無料ブログはココログ

« 福本弘明句集 『SHOW BOAT』             この一句 | トップページ | 『朧大橋』  八女市老連広報42号より  »

2010年3月 7日 (日)

平成22年度診療報酬改定(23)             肝炎インターフェロン治療計画料7千円新設

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2010 年 3 月 7 日 平成22年度診療報酬改定(23)

肝炎治療の推進についての改定です。

平成20年度よりB型及びC型肝炎のインターフェロン治療に対する医療費助成が開始されましたが、副作用に対する不安や多忙であることを理由にインターフェロン治療を断念する患者が見られています。

肝炎のインターフェロン治療について、副作用の不安を解消するための詳細な説明や、長期間の通院が必要な患者の利便性に配慮した専門医とかかりつけ医との連携により治療を継続しやすくする取り組みが評価されます。

1.肝炎インターフェロン治療計画料の新設

肝炎治療の専門医療機関において、インターフェロン治療の計画を策定し、副作用等を含めた詳細な説明を行った場合の肝炎インターフェロン治療計画料7千円(1人につき1回)が新設されます。

施設基準は次の通りです。

(1) 専門的な知識を持つ医師による診断及び治療方針の決定が行われていること。

(2) インターフェロンなどの抗ウイルス療法を適切に実施できること。

(3) 肝がんの高危険群の同定と早期診断を適切に実施できること。

2.肝炎インターフェロン治療連携加算の新設

肝炎治療の専門医療機関の策定した治療計画に基づき、インターフェロン治療を行っている医療機関が計画策定病院に対して診療情報提供を行った場合の加算として肝炎インターフェロン治療連携加算500円(月1回まで)が新設されます。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』)

▼かささぎの独り言

営々と学長ブログ転載をしてきて感じてる目下最大の疑問。

医療クラークと、医師事務作業補助者と医療秘書と医療事務員とえーとまだ確かあった、まぎらわしいのですよねえ。似たようなのがたくさーんあって。それ、どう違うというのだろう、きちんとだれか説明してください。....
だーれも答えてくれない、自分で調べよう。

実際のその職人のブログを読んでみる。これが一番かも。
そのうち、その違いがわかってくる。

今日は早速、この人をえらんできました。
肩肘はらない、けど要点をきちっと抑えている。
そこ、だいじなことだとおもう。
「医師事務作業補助者のお仕事」
http://ishijimusagyohojo.seesaa.net/article/142448619.html#comment

« 福本弘明句集 『SHOW BOAT』             この一句 | トップページ | 『朧大橋』  八女市老連広報42号より  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福本弘明句集 『SHOW BOAT』             この一句 | トップページ | 『朧大橋』  八女市老連広報42号より  »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29