無料ブログはココログ

« 『黒木物語』にも出てくる、「京師に上る」の京師とは。また、筑波の名前の由来は何。 | トップページ | 平成22年度診療報酬改定(7)  救急医療 NICU周辺 »

2010年2月18日 (木)

星の塚五首  かささぎ歌あはせ

星の塚五首
 
 姫野恭子

きさらぎの爪先きゅんと軋ませて
春雪をふむ星の塚の上

かげたちの永遠のねむりの墓ならむ
星塚あはきしづり雪して

月の輪に眩(くる)めく銀の真竹たち
処女(むすめ)でありし姑に逢ふ

宿命に殉ずるものを祀るごと
星の塚祀る老嫗となる

星の塚ひとりぼつちで此処へ来よ歌のたましひさゆるまで

(31文字倉庫でたけのこみたいにとれた歌。)
はりあう、ってだいじかも。
六百番歌合の批評のところを読んでいてふとそう思う。

今日は眠れない。まだ一行も書いてない。
こどもと徹夜。ちょっと音量、しぼってほしい。

« 『黒木物語』にも出てくる、「京師に上る」の京師とは。また、筑波の名前の由来は何。 | トップページ | 平成22年度診療報酬改定(7)  救急医療 NICU周辺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星の塚五首  かささぎ歌あはせ:

« 『黒木物語』にも出てくる、「京師に上る」の京師とは。また、筑波の名前の由来は何。 | トップページ | 平成22年度診療報酬改定(7)  救急医療 NICU周辺 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29