無料ブログはココログ

« 『俳句界4月号』と『河童』石井竜也監督作品の宣伝 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(6)      訪問介護ー特殊な場合 »

2010年4月 5日 (月)

乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(5)          訪問介護サービスについて

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 4 月 5 日 診療報酬と介護報酬(5)

居宅サービスのうち訪問介護(ホームヘルプ)サービスについて解説します。

訪問介護は、訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)が自宅を訪問し、身体介護や生活援助などのサービスを行うものです。

身体介護は、入浴、排泄、食事など、利用者の身体に直接接触して行う介助とこれを行うために必要な準備や後始末、利用者の日常生活を営むのに必要な機能の向上等のための介助、専門的な援助です。

生活援助は、調理、掃除、洗濯、買い物などです。

単身の利用者、あるいは家族等と同居しているが家族等の障害、疾病等の理由で家事を行うことが困難な利用者で、生活援助を受けなければ日常生活を営むのに支障が生ずる場合に行われるサービスです。

訪問介護の介護給付費の単位数は次の通りです。

所要時間は、現に要した時間ではなく、訪問介護計画に位置付けられた内容の指定訪問介護を行うのに要する標準的な時間です。

イ 身体介護が中心である場合

(1) 所要時間30分未満の場合:254単位

(2) 所要時間30分以上1時間未満の場合:402単位

(3) 所要時間1時間以上の場合:584単位。所要時間が30分を増すごと83単位を加算。

(1)(2)の身体介護に引き続いて生活援助が中心の介護を行った場合は、30分ごとに83単位の加算(加算上限249単位)。

ロ 生活援助が中心である場合

(1) 所要時間30分以上1時間未満の場合:229単位

(2) 所要時間1時間以上の場合:291単位

ハ 通院等のための乗車又は降車の介助が中心である場合:100単位

通院等のため、訪問介護員等が、自らの運転する車両への乗車や降車の介助を行うとともに、乗車前や降車後の屋内外における移動等の介助や通院先、外出先での受診等の手続き、移動等の介助を行った場合に算定されます。

訪問介護サービスは、夜間(午後6時から午後10時まで)・早朝(午前6時から午前8時まで)には、所定単位数の25%の単位数が加算されます。

深夜(午後10時から午前6時まで)には、所定単位数の50%の単位数が加算されます。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』)

▼かささぎの独り言

きのうは村内(むらうち)のお花見でした。
とてもいいお天気で、かつてない美しい桜の花びらの散り掛かる中、三十名ほどの人間の大中小さまざまな命が飲み食いをしました。
わたくしはそのさくらの花のかたまりをぶんぶんと飛び回りながら、にんげんのこどもたちが、そうです、総勢十名ほどいましたか、ベビーカーにのったままの三ヶ月の赤ん坊もいれたそのほとんどが女の子であることにきづき、言い知れぬ不安をおぼえてしまいました。
ああ。地球温暖化は蜂であるわたくしにはわからぬことながら、メス化する地球というのは、おそろしいものでございます。ひたひたと、なにかがちかづいてくるあしおとをきくのでございます。

お花見人についてお宮のさくらにおまいりする途中、村大工のけんちゃんにあいました。いもうとはたちばなまちに嫁いでいます。(かささぎが月に一回食事会をする幼馴染ということでした。)年老いて少しぼけた母親と二人暮らしでしたが、とうとう母を山の介護施設に入れたよ。と、かささぎに話しているのがきこえました。

「一人死んで、空きがやっとできたから、入れた」。

そこはとても景色がよくて、安価、人気がたかいそう。
一月、十万円ほどかかる・・・。おりの稼ぎは今しごとのなかけん、年金だけではどうしようもなかとよ。どげんすうか。(母を介護する自分の)からだの楽になって、ほっとした。そりばってん、さびしかー。犬の二匹おるけど、ばあさんのいてくれらすほうがよかった。・・・
と、けんちゃんはかささぎに笑って話していました。
この大工さんはついにお嫁さんももらえず、このまま村に一人老いていくのでありましょう。家族思いのやさしい人です。わたくしの弟がこどものころ怪我をしたりしたら、このひとは幾度となく助けてくれました。にんげんだけにやさしいのではない、いきものすべてにやさしいのです。

そういうにんげんはひとりでいきていくしかないのでありましょう。
ところで。かささぎさんは父親ときていたようですが、父親があまり食べられず飲めもしないので、足元もよとよとしているから心配なので、これでお先にしつれいします・・・というて、自分も帰っていきましたよ。
ちょっとうれしそうにみえたのは気のせいだったでしょうか。

« 『俳句界4月号』と『河童』石井竜也監督作品の宣伝 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(6)      訪問介護ー特殊な場合 »

コメント

こっちはきのう、先祖まつりっちゅうやつがありました。両親の代理で出席。来年、輪番制のお世話役の代表なんだって。祖先がいっしょ、というわけじゃなくって、血縁関係のないお方もいらっしゃる。これって、どういう顔ぶれなんだろうといぶかしんでいたら、近所の長老が教えてくださった。例の「星の塚」に墓所があった家のあつまりなんだそうです。この地域には大きな墓所が三箇所あったそうで、それごとに先祖まつりが行なわれているんだって。日ごろ、あまり親交のない顔ぶれもあって、まこと、不思議なあつまりではありました。

へーえ。なんかどえらい伝奇ロマン大作がかけそうじゃな。星の塚殺人事件。こーらこら人をころしちゃいかん。おらんどらすけん、つれていってくる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『俳句界4月号』と『河童』石井竜也監督作品の宣伝 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(6)      訪問介護ー特殊な場合 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29