無料ブログはココログ

« 春風やおおきくまるく石を組む | トップページ | かささぎの影のゆらめく春彼岸 »

2010年3月11日 (木)

老椿星野椿は玉鋼

題の一句、星野椿といえば、高浜虚子の孫娘にあたる恐れ多い俳人です。
それをこんなふうに茶化してもいいのでしょうか。

いいのです。有名人は茶かしてなんぼなんだから。

それに、これはほめている句ですからね。

玉椿の一句、椿先生、おぼえておられますか。
おじいさまのみごとに達筆な手蹟は、あまりにもちんぷんかんぷんで、だれも読めませんでしたよね。
解読までに数ヶ月かかった。

玉椿吹矢当りて日数かな  高浜虚子

意味がわからない人は、姫野恭子著『石橋秀野ノート』を買って読んでください。
石橋秀野、旧姓藪秀野の文化学院卒業アルバムに虚子が寄せた一句。

玉椿。たまのように美しい椿。
玉鋼。たまはがね。と読みます。星野椿先生。もしや、あなたは、星野一族では?

« 春風やおおきくまるく石を組む | トップページ | かささぎの影のゆらめく春彼岸 »

コメント

ひ~~~ごめんなさいごめんなさい。

星野椿検索144万件中6位・・・

ぜってえ見てるよね。怒るよねえ。

鋼鉄のおんな。だれを連想しますか。
サッチャーさん、ヒラリーさん。
んで、星野椿さん。・・・
どこらへんが?(さあ・・)王国を守り抜くところが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老椿星野椿は玉鋼:

« 春風やおおきくまるく石を組む | トップページ | かささぎの影のゆらめく春彼岸 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31