無料ブログはココログ

« ガイコツくん、アイリスと。 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(41)        介護老人保健施設、従来型と療養型 »

2010年5月10日 (月)

バラと芍薬

芍薬はきんぽうげ科でした。
牡丹はボタン科。
石楠花はつつじ科。http://www11.ocn.ne.jp/~okuin/page2.html

« ガイコツくん、アイリスと。 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(41)        介護老人保健施設、従来型と療養型 »

コメント

きのうかなりつらかったから、院に行きました。カササギ、いなくて助かった。かなり悲鳴を上げましたから。体がどんどん壊れていく。あ~一人でどっかいきたい。
花、綺麗に咲いてましたね。見ていると心が穏やかになる。

うん、ぼんがきたんだとすぐ名簿をみてわかったよ。
雨がふったら少ないのですが、そうでもなかった。
先生はスポーツトレーナーの資格もお持ちで、スポーツ障害を直すのも得意とされます。ゆうせいこうこう、くるめこうこう、めいぜん、あのチェッカーズのフミヤさんがいってたとこなどのクラブに入っていて故障した子たちがほぼ毎日だれかきてます。
悲鳴やうめき声は、馴れっこになった。もともと薄情もんだし。脂汗と涙とよだれとうめき声って人もいるんだそうよ。いたみは本人にしかわからないけど、あの先生は柔術家だし、ほとんどの痛みを経験済みで、施術の痛みがどのくらい加わっているかは常にわかっておられると思う。
それでも又みえるのは、あとが軽くていいからだと患者さんがいってらした。
今日高齢の方に教えてあげられた訓練法、椅子にすわって、両方の足で何かものをはさんで、それに力を加えたり弱めたりする。両方の肢の内側の筋肉が鍛えられる。普段使わない部分がね。
あとは、蛍光灯の紐や鴨居などに風船をさげて、風船蹴りを毎日する、暇さえあればする。とか。
あたしがほしいな。って思っているのが、ボールです。それに乗れるの。バランスボールっていうのかな。あれ、ほしいけど。一万円近くしますからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バラと芍薬:

« ガイコツくん、アイリスと。 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(41)        介護老人保健施設、従来型と療養型 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31