無料ブログはココログ

« 古賀の達也さんのお話から「九州古代王朝」筑紫から筑後への遷宮のくだり | トップページ | 友のきものスタイルと下駄 »

2010年2月22日 (月)

平成22年度診療報酬改定(10) 医療従事者の負担軽減のために今回なされること

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2010 年 2 月 22 日 平成22年度診療報酬改定(10)

医療崩壊を回避するため救急医療等の再建に関する医療の採算性が大きく向上した診療報酬改定ですが、経営者の感覚では、採算性が向上した部門の勤務医には従来以上の労働を要求しがちです。

勤務医の負担軽減策を同時に実施しなければ、改定によってかえって勤務医の疲弊が加速し、医療崩壊に歯止めがきかなくなってしまいます。

重点課題2は医療従事者の負担軽減のための項目です。

重点課題1よりも本質的重要度が高い事項だと考えますが、本当に負担軽減策になっているかを検証する必要があります。

重点課題2-1(勤務医負担軽減/急性期入院医療の評価)については、一般病棟入院基本料に、人的資源を集中的に投入し充実した急性期の入院医療を提供している医療機関について、早期の入院医療が評価され加算されます。

具体的には、

1.一般病棟入院基本料の14日以内の期間の加算が、1日につき4280円から4500円に引き上げられます。

2.7対1及び10対1入院基本料において、月平均夜勤時間72時間以内の要件のみを満たせない場合は、特別入院基本料として、該当入院基本料の80%を3か月を限度として算定できるようになります。

3.準7対1入院基本料は廃止されます。

4.一般病棟入院基本料のうち15対1入院基本料は、1日につき9540円から9340円に引き下げられます。

5.後期高齢者特定入院基本料については、名称から「後期高齢者」を削除するとともに、75歳以上に限定していた対象年齢の要件が廃止され、病棟に90日を超えて入院する患者が広く対象となります。

看護職員が確保困難な病院、長期在院患者が多い病院にとっては厳しい改定となっています。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

▽かささぎの独り言

素人ながら、ふたつ、気になります。

1まずは、「引き下げられます」、という項目。

一般病棟入院基本料のうち15対1入院基本料は、1日につき9540円から9340円に引き下げられます。

200円も引き下げる。これはおおごと。

2つぎに

7対1及び10対1入院基本料において、月平均夜勤時間72時間以内の要件のみを満たせない場合は、特別入院基本料として、該当入院基本料の80%を3か月を限度として算定できるようになります。

結果どういう混乱を惹き起こしどんな着地をするか。
「ふたを開けてみなければわからないんだ!」ということだけはわずかの間で学習しました*。これまでの様々な改革による混乱を見てきた人たちの分析の結果行われる改定だろうから、よくなってもらわねばなりますまい。

かささぎあたまではわからないことです。だけど、これまでと違って、見る目が少しひらかれたので、注目していたいと思います。

これまで学習したこととは。・・http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-ef0b.html(ここのさいごにある乙四郎コメントと黒岩祐治コラムhttp://island.opinet.jp/kuroiwa/column/nurse37.html参考)

(もう一件つけたいコラムがあります。んが、どこへ行ったかちょっと不明で、たしか那珂病院?とかいう名前の病院の看護士か事務局長かの書かれた度重なる改定に混乱を極める現場を活写した内容のでした。妙に感動した。数年前のでしたが。)→いま、みっけ!これです。

http://www.urban.ne.jp/home/haruki3/7houkoku1.html(那珂中央病院でした。)

▼きのうのコメントより

いろんな分野にさまざまな専門用語があって、それを知ることって理解を深めるためにとても役立つなあと思う。

それにしても、病名の複雑怪奇であることよ。

一句。
病窟をのぞけば昏き春の底 セイコ

やっと、つけたかったブログ記事(診療報酬改定で混乱する現場の)を見つけ出し、中にいれこみましたが、それをきちんとよんで、あらためて今の日本の医療がどんなにすごいことになっているのかを思い知りましたよ。

きのうの学長記事本文のなかでも出てきたことですが、○○協会があまりにも多すぎて、覚え切れません!療養病床協会、日本慢性期医療協会、ってぐあいに、○○協会がなんとたくさんたくさんあることか。あたまがくらくらしてきます。

そのぶん、各団体の利益誘導とか労働条件を改善するための政治的な力となっていくのだろうな。集団のちからで。
ふと、鮫島康子の連句での付句、

「集まれば光の渦になる君ら」を連想しました。

というのも、「集まれば力の渦になる君ら」が元句だったから。
ちからのうず・・・ゆえなくコワイ。

« 古賀の達也さんのお話から「九州古代王朝」筑紫から筑後への遷宮のくだり | トップページ | 友のきものスタイルと下駄 »

コメント

200円の引き下げ。
200床だと1日あたり4万円、年間にして1460万円の引き下げです。
3人くらいリストラされるかも

>200床だと1日あたり4万円、年間にして1460万円の引き下げです。

ひじょうにわかりやすい。
そうか、そういう計算になるのね。

正看より準看をという短絡的な風潮が懸念されませんか?

医療従事者報酬

ここ、検索約52万2千件中3位。
んが、検索用語に忠実なブログは4位のここです。↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 古賀の達也さんのお話から「九州古代王朝」筑紫から筑後への遷宮のくだり | トップページ | 友のきものスタイルと下駄 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29