jp )
表彰式は11月13日(土)に東京都内ホテルにて
ネット応募は http://www.ken-haiku2010.jp/

第4回の応募は30万句だったらしい。
どうやって選句するのでしょうか。

スタッフが下選。
まどかさんは精選をなさるのだろう。

交通事故<たからくじ<いのちと献血俳句コンテスト(この順かい。あたる確率はよ。)
▼かささぎ詠「血汁三滴」
惑星のリストカットや滴りや
日向夏すつぱし今更けんけつなど
売血や西日の中のひだる神

谷口 原子力
385,000件中1位

これ、おかしい
谷口というのは原子力絡みの有名なお方らしい

その人の記事より、谷口慎也の俳句の解説のほうが先にでるおかしさ

今この句がリアルにぐさっときました。

うん。谷口しんや、やるよね。
さすがに、じょうずです。
すばらしい芸ですな。なんと表現しようもないくらい。
このレベルまで到達するには、ざっといかんでっしょうね。

谷口慎也

検索3位

1位↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原子炉もあやめも濡れているところ  谷口慎也:

« あかい花 | トップページ | 胡蝶蘭、つぼみつけてる! »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29