無料ブログはココログ

« 花のひらと手のひら | トップページ | 『掌の花びら』   生方たつゑ »

2010年2月10日 (水)

政権交代と医療(90)  乙四郎元厚生官僚語録

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2010 年 2 月 10 日 政権交代と医療(90)

中央社会保険医療協議会での次期診療報酬改定についての審議が大詰めです。

4月1日に改定を実施するためには、できるだけ早く改定案を答申しなければ準備期間が確保できません。

焦点の病院と診療所の再診料統一については、診療所を下げ病院を上げ、660円ぐらいでの統一を主張する支払側委員と、診療所の再診料を710円から引き下げることに反対の姿勢を崩さない診療側委員の折り合いが付かず、公益側委員の裁定に持ち込まれました。

今日(10日)の総会で公益側が案を出します。

50円とはいえ、再診患者が日々60人、年間延べ2万人が訪れている診療所では100万円の減収となります。

在宅医療の主力は診療所ですが、減収で往診の余力が削がれないことを願います。

有床診療所については、急性期病院の一般病床、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、自宅などからの転院(入院)患者を受け入れた場合の「有床診療所一般病床初期加算」が新設され、有床診療所の機能が評価されることになりました。

病院の療養病棟についても、同様に、急性期病院の一般病床、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、自宅などからの転院(入院)患者を受け入れた場合の「救急・在宅等支援療養病床初期加算」が新設されます。

多忙な大病院ばかりに財源が投入されそうだった当初の勢いが、後方支援病床の充実のためにも配分されることとなったことは、医療崩壊回避の一手として評価できます。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

▽かささぎの独り言、かなり本音。

30年前はどちらの再診料も500円でした。
30年で、物価はどうかわったでしょうか。

そのころつけていた家計簿があります。
探しましたが、捨てていました。とほ~

で、ネットで拾ってきました。

  1980年の物価              2010年の物価
大卒初任給 116,127円          しらない。
ラーメン       330円       450円~600円
はがき         40円        50円 
新聞       2,600円      3,190円~
国鉄初乗り     110円      しらない。140円? 
パーマ      5,352円      8000円くらいです

コーヒー       280円      400円くらいです。
映画       1,400円      1,900円


 コピペ引用元:http://www.joshibidosokai.net/history/his08_1980.html

(「同窓会の歴史」さん、ありがとさんにござんす。)

このピックアップした項目と順番が泣かせます。
ことしの物価、かささぎ価格ですが参考までに。
ラーメンはくるめや八女など、筑後価格です。
博多価格だとこれより100円は高いです。

ところで。
診療所の再診料、さがるのはぜったいに腑に落ちんだろう。
どうやって下がらせないかがもんだいだとおもわれる。
おもえばあの町村会長さんとか、えらかったですねえ。
偉いじゃなく、豪い。
三年かかりくらいの遠大な計画だったわけです。
さすが長老には先の先まで見通せる力があったなと思いますね。
金銭の授受をのぞいて。

« 花のひらと手のひら | トップページ | 『掌の花びら』   生方たつゑ »

コメント

四十数年前、中学1年の今日、2月11日。
祭日でしたが寮生活の初日でした。
昨日は、福島中学校のクラスメィトへ転校あいさつ。
片思いの恋人に、さよならの一言もいえなかった。
明日からは、真和中学校の新しいクラスメィトとの日々。

ちょっとちょっとそこな乙四郎さん。よくそんなに細かい日付まで記憶していますね。
なーにが片思いの恋人だよっまったく。よくかくよねー。このこのこの。ごっそさーん。
ところで、三十年ちかくまえ。
きたのうみの退職金が五千万円だった。
たかのはなは?一億五千万円。だったかな。
さてもんだいじのあのかわいらしいひーるこぞうは。いくらでしょうかっ。

1億2000万円!

ほんと?やすくない?
朝商流は観客動員に貢献なさっていたんじゃないでしょうか。それでは訴訟の賠償金にも足りないよ。
暮れにk-1にでるのかも!

これに功労金というのがプラスされ、引退きょうこう相撲?で又いくらか上積みされるって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代と医療(90)  乙四郎元厚生官僚語録:

« 花のひらと手のひら | トップページ | 『掌の花びら』   生方たつゑ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31