無料ブログはココログ

« 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(42)介護療養型医療施設の介護報酬 | トップページ | 西日のさす窓 »

2010年5月12日 (水)

口蹄疫とimagine

コメント

宮崎県がたいへんなことに。
口蹄疫については、輸入稲わらや輸入肉が感染源となり得るため、口蹄疫発生地からの輸入が一時停止されたり条件付きで解除されたりと、行政的にはきめ細かな水際対策がなされてきました。
行政措置の意志決定については、その都度、農林水産省の審議会議事録で確認することができます。
関連審議会の近年の開催状況は次の通りです。
<食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会>
第10回(平成21年7月21日)(持ち回り審議)
第9回(平成20年9月26日)
第8回(平成20年4月18日)
第7回(平成19年8月24日)
<食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会牛豚等疾病小委員会>
第12回(平成22年5月6日)(宮崎県における口蹄疫発生に関する審議)
第11回(平成22年4月28日)(宮崎県における口蹄疫発生に関する審議)
第10回(平成22年4月20日)(宮崎県における口蹄疫発生に関する審議)
第9回(平成21年7月24日)
第8回(平成20年5月9日)
政権交代以降は、宮崎県危機まで一回も開催されていません。
何もなければ開催しなくてもいいのでしょうが、韓国や中国で口蹄疫が発生しているので、何もなかったということはありません。
政権交代直後の次のようなニュースが拾えました。
~~~~~~~~~~~~~~~~
【ソウル聯合ニュース】(2009年9月20日)
農林水産食品部は20日、2000年に口蹄疫(こうていえき)や豚インフルエンザなどの発生で中断された対日豚肉輸出を今月末から9年ぶりに再開すると明らかにした。(中略)同部関係者は、今回の輸出で、韓国・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)など対外市場開放で苦境にある養豚産業の安定発展基盤が設けられると評した。
~~~~~~~~~~~~~~~~
条件付き輸入再開の意志決定は平成21年7月24日の審議会小委員会でなされているので旧政権の判断ということになりますが、条件をきちんと守らせる責任は新体制にあります。熱処理加工など条件が遵守されていれば、この輸入再開と宮崎危機とは関係ないはずです。
他のニュースでは、宮崎県内の口蹄疫確認農家が中国産稲わらを使っていたことが判明。
「飼料用稲わらの輸入再開に当たっては、中国当局が取り組む管理強化に加え、日本側検査官による査察等の監視体制を強化することが適当」(家畜衛生部会第7回牛豚等疾病小委員会)
中国産稲わらの輸入条件にはウイルスを死滅させる加熱処理(湿熱80度以上で10分以上加熱処理)が入っていることから、これも条件が遵守されていれば宮崎危機とは関係ないはずですが、中国産稲わらには腐敗臭がするものがあるなど殺菌徹底が疑わしいという情報も流れています。
農林水産大臣が長い中南米外遊(4/30~5/8)から帰ってきました。
この国は大丈夫でしょうか?
   ↓

政権が中国を向いていようがいまいが、稲わらの流通について、官僚の姿勢は次の通りでした。
「畜産をめぐる情勢について  農林水産省生産局、消費・安全局」(平成21年2月)
○ 稲わらの生産量に対して飼料用への仕向けは約10%であり、飼料自給率の向上や口蹄疫問題等も考慮すれば、今後、すき込み、焼却されている国産稲わらの一層の飼料利用を推進することが重要。
○ 稲わらが不足する地域へ、稲わら生産地帯から広域流通により供給する体制を確立することが重要。このため、「国産粗飼料増産対策事業(粗飼料広域流通モデル確立)」により、地域に広域流通拠点の整備を新たに推進予定。
○ 九州における稲わら供給基地の整備
九州北部の水田地帯から収集した稲わらを圧縮梱包し、南九州を中心とした需要県への広域流通を促進するための調査や実証を全国農業協同組合連合会が久留米市を拠点に、平成18年10月より実施。」
「官僚主導」であれば、宮崎県の稲わらは久留米から安定供給され、危機は回避できていたかも。

Fire with the nuclear weapon has burnt only one earth.
The people of Hoshino watch the fire not to spread again.

こうていえきの見たこともないほど詳しい事実調査、ありがとうございました。
中国からの輸入稲わら。汚染されていた。
農林水産だいじんはなにしてたの。一週間もの外遊だなんて、立場わかってるの。
こうていえき、って牛だけですむのかな。
ほかのどうぶつにもうつらない。しんぱいですよね。

それから。核の火俳句、ありがとう。
十人にきけば十通りの英訳があるでしょう。
かささぎもやってみるね。へんでもなんでも。

乙四郎俳句の和訳。
核兵器の火がたった一つの地球をやいてしまったことがある。
星野びとは核の火が二度と広がらないようにと祈りを込めて見守っています。

かささぎの感想。これできちんとかささぎの意図する句の意味は伝わる。
だけど、これは英訳の文章だと感じる。俳句には風が通り抜ける隙間がないといけない。・・かささぎ、乙四郎の万分の一も英語わからないくせに、いうべきことはいうでしょう。けっ。
もうしわけない。ただただ横着、これが自分のとりえだから。

Be as one ,the world !
We are watching the Nuclear Fire of Hiroshima and Nagasaki
In the holy starsfield HOSHINO

小野洋子さんあたりにもいっちょう作ってもらいたい。
小野よーこ、小野一族なんだし、健吉とも元をたどればつながってるのではなかろうか。
そんなことはどげんでんよか。あたしは、Imagineを聴くと、さびのところの、りびんらいふぃんぴーしゅ、うううう。ってとこね、ここんとこ、こぶしまわしてるな。っておもうよ。ぜってえ演歌の影響うけてるって。レノンさん。あれもさいたらぶしそっくりだしね、いえろうさぶまりん。

官僚批判本で決まってダメな官僚として例にあがるのが外務官僚と農林水産官僚ですが、過去のNPT会議対応や口蹄疫対応を振り返る限りは、きっちりと日本の安全を守る仕事をやっていたことがわかります。
政治主導を唱えるのは結構だけど、官僚に仕事をさせてもらえないものでしょうか。日本人として切に望みます。政治主導だから不在中官僚に仕事をさせるな、と言い残して外遊に出かけた大臣もいるとかいう情報も流れています。

投稿: 元官僚 | 2010年5月11日 (火) 23時40分

« 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(42)介護療養型医療施設の介護報酬 | トップページ | 西日のさす窓 »

コメント

この映像をみてください。

このブログもよんでください。

せーこさん、お碗たくさんくださいな。
たえられんばい。
   ↓

これはひどすぎる。
涙がでた。

先日から、新聞を読みながら、早朝のうちの夫婦の話題はこれ一色でした。でも、ここまで悲惨な状況とは。想像を絶する状況です。
酪農家のかたたちの日々を思うと、つらくて眠れそうに無い。

このブログも読んでください。

不足している消毒薬を全国の酪農家が貴重な自分の分を宮崎に送り届けている、下のほうの記事、涙です。
みんなで協力して分け合ってる、日本人らしい姿です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫とimagine:

« 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(42)介護療養型医療施設の介護報酬 | トップページ | 西日のさす窓 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29