無料ブログはココログ

« 梅と菜の花 | トップページ | 黄泉比良坂六首 »

2010年2月 9日 (火)

海外滞在経験者の献血その2           乙四郎元厚生官僚語録

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2010 年 2 月 9 日 海外滞在経験者の献血

献血制限は1980年から1996年の間の英国滞在歴だけではありません。

(1) 英国に昭和55年(1980年)から平成8年(1996年)までに通算1か月(31日)以上の滞在歴のある方。

(2) 英国に平成9年(1997年)から平成16年(2004年)までに通算6か月以上の滞在(居住)歴のある方。(通算6か月の計算には(1)(3)(4)の滞在(居住)歴も含みます。)

(3) アイルランド、イタリア、オランダ、サウジアラビア、スペイン、ドイツ、フランス、ベルギー、ポルトガルに、昭和55年(1980年)から平成16年(2004年)までに通算6か月以上の滞在(居住)歴のある方。(通算6か月の計算には(1)(2)(4)の滞在(居住)歴も含みます。)

(4) スイスに、昭和55年(1980年)から今日までに通算6か月以上の滞在(居住)歴がある方。(通算6か月の計算には(1)(2)(3)の滞在(居住)歴も含みます。)

(5) オーストリア、ギリシャ、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ルクセンブルグに、昭和55年(1980年)から平成16年(2004年)までに通算5年以上の滞在(居住)歴のある方。(通算5年の計算には(1)(2)(3)(4)(6)の滞在(居住)歴も含みます。)

(6) アイスランド、アルバニア、アンドラ、クロアチア、サンマリノ、スロバキア、スロベニア、セルビア、チェコ、バチカン、ハンガリー、ブルガリア、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア、マルタ、モナコ、モンテネグロ、ノルウェー、リヒテンシュタイン、ルーマニアに昭和55年(1980年)から今日までに通算5年以上の滞在(居住)歴がある方。(通算5年の計算には(1)(2)(3)(4)(5)の滞在(居住)歴も含みます。)

○どこの国からであれ、帰国日(入国日)当日から4週間以内の方

○マラリア流行地を旅行したことのある方(帰国後1年間)

○マラリア流行地に居住したことがある方(帰国後3年間)

私自身は、海外に通算3年近い滞在経験がありますが、上述の国々の中ではサウジアラビアが最長で1週間程度です。

サウジアラビアは今回の改正時に追加されました。

なお、「海外で医療行為、研究などで患者等と接する機会があったり、野外調査研究に従事する機会があった場合にも献血をご遠慮いただく場合があります」というルールがありますので、開発途上国援助に携わった経験がある人は、献血制限される可能性があります。

血液を通じた感染リスクのある病気は途上国に数多くあります。

インフルエンザも血液を通じた感染リスクがあります

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

« 梅と菜の花 | トップページ | 黄泉比良坂六首 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 梅と菜の花 | トップページ | 黄泉比良坂六首 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29