無料ブログはココログ

« まっすぐな道 | トップページ | 医療と統計学 予防か治療か(4)       乙四郎元官僚語録 »

2010年1月 4日 (月)

医療と統計学  予防か治療か(3)      乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 1 月 4 日 月曜日

死因の第二位、心疾患については、死亡数は24%増(平成12年比)と激増ですが、年齢調整死亡率は男10%減、女14%減で、各年齢階層ごとの死亡率は大きく減っているようです。

患者調査では心疾患の人口10万対受療率は次の通りです。

    平成11年 平成20年 両年比

 入院   50    46   92%

 外来  130   102   78%

心疾患の入院受療率の低下は、新生物の入院受療率の低下と同程度です。

死亡数の激増に匹敵する入院需要の増加があってしかるべきところですが、逆に入院受療率が低下しているのは、新生物と同様、入院期間の短縮化が進んでいるためでしょう。

新生物の場合は入院受療率の低下以上に外来受療率が向上していましたので、(早期発見効果による)外来管理へのシフトを理由として挙げることができましたが、心疾患の場合は外来受療率が入院受療率以上に低下しています。

高血圧管理が功を奏して、高血圧症が心疾患にまで進行するのを喰い止めているのかもしれません。

高血圧性疾患の外来受療率は平成11年が514で平成20年が471、両年比は92%で心疾患ほどは低下していません。

健診の受診率が向上して高血圧症の発見が増えるにつれ、外来受療率が向上してもしかるべきですが、そうはなっていません。

健診でせっかく高血圧症が発見されても受診に結びついていないのか、高血圧症そのものが減少しているかでしょう。

喫煙や食習慣は循環器系疾患に(より短期間に)直接的な影響を与えますので、喫煙率の低下や食習慣の変化(減塩化など)が高血圧症の発病を予防しているのかもしれません。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

▼かささぎのひとりごと

心臓病についてはわかりませんが、高血圧ならすぐに思いつく理由。
それは漬物類を以前ほど食べなくなったからではないでしょうか。
食生活の減塩化は、やはり大きいと思います。意識して食べます。
たとえば、私事で恐縮ですが(いつもそればかり)我が家の母方は血圧が高いので、ずいぶん前から薄味にならしていきました。

父、長男、次男、なにも言わずに食べますが、母だけは薄いといって、あとで醤油を足します。それでも昔に比べたら、お漬物が減りました。あれは塩のかたまりみたいだ。
そういえば、以前の職場の近くに漬物工場があったのですが、つぶれてしまいましたよ。今の若者は漬物をたべないからだそうです。うちの夫、子三人、そういえば、たべません。かろうじて長男だけが少し食べれる。食事、娘は女の子ですからあたまで食べますが、男の子はどうも好みの味でたべる傾向があります。

« まっすぐな道 | トップページ | 医療と統計学 予防か治療か(4)       乙四郎元官僚語録 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« まっすぐな道 | トップページ | 医療と統計学 予防か治療か(4)       乙四郎元官僚語録 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29