無料ブログはココログ

« 春のこども | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(15)        病院・診療所からの訪問看護診療報酬 »

2010年4月14日 (水)

久留米絣携帯入れ

久留米絣携帯入れ

« 春のこども | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(15)        病院・診療所からの訪問看護診療報酬 »

コメント

絣に赤い花が効いていますね。
絣の生地を沢山持っているので何か作ろうと思案中。その前に、結婚式に何か手作りのものを着ていこうかとも考えて、本を出したり入れたり。結局何も出来ないままです。買ったほうが早いとわかっているのですが・・・。

ああ、そういえばそうね。
ださいぞ。と思いつつつい買ってしまいました。
「かすり小町」のあるじのおじさんが2700円を2500円におまけしてくれた。でも高い!新古賀病院駐車場近く。筑邦銀行ビルを左へまっすぐ走って、とめてはいけない何もとまっていない駐車場の前。小さいお店なのでわからないかも。雰囲気がいちばん最初に八女で連句をやった八女サロン虹、のかんじ。笑。(車動かすとき、べったりはられていた、「駐車違反」って。たった三時間じゃん。しかも日曜でなーんもとまっらんかったとにこのどけち!!)
紐がついてるので、首からさげておかれる。重宝。運転中も携帯をカメラがわりにつかうから。
あーけっこんしきがあるねえ。一月きったぞ。
らんちゃん、おとひこさん、いそいそと、しかしながら妙にしんとした、神妙なきもちなんだろうな。
首を洗って待っているかんじかもね。はっはっは。

おはようございます。
高い駐車場代になったね。
その辺なら、の東側、高校の前に30分¥50のがあります。そこオススメよ(^_-)-☆

平成18年6月から民間法人(放置車両確認機関)の駐車監視員のビジネスとなっています。
民間の視点では「反則」は「販促」に思えてしまうので、反則摘発が増えているのではと思われます。
居宅介護支援事業所の介護支援専門員みたいですね。
ビジネスとみなすのが憚れる業務だけど、実績を上げないと民間法人として採算がとれない。結果、介護需要がどんどん増えている。
反則金は、要介護度に応じて、もとい、反則行為に応じて普通車の場合は次の通り。
放置駐車違反(駐停車禁止場所等)1万8千円
放置駐車違反(駐車禁止場所等) 1万5千円
駐停車違反(駐停車禁止場所等) 1万2千円
駐停車違反(駐車禁止場所等)  1万円
訪問入浴介護の料金に匹敵しますので、駐車違反はせずに、将来の入浴のために蓄えましょう。
警察出頭だと点数に響きますが、金融機関での反則金納付(後日、所有者宛に納付書が届きます)だと響きません。
前者は「運転者」の自首なので法に基づいて運転者を罰しなければなりません。
後者は「所有者」に対する罰金なので、運転者の免許には関係なし。
同じことやってるのに医療保険による訪問看護と介護保険による訪問看護との扱いが違うみたいなものです。
しかし、運転者の違反点数に相当するペナルティが、罰金以外に所有者に課せられます。
向こう6か月以内に3回、駐車違反をした時点で、その車が10日間の使用禁止になります。
必要な介護サービスに回数制限があるようなもの ・・・ 違うか。

えめさーん。やはりきますか。ドキドキ。
おさつさまから請求書。
天網粗にしてわれをもらしたまへ、あーめん。

乙四郎先生やけにおくわしいざますね。
追伸;
つぎのような場合はどうです。
べったりはられていた紙を、ふんなにさ。とべりっとひきはがして、帰ってきたといいますか、にげたといいますか、ずらかったといいますか。
なにもほかにははられていませんでしたけど、。
それでもナンバーを控えている卑怯なものがいて、あとで出頭とかいうてくるとでしょうかね?

ほうっ、乙先生は法学の方にもお詳しいんですね。なんかあったときは先生に相談しよーっと。
思えば昨年の今頃、スピード違反で罰金1万2千円。払いましたがな。一年間無事故無違反だったら点数は元に戻るといわれました。あれが何時だったか正確には覚えてませんが、あと少しの間ネズミ捕りや駐車違反に気をつけて安全運転で過ごします。
あ、安全運転はいつもです。

>民間の視点では「反則」は「販促」に思えてしまうので、反則摘発が増えているのではと思われます

確かに一理ある・・・けど、笑った。

ネズミ捕りといえば、あーた。私に苦いも経験がありまして。いつもの通勤道路からそれて買い物をしたばっかりに12000円の罰金を喰らった。このときどうしても買わねばならなかったのは、キャベツ。(この日のメニューがロールキャベツだったから)
フフン!この日のロールキャベツはめっぽう高価なものになったわよ。なんせ、12198円のキャベツじゃけんね。

「訪問看護 駐車違反 3回」 検索でここへおいでの方、お気の毒です。お察しいたします。血も涙もないですものね。どんないいわけもきいてはくれません。
このときは、結局なにもいってきませんでしたけど。

東京のさるお医者さんの話をします。今ふっと思い出しました。蕎麦で有名なお寺に仏像をみにいったとき、近くだからと先生を招いたところ、車でみえたんです。でも駐禁の地。先生は「往診中」と大書された紙を窓にはられ、すましたお顔で降りて見えました。これにはさすがだと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久留米絣携帯入れ:

« 春のこども | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(15)        病院・診療所からの訪問看護診療報酬 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31