無料ブログはココログ

« 無保険の子を救うために(共助とはなにか)          乙四郎元厚生官僚語録 | トップページ | おめでとうの桜茶に結び昆布が入っていました! »

2010年2月 7日 (日)

東妙寺家の猫 5

その1http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-2088.html
その2http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-e536.html
その3http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-1bc9.html
その4http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-5d02.html

古賀家と東妙寺家との婚儀が相整いまして、一月十六日に結納をすませたとの由。
黙っていることも大儀でしぇからしかぁ、書いちゃろね。
おめでとう!暗い世の中、明るい話題が何よりです。

かささぎは今日、らんちゃんの母上にお祝いを言いに行ってきました。
嬉しそうでありました。兄上が真っ先に賛成して下さったとのこと。
それを聞いて、かささぎはなぜか胸がいっぱいになりました。

母上は女手一つで54年間いつくしんで守り育ててみえたのだもの。
らんちゃんてさ。超のつく深窓のお嬢なんだよね。

なれそめは・・・。省略しますかね。武士のなさけじゃよ。
だけど、きめたのは、このお寺だとかささぎは信じてる。
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-66c1.html
だれがきめたのかって?神様と仏様とみんなよ、みんな!

外に四匹、家に六匹だったかな?飼い猫がいます。
それ、全員おいていくそう。古賀の音彦さんは二匹までならいいよ、つれてきても。
と言ってくださるそうですが、。
ねこって、帰り道がわからなくなって行方不明になる恐れがあるのだって。
その点がもっとも犬とは違う点。兄上も大の猫好きなんだそうでした。

« 無保険の子を救うために(共助とはなにか)          乙四郎元厚生官僚語録 | トップページ | おめでとうの桜茶に結び昆布が入っていました! »

コメント

ここはらんちゃん家ね。
なんの説明がなくてもわかる。
ネコちゃんたちの目、ひかってる。
お祝いをいってくれてるのかな。
たぶんそうだと思いたい。

お祝いのさくら茶。
おかあさんのお気持ちが伝わります。

フラッシュに目が光りました。

なんだか。なんだかなあ。
はるはさみしいなあ。
うれしいのにね。なみだがでそうになるのよ。
ねこたちのこと、ははうえのこと、あにじゃのこと。
おもえば、むねがいっぱいになり。
いかんなあ。
だけんたい、音彦、あんたはそうめんながし!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東妙寺家の猫 5:

« 無保険の子を救うために(共助とはなにか)          乙四郎元厚生官僚語録 | トップページ | おめでとうの桜茶に結び昆布が入っていました! »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31