無料ブログはココログ

« 源稀典の書 | トップページ | 平成22年度診療報酬改定(35)            医療の安全のためになされるもの »

2010年3月18日 (木)

陽光さくら

陽光さくら

患者さんに名前をおしえてもらいました。

陽光桜は玄関などのせまいところにむいているそうです。
まっすぐ、枝を広げすぎることなく育つから。

« 源稀典の書 | トップページ | 平成22年度診療報酬改定(35)            医療の安全のためになされるもの »

コメント

今日は行けなくてごめんよ。
まもるから解放されて久しぶりの休みになった。膝はまだ少し痛むけれど、天神まで行ってきた。
西新商店街は高校生の頃、平和台競技場まで歩いて行っていたからなんとなく覚えていた。千鳥屋や時計店、本屋、かさ店など今も続いている店があって、迷わずに行けました。
大善寺まで戻って院に行こうとしたらガソリンランプがついていて、お金もたくさんは持って行ってなかったから止む無く家へ帰りました。
次の休みは22日。春分の日は開院ですか?

へーい。開院です。おいらの番です。
きておくれやす。熱々のルイボスティーを何杯でもサービスいたします。あ、さましてね。
まもるくんはだいじょうぶだったんだね。
きょう二ヶ月の赤ん坊を抱いたわかーい母親がきました。うちの次男と四歳しかちがわない!いすの上にころんとあかんぼをおいて、だいじょうぶ?はらはらしました。いまの紙おむつ、ずいぶんちっちゃく折りたためるのですねえ。時代差をかんじた。
きょうも高校生軍団が帰りがけにきて、三人ほどあとから見えた方たちが、院内をのぞいてあまりに多いので、またきますって帰られました。気の毒でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽光さくら:

« 源稀典の書 | トップページ | 平成22年度診療報酬改定(35)            医療の安全のためになされるもの »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31