無料ブログはココログ

« さるをがせと『アバター』の杜の精と今日の発句案 | トップページ | みやま市清水山のさくら 2 »

2010年3月29日 (月)

みやま市清水山のさくら 1             短歌行『百済色』

寺伝によれば、大同元年唐から帰国後まもない最澄が一羽の雉の導きで清水の山中に分け入り、合歓の霊木を見出し、それで二体の千手観音像を刻み、一体はここみやま(三山)の地に、もう一体は京都の清水寺に安置したのが創建のいわれである。

きよみづの寺をそびらに花と海   恭子

この日、連句会の前にはみやま市栗の内地区のこうやの宮七支刀人形を、連句のあとには、ここ清水山の桜をみることができました。

保健医療経営大学連句興行第四回

短歌行 『百済色』の巻 

  時:平成22年3月28日(日)10時~14時50分
     於:保健医療経営大学

      姫野恭子・捌

麦青む風生む村は百済色     中山宙虫
  七支の刀 兵ののどけし   竹橋乙四郎
天中の月はいよいよ朧にて    八山呆夢
  丈をつづめる母の指先     姫野恭子

ウラ
つづら折の階段いくつ海に出る  山下整子
  開いてみたら告メールあり   青翠えめ
襖ごしかすかに聞こゆる雨の音  呆
  
渋きを知るも俵ぐみ喰み      乙
球形の夕日は代田に歪みをり    整
  歌碑ひとつある古寺の庭    呆
すっぽりと静寂午後の花でゐる     宙
  鰆の腸(わた)のやうな雲浮く   恭

ナオ
をさな子の方言愛しげんげ道     えめ
  牛乳パックの椅子が壊れる    呆
右利きの締めたネクタイ締め直し  虫
  棚卸にはいつも逢ってた      恭
ああ、むかしわたしは氷柱でありました 整
   見なきゃ分らぬ立体映画     乙
ひと吹きで宙に漕ぎ出す月の舟   えめ
   馬追鳴いて父の眉伸ぶ     宙

ナウ
軽々と荷を下ろしゆく渡り鳥      整
   交通整理輪番で立つ        呆
春寒し神籠の花を無慚(むぞう)がる 

   女雛男雛の酌み交わす宴   えめ

季語その他用語;
▼発句と脇句
みやま市の栗の内地区にある「こうやの宮」には七支刀を持った異国の兵士風の人形ほか五体の人形が祀られている。磯の上物部神社ともいうそうで、奈良の石上神宮の七支刀ともつながりがあるのであろうと思われている。
ここに、縁ありて、連句会亜の会一行は早朝より見学にゆく。
詳しいことは、山下整子のブログを開いてください。
ちゃんと写真もついています。

http://tanka-souko.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-fa84.html
この件に関してはいずれ又かくと思います。

天中の月;これがひっかかっています。といいますのも、天中といえば、すぐ浮かぶのが天中殺だから。天中は5月5日の真昼十二時のことともありますねえ。陰陽道にある用語でもあるのですね。ただし、これを出したぼんさんは、天の中にうく月は、というような軽い意味で使ったらしく。ほかには、天中には中華、中国という意味もあるそうです。

氷柱;つららと読めば、冬の季語。ひょうちゅうと読めば夏の季語。

俵ぐみ・・・たわらぐみ。苗代ぐみともいう。これです。http://www.kubikimochi.or.jp/blog/2008/06/post-544.html
なつかしい。俳諧でのぐみは普通、秋ぐみですが、筑後の私たちはぐみといえば、もっぱらこれでした。(しらべたら、なつぐみは別種です。ややこし。)

馬追;これです。虫嫌いな人、ひらくの注意!

http://www.insects.jp/kon-kirigiumaoi.htm

神籠の石;みやま市女山(ぞやま)の。http://www.educ.pref.fukuoka.lg.jp/bunka/cgi-bin/detail/detail.cgi?number=218
神籠の花;さて、どこにあるのでしょう。

亜の会、過去の短歌行作品『肢も飢えたり』;

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/6633/6513/4346785

« さるをがせと『アバター』の杜の精と今日の発句案 | トップページ | みやま市清水山のさくら 2 »

