無料ブログはココログ

« 歌仙『ちゃっきり節』 | トップページ | 医療と統計学  医療従事者の動向(4)      増加している医療の職種 »

2010年1月17日 (日)

医療と統計学 医療従事者の動向(3)      保健師、助産師

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 1 月 17 日 日曜日 

看護師の国家資格に上乗せの国家資格職種の医療機関勤務の動向です。

  (総      数) 

   H11   H20   増数  増率  
   
保健師  0.8    0.9    0.1   13%   
   
助産師  2.1   2.3    0.2   11%   
      (単位:万人)

      (病   院)     (一般診療所)

                H11      H20    増率    H11    H20    増率
    保健師  0.2    0.4    113%   0.6    0.5    -17%
    助産師  1.7    1.8       5%     0.4    0.5      37%

     (単位:万人)

保健師は保健所や市町村保健担当部局、助産師は助産所という、病院・診療所以外での活路があるのですが、医療機関での採用も増えています。

保健師は地域連携に能力を発揮する職種です。

地域連携クリティカルパスなど、病院医療を地域資源と連携させる動きがうねりとなりつつあります。

保健師の活動の場として、まだまだ病院は一般的ではありませんが、着実に増えてゆく職種だろうと思えます。

助産師は、産科医師不足をカバーする職種として注目されてきています。

正常分娩は、医師が立ち会わなくても、助産師が主体的に行うことができます。

「院内助産所」を設ける病院も増えてきています。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

看護師の上乗せ資格:保健師と助産師

保健師public health nurse=地域看護の専門家のできあがるまで

1高校の看護課三年→看護専門学校二年→保健士高校一年→国家試験→保健士

2看護専門学校or看護短大で三年→保健士学校で一年→国家試験→保健士

3高校卒業→看護大学四年→国家試験→保健士

助産師midwifeのできあがるまで

1高校卒業→看護大学(4年)→助産師国家試験受験→助産師


2高校卒業→看護系専門学校or看護系短期大学(共に3年)→助産師養成学校(1年)→助産師国家試験受験→助産師

« 歌仙『ちゃっきり節』 | トップページ | 医療と統計学  医療従事者の動向(4)      増加している医療の職種 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 歌仙『ちゃっきり節』 | トップページ | 医療と統計学  医療従事者の動向(4)      増加している医療の職種 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29