無料ブログはココログ

« つまんない景色 | トップページ | 平成22年度診療報酬改定(15)          有床診療所入院基本料の再編成 »

2010年2月26日 (金)

英語俳句 5 双塔の都庁あをあを

双塔の都庁あをあを鳥帰る   山元志津香

      Yamamoto  Shizuka           

The  twin  towers  of  city hall

among  the  fresh green

birds  returning  north

  国際俳句交流協会
  haiku international
    ジャンポール・リチャード、絹子訳
  季刊 俳句・連句誌『八千草』53号より

双塔の都庁:
http://assam226.tea-nifty.com/mariotte/2010/02/post-803e.html

風花とゆれて晩年ふと無辺    志津香

     Yamamoto  Shizuka

Trembling   with  the  flowers
of  snowy  wind

The  infinite   of   my  later  years

crossed  to  my  mind

  (かささぎ訳)
山元志津香句集 『極太モンブラン』より一句抄出

かささぎの旗が選ぶ、この一句。
無辺、が余情深く胸に残ります。
季語は風花で晩冬になります。
拙訳ですと、喩として読まねば春にもなれるという句。
花、があるからでして。笑
(にしても、無辺、ってなに。お線香くさっ!)

« つまんない景色 | トップページ | 平成22年度診療報酬改定(15)          有床診療所入院基本料の再編成 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語俳句 5 双塔の都庁あをあを:

« つまんない景色 | トップページ | 平成22年度診療報酬改定(15)          有床診療所入院基本料の再編成 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31