無料ブログはココログ

« 短歌行『百済色』、乙四郎学長の恋句。 | トップページ | 週の途中になんですが、今週のアクセス解析。 »

2010年3月31日 (水)

澤好摩句集よりこの十句

ものかげの長き授乳や日本海    澤 好摩

麦に尿(ま)る大日如来はるのくれ    〃

夕日絡めて蜜の壜より蜜の糸       〃


セーターを脱ぐとき昼の海の匂い     〃

木を跨ぐ木や虚空墜ちかかり       〃

凭るるは柱がよけれ妹よ          〃

裏窓の雪富士男のこころざし        〃

降る雪の湯船・馬槽(うまぶね)・水漬く舟  〃

秋冷の川波に来る海の波        〃

草萌えて水車に至る樋(とい)の水   〃
 

 現代俳句文庫64『澤 好摩句集』より引用
 ふらんす堂 2009年1月22日発行

一句目。このような一句が、おんなではなく、おとこの頭の中から生まれてきたことに、言い知れぬ感動を覚えた。

かれは、いったい、妻のことを詠んでいたのであろうか。
それとも、自分の母のことを詠んでいたのであろうか。

と、そんなことはどうでもよい。

句をよんでいるうち、かんかん照りの暑いひと日、木陰でいっとき遠くに海を見ながら、赤ん坊だった三人の子達へ、それから赤ん坊だった今はここにいっしょにいない夫へ、授乳している母のやさしいきもちになれる。
そんな深いふところの一句である。

追い書き(4月1日記す):

上記を勤めに出る前のわずかな時間で書いて、あとで思ったのだが、どうもこのよみは間違っているような気がした。
そんなふうに読んではいけないような気がした。

そんなのどかな授乳風景では全くなく、これは、映画の一部分のように読み、だれか知らないが生活に疲れたおんなが、考え事をしながら、うすぼんやりと放心状態の態で授乳をしている。あかんぼうはもうとっくに寝入っている。日本海のくらい海鳴りが陰性のイメージをつれてくる。ものかげは夏の木陰とは限らない。けれども日本の家屋独特の庇の深い、その下で、海の香りをどこかで嗅ぎながら、ではあるのだろう。映画をみるように、一句が立ち上がってくる。それがこの句であった。

コメント

>夕日絡めて蜜の壜より蜜の糸

昨夜、いただきものの蜂蜜の封を切ったばかり。
スプーンにねっとりと垂れる蜂蜜の情景をどうにか恋句にできないかしらと思った矢先でした。

夕陽を絡める蜜の糸。
これでじゅうぶんに恋句ですね。

« 短歌行『百済色』、乙四郎学長の恋句。 | トップページ | 週の途中になんですが、今週のアクセス解析。 »

コメント

>夕日絡めて蜜の壜より蜜の糸

昨夜、いただきものの蜂蜜の封を切ったばかり。
スプーンにねっとりと垂れる蜂蜜の情景をどうにか恋句にできないかしらと思った矢先でした。

夕陽を絡める密の糸。
これでじゅうぶんに恋句ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 澤好摩句集よりこの十句:

« 短歌行『百済色』、乙四郎学長の恋句。 | トップページ | 週の途中になんですが、今週のアクセス解析。 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29