無料ブログはココログ

« 平成22年度診療報酬改定(21)            認知症医療の推進 | トップページ | 今日のたまご »

2010年3月 5日 (金)

たまご生むひと

たまご生むひと

山下整子家の三羽いるにわとりの唯一のめんどり、天草大王の雌、あまこ。

「ふん、あたしがうんであげたわよ。なにか文句でもあんの?」

①天草大王とは:http://kumamoto.lin.gr.jp/tori/jidori3.html
暇のない方のために、要約いたします。

昔天草地方で飼われていた我が国最大級の地鶏。
昭和初期には絶滅していたのを、県農業研究センター畜産研究所*では、平成4年からこの幻の鶏の復元に取り組み、昨年*ようやく復元に成功しました。

②上記ではいつのことか、どの県なのかがかささぎ頭にはわからん。
そこで、さらに調べる。あった。研究員のブログ。くまもとか~!
あまくさって、なんで長崎じゃないのよ。
この意外さはいき・つしまが福岡じゃなくって長崎だって知った時以上だ。
http://kumamoto.lin.gr.jp/tori/jidori3.html
「肥後五鶏の復元並びに保存に関する研究」より
(平成14年1月 松崎正治(熊本県農業研究センター研究員))


この↑では、どうやって絶滅種を復活させたかが書かれています。

従いまして、①と②をあわせますと、天草大王とは、昔天草で飼われていたでかい鶏で、昭和初期に一度絶滅していたのを、熊本県農業研究センターでご苦労の末、平成14年に復活させたもの。となりまする。上記研究書から一言。

「天草大王は産卵率が悪い。」

« 平成22年度診療報酬改定(21)            認知症医療の推進 | トップページ | 今日のたまご »

コメント

ご紹介ありがとう。笑
これがうちの自慢の天草大王の雌、あまこ、です。
きょう、6個目の卵を産みました。

himeno目線の写真がめちゃくちゃ面白いです。

へぇー!6個も

そうなの?
ずっと天草生まれのにわとりちゃんだとばかり思ってた。
そうかそうか。そんな歴史をもったニワトリでありましたか。
たまご、ありがたくいただきます。
けさは目玉焼きの予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまご生むひと:

« 平成22年度診療報酬改定(21)            認知症医療の推進 | トップページ | 今日のたまご »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31