無料ブログはココログ

« 新型インフルエンザワクチンについて 1       乙四郎元厚生官僚語録 | トップページ | 芭蕉の幻住庵記に登場する御井寺ー筑紫と筑後と筑波談義 »

2010年2月12日 (金)

新型インフルエンザワクチン(2)           接種上の留意点     

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2010 年 2 月 12 日 新型インフルエンザワクチン(2)

安全上、気になることが詳しくQ&Aに掲載されています。

Q 輸入ワクチンと国内産ワクチンは何が異なるのですか?

A 海外で製造されたワクチンについては、以下の点などで国内産ワクチンとは異なっています。

国内での使用経験・実績(臨床試験を除く)がなかったこと

国内では使用経験のないアジュバント(免疫補助剤)が使用されていること

国内では使用経験のない細胞を用いた細胞培養による製造法(細胞培養)が用いられているものがあること(ノバルティス社製ワクチン)

投与経路が筋肉内(国内産は皮下)であること

製品によって、用法・用量が異なること

妊婦には接種しないことが望ましいこと

他のワクチンとは同時に接種しないことが望ましいこと

Q 新型インフルエンザワクチンを接種しても、おなかの子どもへの影響はないのですか?授乳中でも問題はありませんか?

A ※国内産ワクチンと輸入ワクチンで異なります。

【国内産ワクチンについて】

現在までのところ、妊娠中にインフルエンザワクチンの接種を受けたことにより流産や先天異常の発生頻度が高くなったという報告はありません。

なお、新型インフルエンザワクチンの複数回接種用のバイアル製剤(小瓶に注射液が充てんされている製剤)には季節性インフルエンザ用の製剤と同様にチメロサール等の保存剤が使用されています。今回の新型インフルエンザワクチンでは、プレフィルドシリンジ製剤(あらかじめ注射器に注射液が充てんされている製剤)には保存剤の添加は行われておらず、保存剤の添加されていないワクチン接種を希望する妊婦さんは、プレフィルドシリンジ製剤が使用できることとしています。

また、授乳期間中でも、インフルエンザワクチンを接種して支障はありません。

インフルエンザワクチンには、病原性をなくしたウイルスの成分を用いており、接種後にウイルスが体内で増えることはありません。ですから、母乳を介してお子さんに影響を与えることはありません。

【輸入ワクチンについて】

輸入ワクチンは、妊娠されている方や授乳中の方には、接種しないことが望ましいとされています。

Q インフルエンザワクチンにはチメロサールという添加剤が含まれているとのことですが、安全ですか? チメロサールが入っていないものはないのですか?

A 新型インフルエンザワクチン(輸入ワクチンを含む)の複数回接種用のバイアル製剤(小瓶に注射液が充てんされている製剤)には、季節性インフルエンザ用の製剤と同様、チメロサールなどの保存剤が使用されています。

チメロサールは殺菌作用のある水銀化合物で、ワクチンには防腐剤として入れられます。

過去において、海外で、このチメロサールと発達障害との関連が指摘されました。しかし、最近の疫学研究では、その関連はないとされています。

ただし、予防的な対応が大切であるとして、各国ともワクチンから除去・減量の努力を行っています。

今回の新型インフルエンザワクチンでは、チメロサールの使われているものと使われていないものがあります。プレフィルドシリンジ製剤(あらかじめ注射器に注射液が充てんされている製剤)では使われていません。この製剤は主に産婦人科を対象として配分されていますから、こちらの製剤による接種をお望みの妊婦さんは、かかりつけ医に依頼してください。

Q 海外ワクチンの1つには、海外のウシに由来する原材料が使われていると聞きました。狂牛病(BSE)など、安全性に問題はないのですか?

A GSK社製ワクチンについては、その製造過程で、わが国の基準で使用が認められていない原産国のウシの胆汁から作られた物質を用いています。そのため、理論上完全には伝達性海綿状脳症注(TSEBSEもこの一種です)のリスクを排除することはできませんが、ヨーロッパの基準に準拠しており、また厳しい製造条件で製造していることにより、そのリスクは極めて低いと考えられます。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載記事)

※リンク記事紹介:
「『MOTTAINAI』インフルエンザワクチン」T&Jメディカル・ソリュージョンズ

ttp://blog.livedoor.jp/medicalsolutions/archives/51532398.html

▼きのうのコメント

コメント

わが家の新型インフルエンザの予防接種率は、ぬぁ~んと、75パーセントですよ。高齢者の両親と喘息もちのこの嫁。主治医から「喘息がある人は重症化する可能性が高いからうけておきなさい」のお達しをうけて申し込みました。
今年ほどきっちりマスクをつけて過ごした冬はこれまでにありません。ええ、介護する側ですゆえ、予防に努めました。笑

ああ。それで、せいこは大きなマスクをはずさなかったのですね。じぶんのためではなく、家族のためにね。えらいぞ!

我が家はゼロ。息子が季節性のインフルにかかったときもなーんもせんやった。マスクは買いました。50枚入りで¥500。いつも薬をもらっている薬局にありました。息子が数枚使ったほかは誰も使っていません。

« 新型インフルエンザワクチンについて 1       乙四郎元厚生官僚語録 | トップページ | 芭蕉の幻住庵記に登場する御井寺ー筑紫と筑後と筑波談義 »

コメント

外国から輸入のものは妊産婦にはうたない。というのはきちんとしていますね。
その理由にあげられた数々の項目のうち、

③ 国内では使用経験のない細胞を用いた細胞培養による製造法(細胞培養)が用いられているものがあること(ノバルティス社製ワクチン)

これをみて、連句的にあっとおもいました。
いつか、子のアトピー治療のところで、「九州一えらいアトピーのおいしゃさん」こと、今山修平先生が語られた話をおもいだしたからです。
自分は患者さんから皮膚をちょこっともらって、また研究して、それをもとに新しくいろんなことを学ばせてもらえる。とおっしゃっていたことをです。↓

ところで、今日、協会けんぽから電話がありました。
かささぎの家は継続健保ですが、その払込書はいつも月はじめにきて、十日までに払わねばいけないのです。給与生活者だったころは天引きだったので、なにも心配なかったのですが、いまは払い込むまで気になって気になって。笑
2月は五日になってもそれが届きませんでした。
ところが、ふと財布をみたら、払い込み書がある!あれ?いつきたんだろ。忘れてたのかなと慌ててそれで払い込みました。そしたら、一月分の払い込み書だったのです。つまり、一月はキャッシュデスペンサーの機械が別のであったため、払い込み書はそのまんまの形で手元に残り、レシートだけが出てきたのですね。
あちらさんは同じ月の支払いが二回もあるのはなぜだと聞かれる。こっちが聞きたかったよ。なぜいつまでも届かなかったのですかと。ちゃんと郵送したとおっしゃいましたが、とどきませんでした。
郵便もあてにならなくなってきたのかなあ。

ここへ検索でたどり着かれる方が何名もいらっしゃいます。「ノバルティス」で検索された方々です。
本文末にリンク記事をはりつけました。ノバルティス検索一位の記事です。乙四郎学長のは二位。
インフルエンザワクチン1の希望氏記事でも予想できたことですが、一転、だぶついている。
ナマモノ扱うのは大変なことですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新型インフルエンザワクチンについて 1       乙四郎元厚生官僚語録 | トップページ | 芭蕉の幻住庵記に登場する御井寺ー筑紫と筑後と筑波談義 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31