無料ブログはココログ

« | トップページ | Fw:この手はだぁれ? »

2010年2月21日 (日)

平成22年度診療報酬改定(9)  救急医療 手術料の評価見直し

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2010 年 2 月 21 日 平成22年度診療報酬改定(9)

重点課題1-4(救急等の再建/手術の適正評価)についての評価です。

救急医療再建の最後の項目になります。

我が国の外科手術の成績は国際的に高い水準にあります。

しかし、他の診療科と比較して負担が増加していることもあり、外科医師数は減少傾向にあります。

我が国における手術の技術水準を確保するため、手術料について重点的な評価が行われます。

具体的には、

1.外保連試案を活用した手術料の引き上げ

外科系学会社会保険委員会連合(外保連)作成による「手術報酬に関する外保連試案第7版」を活用し、高度な専門性を要する手術がより高く評価されます。

病院勤務医の負担軽減という観点もあることから、主として病院で実施している手術が優先して評価され、手術項目数全体の半分程度の手術料が引き上げられます。

外保連試案においては、技術度・協力者数・所要時間等を勘案し、それぞれの技術に応じた費用が算出されています。

実態と照らし合わせ、30~50%増の評価となる手術も多くあります。

乳幼児加算についても、加算の対象年齢が拡大されます(3歳未満→6歳未満)。

2.先進医療技術に係る新規手術

先進医療専門家会議及び診療報酬調査専門組織の医療技術評価分科会における検討結果を踏まえ、新規手術の保険導入が行われます。

(導入された技術の例)

①腹腔鏡下肝部分切除術(肝外側区域切除術を含み、肝腫瘍に係るものに限る。)

②エキシマレーザーによる治療的角膜切除術(角膜ジストロフィー又は帯状角膜変性に係るものに限る。)

③膀胱水圧拡張術(間質性膀胱炎に係るものに限る。)

3.新規保険収載提案手術の保険導入

医療技術評価分科会における検討結果を踏まえ、新規手術について保険導入が行われます。

(導入された技術の例)

①肝門部胆管癌切除術(1血行再建あり 2血行再建なし)

②膵中央切除術

③バイパス術を併用した脳動脈瘤手術

④経皮的大動脈形成術

⑤バルーンカテーテルによる大動脈遮断

⑥副咽頭間隙腫瘍摘出術

⑦脾温存膵体尾部切除術

⑧経肛門的内視鏡下手術(直腸腫瘍)

⑨重度腹部外傷例に対するダメージコントロール手術

⑩肺動脈血栓内膜摘除術

⑪前置胎盤帝王切開術

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

▼用語解説

ガイホレン:

外保連(外科系学会社会保険委員会連合)は、わが国の外科系診療における適正な診療報酬はどのようにあるべきかを学術的に検討することを主な目的として、1967年に外科系の9つの主要学会が集まって作られた団体です。 http://www.gaihoren.jp/gaihoren/public/about/about_greet.html

うぃきぺでぃあでひきますと、2009年7月時点では9つの外科系の主要学会が87団体までふくらんでいまして、上記がいほれん会長サイトによりますと、現在では88団体となっているようです。その88軒目ははたしてどこだったんでしょうね。ふと、どうでもいいことがきになるかささぎである。いえね、88でとまってくれると末広がりでいいなとおもって。

ほかに、ナイホレン(内科系学会社会保険委員会連合)とカンホレン(看護系学会等社会保険連合)と3つあわせて、「3保連」という。

« | トップページ | Fw:この手はだぁれ? »

コメント

いろんな分野にさまざまな専門用語があって、それを知ることって理解を深めるためにとても役立つなあと思う。

それにしても、病名の複雑怪奇であることよ。

一句。
病窟をのぞけば昏き春の底 セイコ

春の底かー。くらそう。雰囲気のある句ですね。

(くらすぞきさん。っての、しってる?)

いま、たこひろがふじやまくんといっしょに、寝てるにいちゃんのよこで、大音量で「E.T』をみて笑っています。あんまりたのしそうだから、こっちまでつられて笑ってしまいそう。


ナプキンがどこまで液を吸収するのか実験してみたくて
ナプキンの上からマンクリ刺激して遊んでたんだが、、、、、、

2人とも潮 吹きすぎで、ナプキン全っっ然!役に立ってねぇwww
http://zy--8ls.man5.ja%73davi%73.com/

実験の結果、ナプキンの無駄遣いという結論になりますたw

弐百年このかたせぬとすくねいひ
    『川柳末摘花』より
解説:
武内すくねは超長寿で、280歳~307歳~312歳まで生きたそうです。景行十四年に生まれ、死んだのは仁徳五十一年?

七つ口男をおいしそうに見る
    同上
解説:
大奥にある御殿女中の出入り口を七つ口という。七つ時から七つ時までそこをひらいたため。
芳町の客は未(ひつじ)の下刻立ち
御殿もの申に追はれて急ぐなり
七つ口間に合はぬ夜の面白さ
鈴生りになつて書出す御錠口
七つ口これもこれもとくくりつけ
七つ口男の顔へ錠が下り

いつか呂入り先生が六つ門で書いてくださったことがありました。六つになると門がしまった、と。
ここは江戸城の大奥、七つだそうです。
で、このなかの芳町ですが、きっと吉原ですよね。
字は自由にかえています。
ということは、昔の漢詩などでも、そういうことがひんぱんにおこなわれていたんでしょうね。

ということから、類推します。

神迹芳を流す橋上の名 

しんじゅつほうをながすきょうじょうのみょう。
かみのあとに法(仏法)を流す教条の名。ってことではないんだろうかなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« | トップページ | Fw:この手はだぁれ? »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31