無料ブログはココログ

« ルイボス茶 | トップページ | 杉山洋先生のこと1 »

2010年3月13日 (土)

平成22年度診療報酬改定(29)歯科医療        有床義歯調整管理料の新設ほか

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2010 年 3 月 13 日 平成22年度診療報酬改定(29)

歯科医療について患者の視点と生活の質に配慮した改定です。

歯科疾患や義歯(入れ歯)の管理に係る情報提供がより分かりやすく、かつ的確に行われるよう、算定要件が明確にされます。

引き下げ、引き上げ、要件変更がいくつもありますが、全体像はわかりやすくなりました。

歯科疾患管理料は、1回目1300円、2回目以降1100円が1100円に統一されます。

新製有床義歯管理料は、装着日から1月以内に2回まで千円が、1回限り1500円になります。

有床義歯調整管理料300円(月2回を限度)が新設されます。

歯科矯正管理料は3千円から2400円に引き下げられます。

また、難解な保険診療上の歯科用語が、患者からみてより分かりやすい用語に改められます。(補綴物維持管理料→クラウン・ブリッジ維持管理料、歯髄覆罩(ふくとう)→歯髄保護処置、非侵襲性歯髄覆罩→歯髄温存療法、床裏装→有床義歯内面適合法、楔状欠損→歯質くさび状欠損)

生活の質への配慮については次の改定がなされます。

1.歯科技工加算の新設

歯科医療機関内に常勤の歯科技工士を配置して、破損した有床義歯を預かった日から2日以内に修理を行った場合の有床義歯修理に係る加算1装置につき200円が新設されます。

2.小児義歯に関する療養の給付の適応症の拡大

後継永久歯が無く著しい言語障害及び咀嚼障害を伴う先天性無歯症以外の先天性疾患についても、脆弱な乳歯の早期喪失や崩壊等により総義歯又は局部義歯が必要となる場合があることから、小児義歯の適応症が拡大されます。

3.床(義歯)型口腔内補助装置に係る技術料の新設

脳血管障害や口腔腫瘍等による咀嚼機能障害等を有する患者に対して、舌接触状態等を変化させて咀嚼機能等の改善を図ることを目的として、口腔内の形態や空隙を考慮して製作された床(義歯)型の口腔内装置を装着した場合の評価が新設されます。

このほか、歯科については、歯科固有の技術について、重要度、難易度、必要時間等を参考とし、多数の技術が引き上げられたり引き下げられたりして大きく見直されています。

う蝕(虫歯)処置が160円から180円に引き上げられるなど、基本技術は総じてアップしている印象です。

歯科診療報酬体系の簡素化のため、歯科疾患管理料のうち基本的な医療行為は基本診療料に包括され、歯科初診料は1820円から2180円に、歯科再診料は400円から420円に引き上げられます。

歯科矯正診断料については、ニーズ実態に即し、施設基準や適応症が見直されます。

このほかデジタルエックス線撮影料、手術時歯根面レーザー応用(歯周外科手術時の明視下におけるレーザーを用いた歯石除去等)加算など、新規医療技術が評価されています。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』)

▼かささぎの独り言

今朝仕事に行く前にこれをコピペして走り読みした際、「ゆうしょうぎし」なる言葉が目に入る。有床?ベッドつき歯科医院ね。よほど重症なんだな。・・と思ったけど、どうも違うようです。普通の入れ歯のことですか。この場合の床ってのは、入れ歯の土台のことですね。まぎらわしいし、ことばが難しすぎる。
ゆうしょうぎしなんていわず普通に「台付き入れ歯」でいいんじゃないの。それじゃ、貧相にきこえる。はいはい、そうですか。

有床診療所に一泊して点滴を打ち、地球のからだにもどった宇宙植栽コンクール優勝技師に、かささぎはぴかぴかのおはぐろ有床義歯を作ってあげました。

と、遊んでいないで、なにか一言むりやり書こう。
コメントしぼりだし。

歯医者さんは田舎にも町にもたくさんあります。
ところが、入れ歯がかちっと合うように作ってくださる歯医者さんは、なかなか見つけるのが難しいらしくて。馬歯の母をみてると、どうも運と縁とタイミング頼みみたいです・・・。

歯ってお金もちと貧乏人をみわける一つの方法ですよね。
ゆとりのある人はインプラントできれいな歯をしてます。
だけど中には若くても歯がなかったりする人もいます。
かささぎは、かつておなじ職場でとっても気の毒な人たちをたくさん見ました。からだもですが、身の上も、これ以上が(これ以下が)あろうか。というほど、かわいそうな運命にある人たちでした。歯があちこちないままの人も多かった。笑ったら、それがわかるのです。
だけどね。神様は公平かもと思うのは、かれらがとっても明るくて幸せそうだったこと。気の毒とかんじるのはかささぎの自由だけど、それは偏見でしかなかったんですよね。


« ルイボス茶 | トップページ | 杉山洋先生のこと1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルイボス茶 | トップページ | 杉山洋先生のこと1 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29