コメント

短歌行作品、アップしています。ご覧ください。
さばきは姫野でありますが、そこはほぼ同年齢集団、衆議判に近いです。たとえば、においの花句は姫野の没発句から出していますが、女山(ぞやま)の花が神籠(こうご)の花とかわってしまったのは、挙句に男、女のおひなさま=らんちゃんと音彦さんのお祝儀に見立てた=があって、さわるので、乙四郎先生の助言でこうなりました。
また、ウラの山下せいこ句、月句だったのですが、夕日の句になってしまったのは、なんと、ここは月はなく、花だけでした。8句だけしかない面には花だけでよかったのです!
短歌行は歌仙に準じるけれども、歌仙と違って、二花二月でありました。すみませんでした。
あとは、ぼんの金木駅のストーブ列車の句を強い句にかえました。どうか、おゆるしください。日常性のあるリアルな恋句がでたと思います。ぼん、色々と今回はありがとう。実体験ではないのがざんねん。

まとめの捌き、お疲れ様でした。
himenoの日常は文学なくしてはありえなく、時々垣間見える息子やご両親との生活で、そのギャップもまた日常なんだと再確認しております。

自分用の桜の句がなかなかできん。あれだけ桜に囲まれていながら。妖しいところを描きたいのですが、、、

差し替え用にだしてくれた恋句を花句に仕立て直せば。神祇句だったんで、とれなかった。

思った以上に自分はのめりこんでいる。と、あらためて思ったよ。インの世界に。

トラックバックありがとう!


>春寒し神籠の花を無慚(むぞう)がる 恭

いい花の句がでましたね。
「神籠の花」がことさらいい。
可愛がるということをこの辺では「むぞがる」というでしょ。
語源はこれ?「無慚(むぞう)がる」
へえ!でありました。

くわつかさんが以前教えて下さってました。
ところで。。。。。ねむいっす。

三句目、「天中の」がじつはわたしも気になる。
月は天にあるもの。それをことさら文字にするな。短歌の世界でも、たぶんそう批評されるでしょう。方位、もしくは高低、色合い、時間的なもの。ほかのなにかを指し示すものに変えるほうがいいのではないかと思うなあ。ぼん、どう思う?

中天に(なかぞらに) 
ではどう?

「に」ではおかしいね。
「中天の」か。

おはようっす

天中・・・どうしても天誅の方に意味がいってしまうよね。
同じ意味では「天上」というのがあります。これだと平凡すぎるしあたりまえだし。

かいまみる・・・ぐらいにしたらいいのかな

天中のままおいておこう。これ、すごく強い。
発句以上につよいかもしれない。しかし、このことばは中華思想がはいっている、っていうよりむしろ中華そのものの言葉であることがこれに目がいった理由でもあった。
おもて三句を深くよめば、深層でつながっていて、大陸と地続きだった古層の意識にまで達しているような気がする。みやま、有明海、しらぬひ、白日分の神、北原白秋のなまえそのものに陰陽五行思想があり、・・・ああ、またはてしなく脱線してゆく、だれかとめてくれ。笑
これ、天中がきになる、だから、天中がいい。
第三は発句脇から転じるきまり、しかし最も深い部分ではしっかり繋がっている。
これが日本の文化なんだろう。
そして、その最先端は、ここにあった。・・てことをはからずも実感した覚醒の短歌行でしたね。
ほかに、きづいたこと。
短歌行24句は短かった。

ブランドコピー時計N品激安通販店
当店は高品質ブランドコピーブランド時計専門通販サイトで御座います。
ロレックス偽物、オメガ ブランドコピー、ブライトリング ブランドコピー
パネライ ブランドコピー、ガガミラノ ブランドコピー、フランクミュラー ブランドコピー
オーデマピゲ ブランドコピー、ルイヴィトンレプリカ
シャネル 腕時計 コピー、モンクレール コピー、モンブラン 偽物
パテックフィリップ ブランドコピーなど世界有名なブランドコピー商品が満載!
その他の世界一流スーパーコピー https://www.cocoejp1.com/ProductDetail.aspx?Id=201907081243211046

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« さるをがせと『アバター』の杜の精と今日の発句案 | トップページ | みやま市清水山のさくら 2 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31