無料ブログはココログ

« 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(29)         短期入所療養介護 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(30)居宅扱いの有料老人ホーム »

2010年4月29日 (木)

『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』 2          吹越満、すご!

今夜も一人でみました。

いやあ面白かったです。
ことに黒木瞳の失職中の夫が妻の様子がおかしいので浮気をうたがうところ。
それから娘の告げ口でほんとうに行動に出た妻を色をなしておいかけてゆくところ。
表情がじつにすごい。失礼ながら笑ってしまった。すごかねえ。
みっともない役だけど、あまりに上手で、ぴたっと役にはまっていて、こころが手に取るようにみえ、胸をうつ。人の悲劇はこっけいなんだなあ。

それにしても、テレビ映像は残酷だ。
年齢の差が歴然。どんなにわかくみえても、黒木瞳は年上なんだな。
おひるの奥様ドラマに斉藤由貴がでていたとき、あまりに太っていて昔のイメージはなくなっていたんで、観る気がおきなかったが、これは、競演の黒木と好対照で、ずいぶん斉藤は得をしている。
清純な、そのくせやすやすと夫をうらぎる平凡な主婦より、不幸なシチュエーションの有閑マダムって役どころの斉藤のほうが、ドラマ性があって同情をひく。
若さっていうのは、常に比較でしか感じないものなんだね。

ということも、今回知った。

かささぎは小学校五年生のころから、おひるのおくさまドラマ、(昔は「よろめきドラマ」といっていました)が好きで、毎日ダッシュで帰っていました。細川俊之とかすきだった・・・なんとなく、それおもいだしました。

« 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(29)         短期入所療養介護 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(30)居宅扱いの有料老人ホーム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(29)         短期入所療養介護 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(30)居宅扱いの有料老人ホーム »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31