無料ブログはココログ

« 陽光さくら | トップページ | 筑後に残る源平合戦の跡とうじかばねの民 »

2010年3月19日 (金)

平成22年度診療報酬改定(35)            医療の安全のためになされるもの

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2010 年 3 月 19 日 平成22年度診療報酬改定(35)

医療安全対策の推進についての改定です。

1.医療安全対策加算の充実

医療安全対策については、医療の高度化、複雑化、患者の高まるニーズに対応するため、医療安全対策加算500円(入院初日)が、医療安全対策に係る適切な研修を修了した専任の看護師、薬剤師その他の医療有資格者が配置されていることなどを算定要件として850円に引き上げられます。

また、より多くの病院において医療安全対策を推進する観点から、要件を緩和した評価(350円)が新設されます。

感染症の専門的な知識を有する医療関係職種から構成されるチームによる病棟回診や、抗生剤の適正使用の指導・管理等の感染防止対策の取組に対しては、感染防止対策加算1000円(入院初日)が新設されます。

2.医薬品安全性情報等の管理体制の充実

医療機関における医薬品安全性情報等の管理体制の更なる充実を図るため、医薬品情報管理室において更に質の高い医薬品安全性情報等の管理を行っている場合に、医薬品安全性情報等管理体制加算500円(薬剤管理指導料の初回算定時)が新設されます。

3.医療機器安全管理料の充実

医療機器の安全使用を推進するため、医療機器安全管理料が引き上げられます。

医療機器安全管理料1 500円→1000円

医療機器安全管理料2 10000円→11000円

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』)

« 陽光さくら | トップページ | 筑後に残る源平合戦の跡とうじかばねの民 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陽光さくら | トップページ | 筑後に残る源平合戦の跡とうじかばねの民 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29