無料ブログはココログ

« 滝沢馬琴の住居跡  さくらさんのレポートより | トップページ | 八女灯篭人形の祖・松延貫嵐と久留米藩主有馬頼徸 »

2010年3月12日 (金)

平成22年度診療報酬改定(28)          障害者歯科医療連携加算の新設など

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2010 年 3 月 12 日 平成22年度診療報酬改定(28)

歯科医療については、全般的に充実した改定となっています。

重点は障害者歯科医療についての改定です。

1.障害者に対する歯科衛生実地指導の評価の新設

障害者は、一般の患者に比べてう蝕(むし歯)や歯周疾患等が重症化しやすいなどの特性を有することや、患者の状態により短時間で頻回な口腔衛生指導が必要となる場合があることを踏まえ、重症化予防のためのよりきめ細かな口腔衛生指導を行った場合の評価(千円)が新設されます。

2.障害者歯科医療連携加算の新設

歯科診療所において障害者に対する歯科治療が困難な場合は、障害者歯科医療に係る体制を整備し、より専門性の高い歯科診療を行っている病院歯科、口腔保健センター、障害者歯科医療センター等へ円滑に引き継ぐことが重要です。

専門性の高い医療機関が歯科診療所からの文書による紹介により患者を受入れ、歯科医療を提供した場合、初診料に障害者歯科医療連携加算千円(初診時1回)が新設されます。

3.在宅及び障害者歯科医療に係る連携促進

地域において在宅及び障害者歯科医療を担う歯科診療所等と病院歯科やいわゆる口腔保健センター等の診療部門、医科の医療機関、ケアマネジャー等との連携促進を図る観点から、これらの医療機関等に対して患者情報を提供し紹介した場合、診療情報提供料2500円に千円が加算されます。

4.在宅及び障害者歯科医療の後方支援病院の機能強化

地域における在宅及び障害者歯科医療を後方支援する病院歯科の機能をより適切に評価する観点から、在宅及び障害者歯科医療を実施している歯科診療所からの求めに応じて当該医療を行っている患者を受け入れた場合の歯科の外来及び入院医療が引き上げられます。

地域歯科診療支援病院歯科初診料2700円については施設基準が緩和されます。

地域歯科診療支援病院歯科再診料は570円が690円に引き上げられます。

地域歯科診療支援病院入院加算(入院初日3千円)の対象患者が拡大されます。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

« 滝沢馬琴の住居跡  さくらさんのレポートより | トップページ | 八女灯篭人形の祖・松延貫嵐と久留米藩主有馬頼徸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 滝沢馬琴の住居跡  さくらさんのレポートより | トップページ | 八女灯篭人形の祖・松延貫嵐と久留米藩主有馬頼徸 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31