無料ブログはココログ

« さざんかの散り方  久留米図書館にて | トップページ | マラソンマン神津ろいりさん近況 »

2010年2月 3日 (水)

政権交代と医療(88) 乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 2 月 3 日 水曜日

厚生労働省ホームページに「平成22年度診療報酬改定の改定率について」と題した新着情報がありました。

「先日、一部報道において、平成22年度診療報酬の改定率に関して、後発医薬品の置き換え効果の精算分約600億円が、改定率の計算に盛り込まれていないことから、実質ゼロ改定である旨の報道がありました。」とあります。

一部報道とは、次の内容です。

・診療報酬の2010年度改定について、改定率は0・19%で「10年ぶりのプラス改定」だとしている。

・しかし、表に出ていない薬価の引き下げがあり、実際の改定率は0・027%と、実質ゼロ改定だったことが分かった。

・薬価部分では、表向きの削減額とは別に、「別途、後発品の置き換え効果の精算を行う」とされ、600億円が削減されている。

・この600億円は本体部分の引き上げ財源に回されず、診療報酬以外の予算にあてられている。

この報道に対する厚生労働省の反論は次の通りです。

「厚生労働省としては、従来から後発医薬品の使用促進、すなわち、「先発品から後発品への置き換え」による財源は、本来的に医療機関の収入とみなされるべきものの減少につながる訳ではないことから、一貫して、診療報酬改定の財源とはしてこなかったところです。

今般の後発医薬品の置き換え効果の精算分600億円についても、後発医薬品の使用促進が進んでいない現状を是正するために実施するものであり、後発品の使用促進と同様、診療報酬の改定財源とはしていないところであります。」

600億円の削減額をどう計上するか、の問題ですが、従来からの慣習とはいえ、医療費の削減分の一部が医療費の財源としてカウントされていないのは事実のようです。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

▼かささぎの独り言

これも業界の人でなければ、意味がよくわからない話です。
厚労省は診療報酬、十年ぶりのアップだと胸をはったけど、よくみたら、薬問屋からはゾロという名でよばれている後発薬の薬価ひきさげがあったぶんの差額600おくえんは「削減」されたわけになる。なのにその600億は診療報酬の引き上げ財源には回されず、別のところで使われるらしく、帳簿にあがっていない。なので、引き上げはなかったとおなじだ。というものですが、これを書いているかささぎにも今一わっかんねっすよ!!
ただ。
わかるのはね。診療報酬という大きな
財布の中にはたくさんの小さなへやがあって、入ってきたおかねをどの部屋に入れるかってところで、へやの番人がこっちだ、いんやこっちばい、なんばいいよっとねアンタこっちくさ。と言うて綱の引き合いをして争っているイメージがふつふつとわいてくることです。

それともう一つ、わたしたち税金や保険料を払っているものにとっては、支払い方を全面おまかせしているお役人さんたちがどんどん財布を細分化してゆくと、あああれは別途、それも別途と、しまいにはわけわからんごとなってゆく、へたすると誤魔化されているんじゃないか隠しポケットがいっぱいあるのではと、それを危惧します。なかには巧妙に二重三重になっていたりするのもあるのではなかろうか。と昨日、ふっと思った。せいかつほごひとかぼしかていおおっとひとりおやだとかの福祉のはなしですけど。普段であう保護をうけている人たちをみてしっているので。じぶんとくらべてしまうよ。あんたら、旅行ばっかりしてんじゃん、どこがまずしんだ、かねかえせ。ってね、そんなふうに。えげつないが、つらい時期であるので、このおもいはしぜんにわいてくる、ゆるされよ。選挙ってのがちっせえ利益誘導をうたって当選するって仕組みである限り、これはなくならない。

ほんなこて、どこの世界もおんなじばいねえ。

嗚呼、にんげんち、ほんなこてみにくかあさましか。

« さざんかの散り方  久留米図書館にて | トップページ | マラソンマン神津ろいりさん近況 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代と医療(88) 乙四郎元官僚語録:

« さざんかの散り方  久留米図書館にて | トップページ | マラソンマン神津ろいりさん近況 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29