無料ブログはココログ

« 口蹄疫、緊急アクセス解析の2 | トップページ | らんちゃんの着物 »

2010年5月20日 (木)

口蹄疫の正しい知識(4)ワクチン接種の功罪  

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 5 月 20 日 口蹄疫の正しい知識(4)

口蹄疫ワクチンについての情報です。

口蹄疫にはワクチンがあり、我が国にも備蓄されています。

このワクチンは、国が必要と判断した場合にのみ、指示によって使用することができます。

ワクチンのおかげで、ヨーロッパでは、1965年からの10年で、年間約3万頭の発生が1000頭に減少しています。

殺処分と移動制限による方法のみでは蔓延が阻止できない場合は、ワクチンを使用するしかありません。

しかしこのワクチンは、発症の抑制に効果はありますが、感染を完全に防御することはできません。

ワクチンを使用すると、抗体陽性が、ワクチンによるものか感染によるものかの判断がつきにくくなります。

したがって、ワクチンを使用せずに殺処分だけで口蹄疫ウイルスを地域から排除し清浄化した場合に比べ、ワクチンを使用すると清浄化の証明に長期を要することになります。

ワクチンを接種された家畜がすべていなくなるまでは、抗体陽性の家畜が存在するため、清浄化が証明できません。

我が国には、口蹄疫清浄国の立場を保てなければ畜産物の国際競争力が維持できないという現実があります。

早期に清浄化を証明するためには、ワクチンを接種した家畜をすべて殺処分しなければならないことになります。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』)

▼かささぎの独り言

それではワクチンとは何なのか。ということなんです。
かささぎ頭にはわかりません。

ワクチンはその人や動物の命を救うために接種するものでしょう。

それなのに、なぜ殺すのですか。逆じゃないですか。
考えてもみてください。これがもし、自分の子供だったらと。

いえ、これまで学長の口蹄疫講座受けてきたので、「それは、接種された牛は潜在的なキャリアとなるからだ」という理屈を知っている。
でも、どうしても頭が感情が、わかろうとしません。

※これまでの口蹄疫についてのかささぎの旗全記事

1最初の口蹄疫コメント『地球は一つ、あるいは世界の終わり談義』http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-794b.html5.11

2口蹄疫とimagin http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/imagin-0429.html5・12

3口蹄疫、報道規制やってる場合かっ!http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-cc68.html5・13

4マスコミ各社の口蹄疫報道比較http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-3d07.html5・14

5口蹄疫ウイルスとは。http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-8d40.html5・14

口蹄疫の正しい知識(1http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-0f79.html5.15
7〃(2)http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-aec3.html5.16
8〃緊急アクセス解析
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-1096.html5.17

9〃(3)http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-7be2.html5.18

10口蹄疫の拡大阻止http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-66c2.html5・19

(政府の対策本部設置はここに初出からでも一週間近く過ぎていた。
どんなに地域の方々は悔しく辛いことだったろう。
牛たち豚たちは無駄に命を奪われ、国民は失政によって血税を奪われた。・・そして、それを一切追求、非難しない異常なマスコミ!
じつは、これが一番の恐るべき問題だ。
政権交代の前、こういう時代が来ると誰が思ってただろう。)

コメント

新聞・テレビの報道姿勢はともかくとして、「週刊誌」の静けさは何なのでしょう。
どういう裏事情があり得るでしょうか?

たとえば、17日発売の週刊現代
   ↓

http://online.wgen.jp/

今ニュースで ワクチン打って処分 と
これはどういう意味ですか
どうせ殺すなら 打たなくてもと 思えますが

感染源の殺処分に手間がかかっているのでやむを得ず、という判断のようです。
数十万頭に接種しないと狙った効果は出ないでしょうから、殺処分数が結果的に数倍に膨れあがってしまいます。
なお、えびの市周辺は、感染源対策が着々と進んでいますので、もう少し観察すれば終息が確認できそうな気もします。こちらもワクチンでしょうか?報道ではよくわかりませんでした。

御疑問への答え。
殺したほうが確実なのですが、埋却場所がないので殺すに殺せず、しからば殺すまでの時間稼ぎにワクチンでリスクを少しでも低めよう、ということだと思います。

きちきちばったさんの質問。ワクチンをうつ意味。
いつか学長が答えられたように、ウイルスをやわらげる。ってことなんでしょうね。いきりたつ暴れん坊ウイルスが体内にいつ入ってきてもいいように、温和なタイプのウイルスをあらかじめ注入しておき、いざという時に備える。で、こうていえきに罹患したときは、待ち受けていた温和な免疫が、こらこらすこしおとなしくしてなさい。って、なだめすかしてそのおそろしいまでの力を殺ぐ。
・・・そんなかんじかも。だけど、なんでその牛を豚を処分しなきゃいけないんだろ。ワクチンでせっかくプラスの価値にかえたのに。20万頭も!前のぶんとあわせたら30万頭を越しますよね。牛塚、豚塚を作って弔わねばなりませぬ。

政府の対策本部がようやく具体的な、大掛かりな対応策を打ち出しました。宮崎県の初動の遅れが取りざたされていますが、省庁への報告は4月23日にはなされています。このかささぎの旗で、元官僚さんや、学長取り巻きさんが国からの緊急指令がでないことについて指摘されたのが、5月連休のころでしたよね、たしか。

危機管理体制の検証を、と題して、慶応大学教授が「農林水産省の対応に関して、官僚が主体的に動きにくくなった影響があるのではと自民党が指摘している部分についても、慎重に検証すべき」というコメントを出しておられました。
わたしはこの検証の行方にも、民主党を支持したひとりとして、注目したいと思います。

一日も早い、口てい疫の終息をこころから祈りつつ。

« 口蹄疫、緊急アクセス解析の2 | トップページ | らんちゃんの着物 »

コメント

かなりお久しぶりです。
かささぎさんから連絡がありました。
何かに感けて遠ざかっていると、せっかく出来た御縁まで遠ざかってしまいますので心置きします。

この話題、まさに進行形で大変な問題です。
全ては人間と同じ動物として見るか食肉として捉えるかで対処方法が変わってくるところを冷静に判断しないといけませんね。

予防や対処法は既に話題にあがっていますので特に触れませんが、過去天変地異と疫病や飢饉等は密接に連動していますね。
太陽の黒点の周期も影響あるとされています。
長期的な予防策として、視野を拡げるて科学的に大きな因果関係も見なければならないのでしょうね。

うたまるさん、こんばんは。
らん&音彦結婚式が無事すみまして、カササギ的にはぽっかりとお空に雲がういている。まっしろな雲。
昼にこれに気づいて、「かまける」って感けるって書くんだな、はじめて知ったな。と思いました。
55年間も生きてきてはじめてしることってあるんだわ。集ると書いて集るって読むって知ったときみたいに。
では、よろしくお祝いの一句お願いします。

おはようございます。
私はFEPに頼りすぎて。。たまに筆記が必要でもおぼつかない状態です。
漢字も「呉音」と「漢音」があるとか仮名やカタカナはあるわで外国人からみると非常に難解な言語ですね。

口蹄疫 ワクチン 法律

一位

口蹄疫 ワクチン 汚染国

8位

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/34783584

この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫の正しい知識(4)ワクチン接種の功罪  :

« 口蹄疫、緊急アクセス解析の2 | トップページ | らんちゃんの着物 »

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28